プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
菖蒲谷耐久レース。
Category: MTB。  
前日の練習からタイヤチョイス、空気圧はワタシの乗り方でベストと言えるようにしたんで
あまり不安はないが
やはり、チューブドなので重さは感じる。
不安は金曜からどっさり振ってくれた雨だ。

朝早くに家出。

道中、通勤ラッシュと言うほどでもないけど
交通量は多い。
そんなことより、雨降ってるやん!
まー今さら降ったところで路面状況はあんまり変わらんだろうけど
嫌なものだわ。

龍野インター降りてすぐに吉野家があるんで
朝ごはんはしっかりと摂っておく。

P4010009.jpg
到着して準備もチャチャッとすまし試走へ。
コースは今までとガラッと変わり雨でしっとりしているので
根っこが滑るっ!いきなりズッコケた。
周回がよくわからず、一周目はショートカットしてしまい
なんか短くない?って思っていた。
二周目、回っていたら池の方から走ってこられる速い人がいてて
ちょうど立ち止まってくれたんで
コースを聞くと、気持ちのいい受け答えで教えていただいた。

コース全体の印象は去年より登るイメージはあんまりない。
けっこうなスピードコースに感じ、登りでのパッシングはかなりしやすい印象。
これでなんでJ2なのかわからんわ。
J1のレベルコースだぜ。

試走も終わっていよいよスタートだが
なんというグダグダ感・・・
スタート時間はおしていて10時15分から~・・・とアナウンスがあったが
誰も並ぼうとしないし、そもそもスタート位置にすら移動しない。
結局、20分辺りでスタートはしたがXCのような爆裂スタートではなく
行儀よくシングルに入る。
ワタシは1時間耐久のクラスなので誰が同じクラスなのかゼッケン確認しやんとわからんので
前におる人を抜けばいいかと自分なりに一所懸命攻める。
路面が粘土質のところがあり、どうしても乗って登れん。
川を渡るところ手前の岩で以前、怖いコケ方したんでトラウマになってて
足つき・・・
一周目はしどろもどろだったが
二周目は粘土質のところはどうしようもないが
岩のところは微妙なクリアー。
三周目も粘土質のところはワタシでは不可能な登りなのでサッサと降りてアンヨで走る(歩く)
岩のところはしっかりクリアーできて、みんなはスピードにのるラインだが
ワタシはそのラインでは入れないので違うアプローチから冬場にやっていた
フロントリフト、リアリフトの効果がでてなんとかクリアーできたのが
嬉しい。
三周で終わりやと思っていたが
なんと58分で通過したもんやから、もう一周。
XCエリートと似たような走行時間になってしまい
フラフラ。集中も切れて
なんでもない所で、ボカンとこけてしまう。
けっこう痛いぜ。

ゴールするが着順はサッパリ。
このとき、暫定だったが一位と聞かされるも
確定ではないのであんまり喜ばなかった。

表彰まではかなり時間かかるんで
舞洲に観戦行きたくて仕方なかったんで
サッサと帰り支度して、係の人に伝えて菖蒲谷を後に。

帰りの山陽自動車道が姫路で事故渋滞。
高速下りて姫路バイパス走るもこっちも渋滞。
結局、姫路辺りで一時間も拘束されてしまい
舞洲観戦が危うくなるも
なんとか知り合いの発走時刻には間に合った。

こそこそ写真撮るつもりだったが
いきなりバレてしまい・・・というか、こっちから声かけたけどね。
十分、写真も撮り
ゆっくりしゃべって、夕暮れ近くに帰宅。
洗車して来週は頑張ろうなーと、トレックに。

Olympus STYLUS TG-4

正式リザルトがでました。
一位でゴールできてました!
嬉しいぜ!
毎年、強い人、数人は出ているんだが
今年は出てなかったようだが
この勝ちは嬉しいぜ!
参加人数がめちゃくちゃ少なかったが一人だけってことはない。
なにより、あの路面でけっこう乗車率が高かったのが
自分なり頑張れたかなと、ニンマリする。
当然だが、実力上位の方たちはフル乗車なのだろうな。

さて、来週はCJ開幕戦。
着順はともかく、毎年ながら足きり無しで完走するのが最低限の目標。



空気圧。
Category: MTB。  
金曜。仕事は休み。
天気は午後からガッツリ雨予報なので朝早くに車でバヒュン。
いつものところにいつものように駐車するつもりだったが
まさかのチェーンが張られていて停めれん!
そっから駐車場難民になって結構時間食っちまってしまうが
なんとか支度してトレイルin。

いつもの周回ではなく
ここ最近よく行くS周回に向かう。
P3310002.jpg
ここからスタート。
レースがヌタ泥を予想しているのでMADタイヤをチューブドで使用するんで
空気圧をいろいろ試したかったんでS周回はもってこいの場所なのだよ。

まずはいつもの1.75からはじめて一周まわってみたが
シュワルベはサイドが硬いのかこの空気圧でも硬く感じるので
1.65まで落としてみる。
やはりここまで落とすとやわこ過ぎて走りが重い。
だが、リム打ちするような感じはないのはシュワルベだからか?
1.7まで上げてみて走ってみるといい感じでしっくりくる。
右回り、左回りと走ってみるが
やはり1.7が一番いい。

P3310008.jpg
タイヤはロケットロン。
チューブレスレディで使いたかったがしかたない。

P3310007.jpg
携帯工具やらなんやらをリュックのポケットでは使い勝手が悪かったんで
ひとまとめにしてみた。
やはりこういう方が使い勝手はいいな。

いろいろやってみて走ってみて
自分なりに納得いったんで雨が降り出す前に帰路へ。
案の定、帰ってる間に降り出した。
やれやれ、土曜のレースは泥レースかよ。

Olympus STYLUS TG-4



チェーンのロス。
Category: MTB。  
木曜日の午後。
棚卸で仕事がストップしたんで、やることなくなり半ドンであがる。
以前からわかっていたチェーンの汚れやらなんやらでの駆動損失。
何かの記事だか、トヨカツが言っていたかは覚えとらんが
もうCJも始まるし、今年もしっかり頑張ろうと洗車をする。
トヨカツ講師の洗車講座でやってたことをワタシもやってみる。

P3300014.jpg
さて始めますか。

P3300016.jpg
ずらっと並んだワコーズ。

P3300015.jpg
チェーンはホンマ、こんな色しててんなと
どんだけ汚れててん・・・
スプロケも、クランクもフレームも洗った。
だが、Fフォークにワコーズのマルチクリーナーをぶっかけるのは流石に怖かったんで
水洗いだけ。

土曜に菖蒲谷での耐久レースがあるんだが
前日にどっさり雨が降るようなのでMADタイヤ、シュワルベのロケットロンに交換。
以前、パンクしてタイヤ裏からパッチ張り、シーラントを使っても塞ぎきれなかったんで
ずっと使ってなく、ほぼサラのままだったんだが
コースが泥ヌタが予想にたやすいので
チューブドでもええかとチューブほりこみ換装。
チューブドは空気圧はどれぐらいまで落とせるんやろうか?
わからん・・・
金曜は午後から雨予報なので午前中にいろいろ試してみよう。

それにしてもキレイになった。
次はロードも洗おう。このロードこそ何年洗ってないんやろうか・・・
世界一汚いTIMEと言われ続けて数年・・・

Olympus STYLUS TG-4


六甲。
Category: 自転車。  
二日連続でロード。
集合場所に行ってみる。
P3260008_20170401045916228.jpg
寒いから?
あんまり集まってるようには見えんな。
だんだん、すたれていくんやろうかね?
雰囲気だけだが、みんな舞洲っていう感じがしていたが
六甲行こうぜーってことになったんで
ココロの中は
”おっ山に行くのね~行くでー・・・ って六甲?”
正直、一時期よく行ってた頃はあったが
あの山、負荷が高いんよね・・・
ようは斜度がキツイ。
しかも長い。
練習になっているような気が正直しない。
六甲で練習になるのはヒルクライムでTOP連中だけだろうというワタシの持論。
そんな事を思っていたんで
ほぼ行ってなかった。
何年ぶり?と思っていたが一年前に同じこと書いてたような気もする。
伊吹山対策練とかいうて、六甲でフラフラになっていたのを思いだした。

さて、スタート。
道中も上がりまくることもない。めずらしい。
宝塚のセブンイレブンに入って、小休止してから
登り始める。
盤滝辺りから上げ始めるつもりだったんで
最初のゆるい区間はのんびりと進むが
ひどい渋滞にはまる。
なんでやっておもとったら、どういう事故だったか想像しにくい状態で車が電柱に突っ込んでいた。
なんとか交わして、進む。
盤滝まではホンマ、ゆっくりで進み
盤滝にやってきたんで少しずつ上げだしていく。
斜度に合わせて、速度を決めるんだが
ガーミンをupdateしたら、勾配がずっと0%とかで
全然、役に立たないので指標がなくなり、どうもね・・・
それでも、昔の記憶をたどって
ここ辺りはこれぐらいの速度だったな~とかで
そのあたりの速度を意識して上げて踏んでいく。

長い。
腰も痛くなっていく。
P3260009.jpg
なんとかゴールして
寒いんですぐに折り返してリピート。

P3260010.jpg
皆と合流してすぐに下るんだが
やはりここの下りは嫌だな。

下り切って、珍しく豚の餌を食いに行く。
P3260012.jpg
ワタシは焼肉ライスバーガー。
熱すぎて食いにくいわ!うまいけど。

帰りはみなさんは2国からワタシは43で帰るんで途中から分かれて
帰宅。

よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4

P3260006_20170401045913535.jpg

P3260007_201704010459138e7.jpg
赤デュラエース・・・


上げたかったんで。
Category: 自転車。  
MTB練習にするつもりだったんだが
今までの経緯から、トレイルでの練習は負荷に対して強度をサボる傾向があるんで
どうしたもんかな~と思っていたところ
彩都に集まって走ろうぜーってな情報が舞い込んだんで
シメシメと向かう。
ま、ロードに乗りたかったってのがあるんだがね。
なぜならば
P3250001.jpg
レーシングゼロ初期型を手に入れたのと
ノムちゃんとこで点検してもらったんで
乗りたかってん。

いやぁ~こんな硬かったっけ?
それにしても、重いな…これは車輪が重いとかではなく
走行が重い。タイヤ?
ってなことを感じながら彩都に大幅に早く着きすぎてしまった。

皆が集まってきてタイヤのこと聞いたら
このタイヤは重量も重いそうで、パンクがしないとか言ううたい文句らしく走りも重いわけだわ。
ま、この日はしかたないか。

清阪方面へ。
登りは上げてもかまわんだろうから
上げていく。上げまくるということではなく、負荷と強度と心拍を感じながら登りは上げていく。
亀岡に出て
P3250003.jpg
一休憩。

このあと、湯ノ花を登るんだが
久しぶりすぎてどんなやったっけ?キツかった記憶があるだけ。
登ってみるとしんどいが、長くはないので
拍子抜け。攻めるとしんどいんだろうな。

加舎の郷に向かい、ここの登りは速度を見ながら上げる。
自分比だがかなりいい速度で登っていけている。
ホンマ、例年になくイイ感じで調子が上向いてきているなと感じる。
P3250004.jpg
加舎の郷を下って、畑野のコンビニで休憩。

一庫沿いに出て
P3250005.jpg
のんびりと中橋ローソンまで。

帰りのサイロものんびりと帰路に。

よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4


練習はやはりロード練の方がフィジカルは上がってくるもんやな。
MTBでロード練もしていた頃があるが、
気持ちの問題なんだが
MTBでロードに出るとチョイチョイさぼって、MTBやねんからこんなもんやろ?みたいな感じで
強度を上げない。
ロードで出かけると、ロードやねんからおそ走ったらアカンとか思い
上げまくるんよ。
今年はロード練が多く、調子がいい。
とは言っても、レースで勝てるかっていうたら
別の話。



TOPを走る。
Category: 自分自身。  
P3190049.jpg

超える戦いをする。
ワタシには無理だな…
とは思っちゃだめだ。
超えることは容易くはないんで
挑戦します。
もうCJが始まるのだが、挑戦者です。
最下位カテゴリーだが、challengeすることが今は大事。
それに向けて練習…
してんの?俺?

P3190051.jpg
やはりMTBでもパワートレーニングなんだよなぁ・・・
確かにトレーニングの質が上がるんだろうけど
ワタシはここまでやれない。
恨めしいと言うのも羨ましいと言うことも
どっちもワタシの中にはある。

意識の高い練習をする相手というのが
ワタシの周りには居てないのも原因なんだろうが
年を取るたびに、意識は低くなっていき
周りもドンドン居なくなったり、練習に付き合ってくれていた連中もこなくなった。
それでも、少しは練習してはいるんだが
ほとんどが部屋でローラー回しているぐらいか。
ただ、今年はなぜかうまい具合にいい感じで開幕戦を迎えられそうだ。
みっちりこってり練習しているわけでもなく
自分に甘く、だらける誘惑にすぐに負けてローラーも回さずRUNもせず
グダ~っとすることの方が多くなってきた。
それがいい具合に休めているのかパフォーマンスは上がってきている。

どのカテゴリーでもTOPを走る選手と言うのは
やはり強い。
自分にも強い。
ワタシのように、こんなところで弱音を書かない。

ココロを強く。

Olympus STYLUS TG-4



いいお酒。
Category: 呑み。  
ものすげー疲れた耐久レース翌日。
何もする気が起きない。
だが、どっか行こう~ってわけで梅田に買い物へ。
チャチャッと野菜とビールを買い込み帰宅。

そうBBQするのだよ。
P3200079.jpg

P3200086.jpg
火をつけて炭に火が回るまでに
イッパイやっつける。
P3200083.jpg
偉そうな態度でビール注いでもらって
あとで偉そうやなと、チクリ。

やたらええ肉をパートナーがふるさと納税で仕入れてくれたんで
炭への油の落ち方がとんでもなく
サッサとひっくり返さんと、あっという間に黒焦げになるので
せわしない。
なので写真を撮る間なんざありゃしねー。
息つきでホイル焼き。
P3200087.jpg

P3200088.jpg
シャンパンをさらっと一本開いてしまった。

さて、
P3200115.jpg

P3200118.jpg
きれいな箱から出てきた鯖寿司。
とんでもなく美味い!これはホンマ、とんでもない美味さ!
当然、一緒にいただくのは
P3200121.jpg
ジャーン!
う・ま・す・ぎ・るっ!
なんというレベルの日本酒だ!
P3200124.jpg
以前の獺祭の時のようにあっという間には無くならず
味わいながら、呑みました。
あ、ちなみに一本開けずに残して後でチビチビやるのだよ。

最後にビールに戻る。
P3200131.jpg

P3200132.jpg
カルツォーネもホイルで焼き、アツアツで食う。

この日はお酒に合う食べ物と一緒で幸せに腹一杯になりました。

Olympus STYLUS TG-4

翌日、遊びすぎの呑み過ぎからか熱が出た。
ものスゲーツラく、仕事も途中で帰ろうかとするも
こういう日に限って次から次へと…
栄養ドリンクを飲んで体調回復をめざすも
この週はダメダメでした。



京都ゆぶねTOPEAK MTB LAND 4時間耐久 ゴール編。
Category: MTB。  
つづき。


スタートは最後尾だったんだが
そこはXCレース経験してるんで、抜けるときに抜いておき
スルスルと舗装路では上がっていくが、XCのようなガチスタートスプリントみたいなことはしない。
案の定、シングルに入った途端渋滞発生。
これは仕方がない。
レースなのに、我先にっていう人がおらず
行儀よく並んでピークまで押し歩く。
ピーク後は抜けるところでしっかり抜いておき、前へ。
まずは3周してパートナーと交代。
パートナーは2周してもらう。

IMG_2010.jpg
交代するときはやはり心配だ。
遅すぎへん?
こけたんちゃう?
とか、不安な時間がたつが交代。
ただ、思うのは交代するときに
何のロスもないのはどうかと思う。どっかのレースではチップはないけど
ライダー交代するときに、リストバンドを交代しましたって意味でコースを走っている人に渡していた。
こういうこともなく、まさかないとは思うがコース上に同じゼッケンが二人走ってるとかないか?とか疑ってしまうレース運営はどうかね?
チップまでとは言わんが、チームで走るにはロスさせることも必要だと思う。
ソロで走っている人に気の毒や。
コースもやはり難易度が高すぎるシングル登りはどうかと思う。
押し歩いてる人がほとんどだ。少し押し歩いてすぐ乗れるような所だといいが
舗装路からの登りはピークまで押しっぱなしというのは考えてほしい。
距離は一周の距離は伸びても難易度がかなり下がる最外周のほうがええのとちゃう?と、感じる。
正直、池田祐樹選手を負かせるようなコースレイアウトにしたんちやう?と疑ってしまう。
ここまで難易度上げてしまうと、だんだんエントリーが減るのとちゃうか?
ま、運営がどう思っているのか知らんけど。

DSCF0305.jpg
ときどき、応援してもらい嬉しい。
だが、最後4時間立つころにはフラフラだ。
最後、一周でも多くと言うことにならんように
登りは全押しという時間稼ぎをしたにもかかわらず
3分前に通過・・・
もう一周・・・ すでにココロはボキボキに折れているので
登りは押しっぱなし。
IMG_2033.jpg

DSCF0335.jpg
フラフラでゴール。
結果は混合チームで4位だった。
パートナーもこの苦しいコースにかかわらず
頼んだ周回数をこなしてくれた。
ほんま、体の疲れ方は相当なものだ。

写真は仲間に撮ってっもらった。


XCシーズンに入り、いい感じで走れアンヨ具合も例年にないほどいい感じだ。
次戦は菖蒲谷の耐久、その次は菖蒲谷のXC予定。
さて、ユルユルいきますか。



京都ゆぶねTOPEAK MTB LAND 4時間耐久 スタート編。
Category: MTB。  
タイトル長っ。

前日は呑みには行ったが、珍しくほどほどでしたんで
朝はスッキリ目が覚める。
レース当日は朝は結構寒く、日中は気温が上がりそうという
何を着ていったらいいか わからん。
何はともあれ、忘れ物は無いように出発。

道中も何事もなく、駐車場オープンに合わせて到着。
支度初めて、忘れ物に気がつく。
椅子忘れた… とくに無くても困らんのだが、あったら便利なんだよね。
P3190038.jpg
場所取りするのも、狭い。
大きいショップがらみとか、チームはここの耐久慣れしているようで
場所取りがうまい。
ま、しかたない。なんとか、場所は確保できたしいいか。
DSC07676.jpg

P3190039.jpg

P3190043.jpg
こんな感じで試走までは時間もある。

会場である人を探すと、すぐに見つかり
P3190045.jpg
そう!憧れていた池田祐樹選手だ。
写真をお願いすると、快く撮っていただき感謝!
けっこう、ワタシはミーハーなのよ。
XC選手だと、写真お願いしようにも
こえーのよ。雰囲気が。ピリピリしてるんが、わかるんで
頼みにくい。
だが、池田選手はいっぱい笑顔でいろんな人と交流していた。
ファンサービス?と言っていいのか、フレンドリーな性格なのだろう。

試走の時間になり、パートナーがここを走るのが初めてなので
一周だけ試走しておく。
それにしても、難易度が高いコース設定にしているんで
最初は渋滞が想像にたやすい。
ある程度の難易度は必要だろうけど、足のある人に物足らないと感じる程度が
力が足らない人には丁度良いと思うんだがね。
コースはね。

さてスタート。
4時間もあるし、パートナーと二人で交代なので
最後尾からスタート。
最前列に並んでる人以外は、渋滞になるしどこにいても一緒だろう。
4時間もあるし。
IMG_8008.jpg
XCと違って、の~んびりスタート。


つづく。

Olympus STYLUS TG-4
仲間に撮ってもらった写真。



ラーメンバトル。
Category: ラーメン。  
P3180030.jpg
MTBの練習後、梅田の広場でラーメンバトルがあるそうで
食いに行っておく。

P3180028.jpg

P3180029.jpg
今回はこの二店舗を食う。
以前、カニラーメン食ったところも出店していたが
食ったからもうええかな。
P3180031.jpg
福島の鶏白湯。
旨い。ただ、パートナーが行列に並んでいたため
食うの待っていたら、少しノビテしまったのが残念だな。
だが、うまい。

P3180036.jpg
で、待ちに待たされた
ドゥエイタリアン。
まぁ~残念感が漂う味でした。
ワタシはね。

P3180034.jpg
これやりたかったが
鶏白湯が旨くて、スープを飲み干してしまった・・・
いろいろ出店してたんだが
人が食ってるものってうまそうに見えるんよね~
北海道の味噌ラーメンが食いたかった~

梅田をブラブラして
初フルマラソン打ち上げ会をしてもらったんで
出席。
P3180037.jpg
ベラボーに美味い店ですな!
何もかもが美味すぎる!

よく遊び、よく呑みました。

Olympus STYLUS TG-4



トピーク湯舟MTB耐久前の付け焼き刃練。
Category: MTB。  
いつだっけ?
3月18日だったはず。

パートナーがあまりにも久しぶりのMTBに乗るんだが
ぶっつけの耐久レースは…
ということで、前日の付け焼き刃練にいつものトレイルへ車でブーン。

P3180005.jpg
おっ
ちょっとは様になってるか?

P3180007.jpg
エッチラオッチラ登り
やはりここの激坂っぷりはたまらんな。

いつもの周回だと難易度が高すぎるし
湯舟コースの参考にもならんので
S周回へ向かう。
P3180010.jpg
周回コースまでのシングルもなかなかのもので
道が崩れてたり、乗車不能なほどの登り下りで押しまくり。

周回コースに入って、
P3180015_201703260604464e0.jpg
登りの難所。
少し段差があるところなんだが、しっかり抜重ができてないと越えられない段差。
ここを難なくクリアーできれば言うことないんだが
一回だけでもクリアーできれば、今後もイメージできるだろう。
ってなわけで、パートナーにできるまで往復させました。
一回はできたんだが
チャレンジ心旺盛なパートナーだが、珍しくここは泣き言いうてたな。

二周だけだが頑張って周回して帰路のDH。
できるだけヌルイ下りを選択したが
最後の最後に油断したようで、こけちゃいましたね。

でも、楽しく走行できたようでヨカヨカ。

Olympus STYLUS TG-4


ロードで…。
Category: 自転車。  
MTBにしようかどうしようかと迷いまくる日曜の朝。
どうしても実家に戻る事柄があり
いろいろプランを考えるも
ただ、無駄に時間が過ぎてって結局はロードで家出。
P3120001.jpg

P3120002.jpg
集合時間より少し早いんで
名所で一杯。
目覚めろ!俺っ!

P3120003.jpg

P3120004.jpg
まぁ~グダグダ感満載の集合場所。
スタートが遅い遅い。出る雰囲気まるでなし。

とりあえず中橋ローソンまでってことでスタート。
道中のサイロに至っては閉口してしまう。
アルところで言いたいこと書いといたけど、スッキリせんわ。

P3120005.jpg
朝ごはん食ってきてないんでしっかり食っておき
どこ行くってことで
一庫(バイパスのトンネルが嫌でダム湖沿い)~暮坂峠~名月峠~野間峠~金石橋と言う感じで出発。

P3120006.jpg

P3120007.jpg
暮坂峠に入る前に一休憩。
このルートだと、コンビニはまったく寄るつもりというか、コンビニが存在しないのだよ。
暮坂~名月と進み
名月ではゆるく入って最後のひとモガキって感じで上げていく。
登頂するまでの速度域も悪くない。じゃっかん遅いかなっていうぐらい。

野間峠に向かう。
峠に入る前に小休止。さすがに膀胱満タン。
P3120014.jpg
日向があったかく、座り込むと眠くなってくるが
リスタート。
ワタシが出ていくが後続はダラリだらりと…
合わす気もなく、さっさと先行。

野間は斜度と速度と強度を考えながら登る。
ただ、斜度に合わせて速度を考えていたんだが
ガーミンのupdateしてからは、斜度計がおかしい…
ずっと0%のままだったり、表示進んでも1%とかだ。
しかたなく、今までの速度域はおぼろげだが
以前の速度と同じか速いような意識で強度を上げていく。
P3120015.jpg
登頂するまでに誰とも競ることなく消化不良。

P3120016.jpg

P3120017.jpg
信号ストップとかで後続がやってこないんで
かなり独りぼっちだった。
ま、先行したんで仕方ないか。

集まって妙見方面へ少し登り金石橋へ下る。
ちょっと、イレギュラーがありまだ登る予定だったが
摂丹を下る。

中継にしている中橋ローソンまで戻ってきて
P3120018.jpg
ようやく固形物を食う。
自分でコース設定したが、腹ペコで限界だったな。
いつもはゼリー持って走るんだが、この日は何も持っていなく
腹ペコだった。
ハンガーになることはないだろうが、飲み物だけではね。

ゆっくりと帰路に。

Olympus STYLUS TG-4

この日の内容はかなり機嫌が悪くなる事象だらけで
頭に気まくっていた。
ここでも書いてやろうかと思ったが
やはり、公共のブログでは書くことではない。
ただ、夜の呑み会で吐き出しまくって場の空気が悪くしてしまった自分は反省すべきところ。

だが…

・・・・・・・・・・・・・・
これもここで書くことではない。
あーもースッキリせんわ!


忘れ物。
Category: MTB。  
この間の土曜日。

前日にちょっと予定変更の事象があり
いつもの時間ではなく、予定していた時間に到着。
みなさん、集合時間には集まっていて
集合する意味とスタートできる状態の意味をよく理解してはる。

この日はトレイルの整備に参加するために山の駅までやってきた。
昼から整備に取り掛かるようなので午前中は走っとこうぜ!
ってことで、トレイルin。
P3110002.jpg
集合写真を撮ろうぜーってアレ?
カメラがおかしい…

はっΣ(・ω・ノ)ノ!

メモリーカードがない!
マジかよ…また忘れ物…
前回はFホイール、今回はメモリーカード…
あ~もうっ!

だが、山の駅の整備に声かけたら
仲間も快く同意してくれて、ものスゲー嬉しかった。
ただの走行会とは違って、あんまり走らずに整備するかもしれないし
ドロドロになるかもしれないのに、手伝いに来てくれる心意気はマジ嬉しいい。
ワタシも、なかなか時間が合わず参加できなかったけど
この日は皆で作業できるねー。

午前中、走行しよう。
A林道を休み休み登り、上のパンプ広場で遊んで
エライこけ方を目の当たりにして
ゾッとしたり、ワタシのリアタイヤがエア漏れで
ニッチモサッチモいかん(たぶん、シーラント切れで微妙なエア漏れしてる)
P3110003.jpg

P3110006_20170315174226b0b.jpg

P3110005_20170315174224048.jpg
NDHをサーっと下って
時間はAM11:30となり、食事しに行こうってことで
山の駅へ。

すでにカメラの内蔵メモリーは一杯になってしまい
これ以降は写真無し。

山の駅でランチを食らい
集合の12:00となって、大勢でトレイルin。

押し上げしてパンプ広場までやってきたが
新しい道ができているそうで、まずは下るということで
走り出す。

え?押し上げして下る?
あれ?整備は?

ま、下る。

ものすげーいい道だ!
楽しい!
で、せっかく登ったのにA林道でまたもパンプ広場まで行く。
いつもなら、仲間と休み休み登るんだが
予想通り、まったく休むことなく登り切る。
パンプ広場でバイクを置いて
いよいよ整備に取り掛かる。
この日のために手鋸を用意してきたんだ。
新しい道を開拓するそうで、前段階の大きい木を切ることは
マスターがバスバス切っておいてくれたんで、道となるところに小さい切り株を路面すれすれで切っておいたり
大きい石をどけたり
大きな丸太をコース脇に並べたり道らしくするのに
落ち葉だとかを切った枝で掃いて地面を出していくと
道になった!
しかも、この日は20人ぐらい集まったんでただ歩くだけでも道になるぐらいだった。
ホンマ、道になることがこれほど楽しく嬉しいものなのか!

夕暮れに近づき、トレイルout。

一日、充実した日でしたね。

Olympus STYLUS TG-4


次回来るときは、この道もしっかりした道になっているだろうな。
皆でまた走りに行こうぜ!


湯舟MTBパーク。
Category: MTB。  
やはり自宅からは微妙に遠い湯船MTBパークだ。
行きはすいてたんで163をずっと進んでいたが
こっちは遠回りなのか思っているより進んでいなく
やはりいつものT池経由で行った方が早いな。
とはいえ、あっこ狭いんよね。

時間に余裕をもって出たんだがちょっとアルことがあって
時間ギリギリになったが、間に合った。
それにしても皆さん、時間に余裕をもって到着されていた。
素晴らしい!
駐車場もたくさんの車が止まっている。
耐久前とプロによるレクチャーがパーク使用料だけで受けれるということもあり
家族連れのMTBer達が子供と親とでレクチャーを受けていた。
それにしても多いな。
ワタシも受けたかったが、走っていたいということから
早速コースin。

P3050005.jpg
耐久レースのコースを聞いてなぞってみる。

え?ホンマにこのコース?ワタシはいいがスタート後、いきなり大渋滞が予想にたやすい…
あげく、雨でも降ろうものなら
CJでもクラス上位の人らしか乗って登れんのとちゃう?
最外周のほうが一周は長いが、難易度が下がるんでそんほうがええのんとちゃう?
耐久やし…
ま、ワタシの意見なんだがね。
P3050012.jpg
斜度がキツイやや難易度の高い根っこがあるものの
エッチラオッチラ登りすぐ鉄塔にでる。
ここまでくると、後は下るだけ。
ま~それほど難易度の高いところもないが
油断すると ”ちゃんとコケる”

ほどなく一周。
短い…
初心者でも、あんまり一周が短いと満足感がないのでは?と思うんだが…
XCコースとは言わんが、やはり最外周のほうがいいと思うんだが…

P3050041.jpg

P3050013.jpg

P3050014.jpg
最外周をまわったり
ブランキーパークで遊んだりして
午前中を終える。

駐車場に戻り、昼にするんだが
駐車場までの登りが地味にキツイのよね。
P3050062.jpg
昼開始。

P3050067.jpg
ひよこもらったんで
ちゃんと頭から食っておく。

頭から食うように指示を出す。
P3050060.jpg

頭から食わなかったんで
P3050061.jpg
厳しく指導!

P3050064.jpg
楽しく昼がすぎていって
午後からの走行開始。

P3050083.jpg
ブランキーパークが楽しい!
チャレンジ坂を楽しんだりしながら
一日よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4

さて、耐久は元気に遊ぼうか!



最大心拍数。
Category: 自転車。  
木曜から金曜にかわろうとする夜中に
しっかり雨が降ったようだ。
金曜は体調はすぐれずどうしようもない。

寝た。
信じられへんぐらい寝た。
トータルで15時間は寝た。
体が休みなさいと言っているようなので
素直に睡魔に従い目を閉じ寝ていた。

土曜朝。
やはり体調はすぐれない。
MTBに行こうかと思ったが雨の影響もあるかな~
すべるやろうな~
などと
”負” の意思しかでてこない。
それに反して、上げまくって血を体に巡りまくらせた方がすっきりするんちゃうか?
っていう体育会系の心意気もある。
あげるんならロードにしよかと
ノロノロ準備する。

MTBも準備万端だったが
なんとなくね。

それにしても今年というか昨年の事故以来ロード率が多いな。

P3040001.jpg
さむっ

上げるあげへんは置いといて
集合時間には余裕持ちすぎなぐらい余裕で家出したんで
ボケっとしてたら道間違えて遠回りする羽目に。

P3040002.jpg
ま、すんなり到着するも
頭はすっきりしないし、ここに来るまでの道中で
心拍の跳ね上がり方が異様。
まったく上げてもいないのに、65~70%付近を推移する。
普段なら50%ほどの強度のはずなんだが…

集合していつものように清滝を登る。

上げていこう。
一気に跳ね上がる心拍数。200mも進んだら80%を超えてくる。
ホテル前までには90%を超えていた。
だが、速度は遅い。
頭と強度と心拍と足の具合がちぐはぐで気持ち悪い。
同期されていないと気持ちがいいものではない。
時計はとってはいないものの
速度から10分後半~11分台そこそこだろう。
いまいち。

清滝登り切って和束方面へ。

あんまり上げてはいないはずだが
心拍は余裕で70%以上を指し示している。
大正池までに一回ファミマに立ち寄り少し休憩して
大正池へ。
工事信号に引っかかってしまったが
そこにいてたメンバー外の人がこの後いい感じに…

少し緩めにはいったが
後ろからロードノイズがするのでメンバーの誰かだろうと思っていたが
違っていた。
上げていくがベッタリ張り付かれている。
信号で一緒に待っていたメンバー外の人だ。
コッチが遅いようなら前に出たら?って思うが
ま、ええかと進む。
大正池を過ぎて緩斜面に入ったところで
おもくそアタックされ
感じ悪っ! 速度差があり過ぎたのと、心拍とアンヨがいっぱいだったんで
反応できず。
だが、あの速度域ならほどなくタレルだろうと思って
少し頑張って差を詰めるように踏んでいく。
この時、心拍は106%だった。
案の定、追いついて 散々 張り付かれてたのと心拍落ち着かせるのに
ベッタリ張り付かせてもらった。
ほどなく斜度が上がるところにやってきて
速度が落ちだしたんで前へ。
もちろん、やな感じでアタックなどせず
いい感じだろうという速度で前に出て張り付かせて
最後のUターンカーブでアタックだろう?って思っていたら
案の定、おもくそアタックしてきた。
当然、こっちも準備してたんで反応してやり返して頂上まで。

久しぶりに遊んでもらった感じで満足感が半端ないな。
P3040009.jpg

メンバーも楽しみながら登ってきて
P3040019.jpg
和束ローソン到着。
しっかり休憩してリスタート。
ここでヨーグルトが食えるだとか、パンがどうとかと言っていたような気がするが

気のせいだろう。

大正池を登り返すのもな~…
で、ユルユル加茂方面へ平坦基調で帰ることに。
しかし、風が向かい風になってるな…
道がわからんので、前に出てもらった。
知ってる道に出てきて
最後の休憩して
裏清滝を上げずに登るつもりだったが
メンバーの一人が逝こうぜ!上げようぜ!
ってなオーラがバシバシ感じたんで上げる。

いや~最後に上げましたね!

ここまでくると風邪の影響でフニャフニャだった体も
すっきりしてきた。
やはり体育会系で血を回した方がいいようだな。

店までは
もう上げたらアカン指令が出されたので
ユルユルと店まで戻ってきた。

めっずらしくグルメrideにならなかったな。
練習らしい練習だった。

Olympus STYLUS TG-4

上げるときは一人が多かったが
以前のように楽しい上げ方だった。
知らん人に遊んでもらったり、メンバーとガリガリやるようなことがあったりと
楽しいrideだった。※ワタシはね。

心拍数は197をマーク。人生最大心拍数は208だが
年齢と練習からか、ここ数年の最大心拍数は187ほどだったんだが
風邪の影響と、ずっと寝たきりになっていたので
心拍の跳ね上がり方が異様だったな。
今週からはローラーも回していけそうだ。
だが、仕事がたまりまくっているだろうから
遅くに帰ってくるだろうし、回す元気があるかどうかだが
30分でもいいから回していこう。

すぐに60分拷問レースがやってくるのだから。

しかし、今年はホンマいい感じに体ができていたんだが
風邪の一撃で台無しになった感じ。
やれやれだぜ。



乗り換え。
Category: 自分自身。  
体調不良が続きます。

さすがに病院行ってきました。
ま~予想通り ”絵にかいたような風邪ですね” と言われ
症状が緩和するような薬を処方していただいた。
医者ももう少しというか、もっとひどい症状が出ないことには
血液検査やらなんやらはやらんやろうな。

”まだまだ あんたは若いから大丈夫”

というところか。
ワタシの座右の銘は

”人間50まで”

そろそろ体の不具合出てきてもおかしくないだろうし
それに長生きもしたくはない。
ま~こんなこと言うてる奴ほど
しぶとく長生きして悶えながら死ぬんだろうな。

鼻水はおさまり
次に喉がやられだし倦怠感がひどかった。
何もしていなんだが節々が痛み、筋肉痛になっていたが
今日はだいぶましになってきたけど
仕事は休んだ。

昨日、行きつけの病院へは電車で行くのだが
行き帰りのルートは違う。病院がある駅が微妙なところなんだよな~
ま、それはいいとして
帰りは梅田駅につくから
携帯の二年縛りがとけるので
以前から不便に思っていたiPhoneの防水がないというのと
ソフトバンクの異様に高額な支払いに不満たらたらだったんで
いろいろ考えてauにした。

格安携帯も考えたり
ポケットWi-Fiにして電話かけるだけの携帯持つか?とか
いろいろ支払いシュミレーションしたりと考えた結果
auのスマートフォンにした。
iPhone7の防水性能が微妙だとかの評判からiPhoneはない。

今月中には乗り換えないとまた二年縛りが始まってしまうので
できるうちにと、ヨドバシのauショップにいく。

支払い提案をいっぱいしてもらって
なんやかんやでかなり安くなった。
IMGP6504.jpg
ただ、いまの標準装備って
充電器どころか、充電用のコードすらついてこないのね。
バンパー買ったり、画面保護膜も買い
もちろん、充電用コードも一緒に買い
とんだ出費だ。
だが、月々の支払いがとんでもなく少なくなった。
だが、来月と再来月の支払いは苦しいな…

とはいえ、防水性能は国内メーカーなので安心できる。
練習に出かけても汗や突然の雨にあっても安心できる。
ただ、4Gだけでしか通信できないので
エリアがまだ狭いというところか。※練習で山のところに入るとね。

ま、なんにせよ新しい携帯を持つと設定がいちいちめんどくさい。
アプリの引継ぎに手間取ったり、
一番最初の携帯を使えるように設定するのにも契約するときに
なぜだか間違ってる暗証番号になったりと
ま~めんどくさくてよけいな手間がかかったり
iPhoneでは使えていたアプリがスマートフォンでは使えなかったりだとか
アプリとアプリが連動してくれなかったりだとか
不満はあるものの
一番欲しかった機能というか性能は防水なのでいいか。
でも、キャリア乗り換えの一番の理由は高額すぎる支払いだったんだがね。

ホンマ、ひくわ…
っていう月々の支払いでしたよ。
Wi-Fi環境が整っている所でしか使わない人らはもっと安くできたり
賢く使える人らはもっと安くで使用しているんだろうけど
ワタシはこれ以上の知恵もないし
利口な人に聞いても理解できず
めんどくさがって安心キャリアを選んだ。

今はそれなりに満足感はあるが、
また不満が出てくるのは仕方ないところだな。


PENTAX K-3Ⅱ
PENTAX DA50mm F1.8

いまさらながらLINE導入。
支払い安くするにはねめんどくさくても仕方ないか。
まさにいまさら感がありすぎ、設定がわけわからん。
慣れていくんだろうけど。

Skypeの方が使い勝手はいいんだがな。


不良。
Category: 自分自身。  
先週の金曜あたりから体調がすぐれず
今週に入ってからはずっと仕事休んでいる。
正確にはちょっと出て、昼に帰っている。

熱はないんで病院に行ってもなんとも…
所詮、薬だして終わり
といった具合だろうと、まったく行かず
家で寝たきりになっている。

が・・・・・・・

今日は出勤したがもう限界…
指示だけ出して帰ってきた。
さすがに昼から病院に行ってくる。

まいったな。

画像 038



ガレ。
Category: MTB。  
ひっさしぶりに山の駅に行こう!
ってことで、あるところで呼びかけると
数人、釣り上げました(笑)

ホンマ、いつぶりやろうか?
9月?ぐらいにアバラ折れた時以来のはずなんで…
5ヶ月ぶり??
だいぶ来てへんな~

ってなわけで、いつものように
集合時間の1時間前には現地に到着。
で、バイク降ろそうとすると…

車輪ないやんっ!

風邪気味でボケっとしている脳みそだったからか
いつもはちゃんと確認に確認するほど慎重だが
もうフラフラな頭だったからだろうな。

しかたなく、取りに帰ろうとしたところ
山の駅マスターがちょうど居てたんで、ひと声かけて帰ろうとすると

神の一声

貸してあげるデー

ありがとうございます!
まじで助かりました。

なんとか支度して、トレイルin。
すでにフラフラ。風邪おそるべし。
最初の登りはともかく、むちゃくちゃガレてるな…
軽くDHを一周するつもりだったが、車輪のことやらで時間食ってしまったんで
A林道までのアプローチを確認してトレイルout。

それにしてもガレてるな。

P2260001_20170228074750be7.jpg

時間を守る人たち。
当たり前なんだがね。
今までなら、9:00集合と言ったら、9:00に来てから準備なのでスタートが遅いんだが
この日は、集合時間前に来てくれたんで
9:00スタートでした。

P2260003.jpg
トレイルin。
最初の登りは皆に久しぶりとあって、
こんなんやったっけ?と少し困惑しているが
その顔見るのがワタシは楽しい。
登り切って、最初の下りでチェック。
久しぶりだが、皆さん上手に下る。

P2260006.jpg
かなりのガレッぷりと久しぶりということもあって
苦戦されたようだが、広場まで。

ここからA林道までのアプローチで沢渡りがあるんだが
少し前の雨でいつもより水の量が多く、足を滑らせるとドボン確定なので
慎重に。

P2260007.jpg
休み休み登って
気温も心地よく、陽だまりがあったかい。

P2260008.jpg
登り切って一本目。

P2260010.jpg

P2260009.jpg
上手いもんだ。
だが、イノシシがほじくり返しまくっていてて
ワタシがアバラを数本折ったところアタリは道が無くなるほど
ほじくり返され、降車したほどだ。


DHを一周して二周目に。
A林道も休み休み登り
P2260015.jpg
NDHに向かう。
あまりにも久しぶりだったんで道を完全に忘れていたが
覚えているKがいてたんで案内してもらうが
めっちゃガレてるやん!

怖えー! っ怖えー!

とわめきながら下るが怖いものは怖い。
さらに落ち葉の下が滑りまくる。
なかなかの恐怖感だったが楽しく下り終えて
二周できました。

トレイルout。

山の駅でランチしてたら
ギョーさん来るわ来るわ
大繁盛ですなー。
ゆっくりしてから
洗車機借りて
P2260024_20170228075216e43.jpg
ジャボーっと洗って

P2260025.jpg
トレックしか乗ってない連中だが
やはり Fuel が良い!
マジ欲しいが

トレック高い!

帰りも風邪のせいで頭がボーっとするので
ユルユル帰り
P2260026.jpg
駐車場には置き去りにされた車輪が寂しそうにたたずんでいた。

Olympus STYLUS TG-4


フルマラソンのダメージからか
風邪をひいてしまい、先週はまったく何もできず。
もう、CJ一戦目が近いのに上げていけず
もどかしいが、何もやる気が起きない。



FULL MARATHON その後。
Category: RUN。  
フルマラソンのあと、体のダメージがとんでもなく
今週はローラーも回せない。

左足首の痛みはひいたが
右ふくらはぎと、両足指が
P2190020.jpg

P2190021.jpg
人差し指が血豆で真っ黒に。
水ぶくれもできていて
痛い。

右親指がとくに痛く、これから真っ黒になっていくんだろうな。
シューズがあってないんやろうか?
走り方に問題がある?

うーん(゜-゜)

それにしても
その後のダメージが大きすぎる。
フルマラソンにでるなら、一年以上はRUN練してしっかり体を作って
挑まないと、体への負担が大きく怪我だらけになるな。
ワタシより上位の方々はしっかり練習して挑んでいるんだろう。

今年もMTBで登録したが
おもくそ練習不足だな。
やる気もそうだが、走りたいという気持ち自体があまり湧き上がらない。
どうしたもんやろうか・・・
自分自身の問題なんだがね。


Olympus STYLUS TG-4



FULL MARATHON つづき。
Category: RUN。  
スタート前に集まるブロックは ”C” だ。
日陰が寒すぎる。

いよいよスタートラインまで移動が始まる。

スタート位置までやってきて、いよいよRUN開始。
それにしても人だらけ。
初めてのフルマラソンなので、どんなスタートなのかわからんかったが
のんびりとしたものだな。
ペースはせいぜい、5”30といったところ。遅くても5”50ていどでRUN。
途中、トイレに駆け込んだぐらいで
まったく止まらないRUNは少し不安もある。

だが、左足首が痛い。
右カーブで少しのバンク角がついているのが左足首にダメージをあたえる。
まっすぐなところでも、水を排水溝に流すために角度をつけているところは
左足首がひじょうに痛む。
25kmまでやってきたところで、

もうアカン。
もうアカン。

足首限界。
30kmでやんぴやなと思い
終わるんなら、ペースあげて死ねということで
5”00まであげる。30kmまではと、あげまくる。

でー・・・

死ねました。
左足首がとんでもない痛みになり、とうとう歩きました。

30kmでやめたかったが、なんやかんやで折り返しまでやってきた。
すでにペースは6”00あたり。
足が痛い。左足首をかばっていたんだろう、右ふくらはぎが尋常じゃない痛みになってきた。

歩いて、RUNして、歩いて、RUNしてを繰り返して
残り800mまでやってきた。
そこで沿道の応援に

泣きそうになる。

ゴールの競技場までの登りは歩いているかのようなRUNだが
痛みは絶頂。
トラックに入り
終わりや・・・
やっと痛みから解放されると。

パートナーと手をつないで万歳ゴール。

パートナーにはワタシが足枷になって悪かったなと。
自分のペースでRUNれないというのは
しんどかたやろうし、もどかしかったやろな。

ありがとう。

ゴールしても
まったく達成感のないこの感じはなんやろ?
RUN中に好き勝手やるランナーに対しての怒りだろうな。
とくに、スマホ出して真ん中で横向いて腕伸ばし、立ち止まって写真撮るボケなすが多く
兎に角邪魔。
端によって撮っている分には何も思わんが、なんで邪魔になるところで撮っとんねん!

・・・・・・・・・・・・・・

ゴール後、マッサージを受け
ちょろちょろと会場をうろつき、何かしら食って
スタート位置だったところまでの送迎バスに乗り込み
やっとこ終わった感がある。
P2190019.jpg
ホテルまでに買い込み

P2190018.jpg
ロビーで一杯。

あっちこっち痛い。

・・・・・・・・・・・・・・

打ち上げへ。
P2190024.jpg

P2190027.jpg

P2190030.jpg

P2190028.jpg

P2190031.jpg
なんやかんやで3軒ほどはしごして
ホテルでバタンQ。

後泊しておいて正解だった。
次の日、気がつくと外は雨。足の具合も悪く
とんでもない痛みだ。
歩くこともままならないので、観光すらせず帰路へ。

遊んだ気もせず、ただただ痛みとの我慢比べだった。

もうでねーよ!!



Olympus STYLUS TG-4

だいたい、2時間までしか駆動しない体を4時間も動かせば
あっちこっち不具合でるわ。
それに、この日までの練習不足もあった。
シンスプリントの痛み、左足首の痛みから
予定していた練習もほとんどできず、本番までやってきた。
次回はないが、RUNは続けていく。

IMGP6494.jpg

やれやれ。