プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
今はMTBでトレイル走行を
プラプラと。
冬場はRUN多め。
写真撮りに行くのはめっきり減ったなぁ~。

検索フォーム
QRコード
QRコード
5?6年?。
Category: MTB。  
おおちゃんらと走った翌日。
走りに行こうと支度はできていたが外は雨。
レーダー見ると自宅付近だけが降っているようだが
今後の雨がどのように進むのかわからんので
しばらく様子を見ることに。
二時間ほど家に居てたが自宅付近はやまない雨。
だが、トレイル付近は降ってはいないが
行くだけ行って雨に降られたら・・・と、考えると家出できん。
結局、この日は一歩も外に出ず。

あけて土曜日。
予報は晴れ予報なので、いつものトレイルへ。
金曜はレーダーで見てるかぎり降っていなかったんで
ドライを期待してたんだが、向かっているときからパラパラと降り出す雨。
到着すると、しっかり降ってる。
雨でも走る? 無~理~。
スネスネで帰宅するも、走りに行きたい気持ちがくすぶってるんで
トレックに乗って堺浜へ。

堺浜に着き、何周しようかな~と考えて5周はしようと走り出す。
風がキツイ。
二周目にはいったところで、声をかけられた。
これがチョー久しぶりなしますけ夫婦だ!
マジ久しぶり!5年ぶり?6年?覚えとらんぐらい前だが
覚えてくれてて嬉しかったわー!
ワタシはまったく気がつかなかった・・・
引いてもらうというか、ついてったけど
強い向かい風はともかく、追い風のまっすぐで40km/h超えてくると
着いて行けん。
36×11では回りきってしまう。
ま、ギアがどうとかよりロードの”それ”回転体が重い。
着き切れしてしまうも信号で追いつきを次の周も。
5周目の終わりは、もう着いて行けん。
はなから離れてしまった。
P1060008.jpg

P1060009.jpg
腹が減ったんで少し食っとく。

P1060010.jpg
帰りも来た道通って帰る。
片メガネ。

P1060011.jpg
なみはや大橋。
ここは攻めるつもりでダッシュするも、ヘロヘロだ。
心拍はしっかり上がってましたけど。

帰宅後、まだくすぶってる何かがココロにあるんで
二部練。
RUNに出かける。
こいつがまた・・・家出するものの、1kmほどは快調だが
安治川渡ると、足が・・・心拍が・・・
ツラすぎる。
引き返すか?との自問自答。とりあえずいけるところまでRUNる。
中央市場辺りで、もうダメだ。引き返す。
なんやかんやで8kmはRUNれた。

ハフゥ~。

Olympus STYLUS TG-4


次の日も。
Category: MTB。  
次の日もおおちゃんと走りに行く。

P1040053.jpg
二人してジャイアントなので
”ジャイアン党”みたいやんけ。などと言っていた。

最初は二人だけだったが
まずはローソンに行こうぜ~ってわけで
いくとMTBreがいてた。
どうやら おおちゃんの知り合いで一緒に行くことに。
なんやかんやで7人?くらいで いつものトレイルにトレイルin。
P1040058.jpg

休み休み登って一本下る。
前日の雨で、滑る滑る。
見た感じは乾いてるような根っこだが、よく滑る。
P1040054.jpg
おおちゃんのRディレーラー。
シマノの新製品らしい。

前日の走行でも大勢で走るのは久しぶりで
前に走ってる人がおるのが、なんとも自分のリズムがくるい
自分のフォームで走れていない。
加重が前にいきすぎてて、かなりヤバい。
なんでもない根っこでスッ転んでしまう。
P1040055.jpg

休憩してると、来るわ来るわMTBreが。
一時、休憩場所はザっと見た感じ20人くらいいてる。
さすがに、まずくないか?と思ってしまう。
いっぺんに下るようなことはしないが
かなり間をあけんと歩行者にイメージ悪くなってしまう。
そんなことは心配せんでも みなさんベテランライダーなので
理解していて、どのグループもしっかり間をとって走っている。

で、最後に
P1040061.jpg
ここ下る。

久しぶりだったが元旦にRUNで通っているんで路面状況は把握していたが
怖いのなんの!
最後のところは、無理!
下れる気がしねぇ。
P1040060.jpg
みなさんはchallengeしていたが
ワタシは押して下りました。

あーやこーや言われたけど。

P1040066.jpg
ローソンに戻ってきて解散。
それにしても見たことないバイクばかりだった。
なにやら超高級バイクだとか。
見た目もそう感じる。

Olympus STYLUS TG-4

翌日も走る予定。


山の駅。
Category: MTB。  
二日はゆっくり過ごして呑んだくれる。

あけて三日。
おおちゃんが すげーライダーくるからMTB行こうぜー!
ってなコミュニティが立ち上がったんで行くことに。
で、
家出するときは降っていなく、雨は降らない予報だったんだが
向かっているとポツ・・・・・・ ポツ・・・ザーッっと降り出した。
吉野家で食って少しやり過ごしていたが
レーダー見ても降り続くようだ。
コミュニティ見てたら、とりあえず向かっているようなので
ワタシもとりあえず向かう。

到着。
ま、降ってるわな。
山の駅で雨宿りさせていただき、集合時間になると
かなりの人数が集まる。
しばらく談笑してたら日が差してきたんだが
走らんやろうと思っていたが
みなさん走る気でいらっしゃる・・・
ワタシは帰る気になってたんで、帰ろうおもてたが
なんやかんやで、走ることに。

すげーライダーのバイクは激軽のスコットXC。おそろしく軽い。
ワタシのトレックも軽いが、それ以上。
8、8kgということだ。ワタシのと約1kg差。
そのすごいライダーというのが、何年か前にE-1でイエロージャージを守ったライダー。
MTBは経験ない(初めて数か月)とか言っていたが
ポテンシャルが違いすぎる。
っちゅーか上手い!
トレイルinの登りもほぼ乗車。マジかよ。
かなり濡れていて滑るのに、しゃくしゃくで登坂していく。
なんというバランスとトラクションのかけ方。上手すぎる。
P1030048.jpg

P1030047.jpg

まずは押し上げしてパンプ広場まで。
しばらく遊んで下りへ。
久しぶりの山の駅なのと、雨が降った後だがあまりwet感がないが
油断せず下る。
まずはNDHへ。
整備が行き届いていて、かなり走りやすくなっている!
ガレガレだったところもかなり走りやすい!
下り切ってもっかい押し上げ。

今度は新DH?と言っていいのか?
ここも整備されていて走りやすい!少しだけパンプも作られていて
楽しく下れる。
下り切って沢を渡るんだが。、そこも丸太を積んでくれていて渡りやすい。
上手い人なら乗車していくだろうが、ワタシは慎重に押しました。
そこから行ったことがない下りへ。
初ラインだったんで慎重に。
下り切って舗装路に出て、A林道を登る。
休み休み登って、登り切ると
押し上げなのだが、新しい道ができてて
乗車しても登れそう。
乗車チャレンジしたりと遊んでからパンプ広場へ。
P1030052.jpg
さて、最後の一本は旧DH。
すごい!ここも奇麗になってて走りやすい!
少しwet感があるもののめちゃくちゃ滑るということもなく
下り切る。
P1030050.jpg

P1030049.jpg
おおちゃん企画で走りまくるんだろうと思うも
かなりユルユルで
すげーライダーI井君も合わせてくれて楽しく終了。

久しぶりの山の駅だったが
かなり走りやすくなっていて整備に感謝。
しばらく談笑してから解散。

Olympus STYLUS TG-4

またみんなで走りに来たいな。



連休前。
Category: MTB。  
12月の仕事最後前。
走り収めとか書いてたはずだが
外で乗った。

ここのところRUNが調子よくRUNれていたんだが
やはり、バイクもやらんとな。
ローラーもなんとなく嫌で
ロードもローラー台から外すのめんどくさく
MTBで外に出る。

舞洲はな~・・・
PC270009.jpg

ってわけで、久しぶりななみはや大橋ダッシュ5往復。
風がキツイ!強い!
MTBだが横風にあおられて下りが怖いのなんの。
しっかり上げて終わり。
PC270008.jpg

第七ふ頭とかがインスタ映えするとかで
やかましい単車がやたらおるようで
うるさいこと。
しばらくしたら、パトカーがやかましい連中をちらしにサイレン鳴らせてやってくるが
しばらくしたら・・・
ま、繰り返し繰り返し。
第七ふ頭もこういうことで立ち入り禁止になるそうだ。

やれやれ。

なみはや大橋でもがきまくるワタシも似たようなものか・・・
下りは歩行者とすれ違う時はかなり速度落とすようにしているけど
似たようなものか。

Olympus STYLUS TG-4


たくさん。
Category: MTB。  
土曜、十分ワタシ的に激走だった。
日曜、雨が降る予報だが午前中はもちそうな予報なので
この日はトレックを積み込み車でバヒュン。

と、行くはずが
またも車輪積み忘れ!
自宅からかなり近いコンビニで気がついたんで時間遅れは最小に。

あーもう、慌ててるわけではないんだが
なんで忘れるんやろうか。

ほどなく到着。
土曜よりちょっとヌクイ。
だが、いつもの無料駐車場になぜか止められず
有料駐車場へ回り道。
もう・・・

さて、なんやかんやとあったけど
目標のノンストップ5周。

軽いっ!
トレックsuper fly軽い!
ま、それなりにお金つぎ込んだバイクなのでね。
だいたい10kgちょっと切るか切らないかってところ。
カタログのようにペダル無しの状態なら間違いなく10kは切ります。
乗ってももちろん軽い。

トレイルも土曜とまったく同じ条件。
登りが軽い。速度はadvance2より少し上がる程度だが
楽さがかなり違う。ギア比が大きく関係しているので
あまり比較できないが
十分速い速度だ。
29erとナナハンとの違いもあるが車輪の違いがはっきり分かる。
ただ、池過ぎの根っこ登りが super flyだと 1/5しか成功しない。
階段過ぎの階段カーブ登りも 0/5だ。
アンセムadvance2だと 池過ぎの根っこ登りが 4/5。階段過ぎの階段カーブ登りも 2/5という結果。
単純にワタシの技術を埋めてくれているのがアンセムadvance2だ。

下りにはいり、如意棒の存在の偉大さが
もろに体感できる。
super flyでの下りがここまで怖いか!
advance2の下り性能はものすごい。
ただ、車輪の転がりは圧倒的にsuper flyの のむラボ車輪だ。
圧倒的だ。速度が上がり過ぎて怖いほど。
advance2の車輪はなぜか失速感がかなりあり下りでも ”こぎ”が多い。
タイヤのせいか?それもあるだろうけど
なんとも。
だが、下り区間の時計はおそらくadvance2の方が圧倒的に早いだろう。

如意棒の効果はサドルが下がることによって腰を落として低重心化でき
腕も足も腰も自由度が増し、結果、下りは速く下れる。
super flyにも欲しい所だが下りが厳しい所だとadvance2があるんで
付ける予定はない。

どちらも良いとこ足らないところがあるが
イイバイクだ。

周回中、斜度男さんと遭遇。
K堀さんとも会う。

土曜のダメージか5周目はフラフラになってきた。
なのでゆっくり登っていたら池のところで
PC240006.jpg
K堀さんとまた会ったんで
少ししゃべって別れました。

最後の下りも楽しんで
トレイルoutとするときに斜度男さんと会ったんで
少し話してトレイルout。
PC240007.jpg

この日はDな方達も多く
久しぶりのメンツともよく出会いました。

Olympus STYLUS TG-4

帰宅途中、かなり調子が落ち込んで
めまいというほどでもないが頭がフワフワして気持ち悪くなり
コンビニで少し食って休憩してからボチボチ帰りました。
ただの低血糖やったかな?

さて、これで今年は乗りおさめかな?


これイイわ。
Category: MTB。  
土曜日。
日曜の天気が微妙な感じの予報となってて
ちょっと早い年越し蕎麦ツーリング才の神経由に行きたかったが
それよりも日曜がMTBで走れないかもしれないので
土曜はMTBだ!

で、まぁ・・・
自走ではなく車でバヒュンと。
忘れ物はなし。

めっちゃドライだが登りは流れ込みがあるんで
万年、濡れているんだが気になるようなことでもない。

ノンストップ5周といきたいところだが
いろいろ考えがあるんで
リピートしたりで一周はそれなりに時間がかかる。
どれぐらいかかっているかは不明。ざっくり一周30分ぐらいかな?
1_20171226174349517.jpg

アンセムを手に入れて
最初の一か月は ”銀行” のものだったが
今月、ようやくワタシのものと正式になり
ガンガン走るぜ!
って、わけではないが
純クロカン?と言っていいのかわからんが
ハードテールのトレックsuper flyとアンセムadvance2を乗り比べる。
と言うても、土曜と日曜でだが。

いつものトレイルでは
登りは圧倒的にsuper flyなのだが
一周の時計はおそらくadvance2の方が早い。
ただ、このコースではトレイル要素が多く
AMのジオメトリーと言っても言い過ぎではない(と、思う)advance2は
ここでは速い。
クロカンコースだとsuper flyだろうな。
ただ、今まで走ってきたことがあるクロカンコースだと
八幡浜だとadvance2の方が速いと思う。
下りの長さと微妙にtechnicがいる登り、ゴジラの背と言われる根っこゾーン。
いろいろなギミックがありUCIレースになるコース。
ここだと問答無用でadvance2の方が ”ワタシの技量だと速く走れる”
路面が重い(雨が降って)とどのコースでもadvance2の出番だろう。
まだwetで乗ったことはないんだが
最高に ”イイ” バイクだ。
如意棒の意味も乗っていてわかってきた。
こんなイイバイクだが
ワタシ的には車輪は やはり ”のむラボホイール” の方がハシル。
単純に感覚的なものなのだろうけど
付いてきたカーボンホイールより、ハシル。
これはsuper flyの のむラボ車輪と比べてだが。
完全に贅沢なことを言っているんだが。
正直、完成車でカーボンホイールより
コンポをXTにしてほしかった。車輪は変えてまいそうやし。
ハンドルもアルミだと軽量性もあるが
腕にかかる負担が圧倒的にカーボンの方が負担は軽い。
advance2だと5周走り終わるといつも腕が痛い。
設計はホンマ、よくできていると感じる。
リアのサスペンションの動きもよくて、路面の接地感がものすごい。
フロントもよくできていて、とにかく曲がる。これは27.5(ナナハン)の影響かもしれないが
とにかく、曲がってくれる。
こういうバイクが出てくると26erは駆逐されるわな・・・
ポジションはまだ決まっていなく、ステムはもう少し伸ばす予定。
ハンドルもカーボン化して幅はやはり登ることも考慮して620mmがあっている。
今は660mmなんだが、脇が開きすぎてホンマ登りにくい。
まぁ、金銭的に余裕ができてきたら一気にスプロケとクランクも変えてしまおうかな。
ギア比が合わんのが一番厄介だわ。
フロントシングルは ホンマ ”プロ機材” だと思う。
ハイアマチュアクラスだとちょうどいい人もいてるだろうけど
ほとんどがトレイルで遊ぶならばフロントダブルだろう。
”プロと同じ機材” を使いたくなるのはワタシは猛烈にわかる。
だがギア比までそろえて走れるわけがない。
フロントシングルとダブルを選べるようにはしてほしい所だな。

あと、大事なところだが
ジャイアントも ”永久保証” というものをしている。
意外と知られていないと思うんだが、もっとこういうことはアピールした方がええのとちゃう?
トレックも ”永久保証” を導入している。
永久保証とはいうても、制限があるんでなんでも保障か?ってわけではないけど
落車でフレーム割ってもかなりの値引きで手に入る。
こういうことはもっとアピールしてもええのとちゃう?
ホンマ。

PC230005.jpg
イイバイクを手に入れました。
年々、進化していくだろうけど
ワタシの技量をいっぱい補ってくれて、早く走らせてくれる。

しっかり5周して帰路へ。

Olympus STYLUS TG-4

しんど・・・
ちょっと体の調子が下り坂の気配。

写真ブログも更新してます。


先週は雪だったが。
Category: MTB。  
日曜日。
とある集団がとある山に行くそうなので
久しぶりに会えるかな?と行ってみる。
もちろん、MTBが走れる所があるからだ。

PC170003.jpg
車でビューンと到着。

サブっ!

山の下から登るんだが、これがま~キツイ。長い。
ガーミンさんの気温計は-2℃だ。(登ってる途中)
山頂に到着しいい天気。日が差してほんのりあったかい。
気温は-0.6℃をさしている。日の光があたるとぬくいものだな。

さて、下りますか。

!!!!!!!!!!!

如意棒が下がらん!
下がらないときは無理に触ったらダメと教えてもらってたので
しかたなく、そのまま下る。
久しぶりなのもあるが、イノシシがほじくり返した路面で走りにくいのと
落ち葉でコースがわからん。
一本目は怖いのなんの。
かなりゆっくりと下って一本目終了。

二本目。
登る。ツライ。斜度キツイ。
舗装路登るだけだが、キツイわ。
下る。気温が少し上がった感じしたんでガーミンさん見ると2℃まで上がっていたんで
登ってる途中に如意棒さわってみるとスッと動いた。
二本目の下りからはサドル下げれて下れたのとコースも見えるようになったので
それなりの速度で下れる。
やっぱりここはDHコースだな。一か所ドロップがあったはずだが
結局、コースlostしてるのか通っていない。

三本目。
この辺りでみんなと会えるかなと思っていたが登ってる途中でも会えず
山頂付近まで来たときLINEがなり、コースinするとき携帯見たら山頂にいてるようなので
急いで登り返して、久しぶりの面々と無事会えました。
だが、寒いのであいさつ程度で別れてダウンヒルへ。
三本目は二本目とあまり変わらず、それなりの速度で下る。
やはり怖いわ。
たまにはここで走るのもいいな。
ただ、先週は大雪だったんで
山間部ということもあり、雪で走れないときもあるだろう。
なのでなかなか気温が低いときは来にくいのよね。遠いし。
この日はいい天気が続いたんでどうやろうか?と来てみたが
完全ドライ。
この日はよくても次はどうやろうかね?

5周できるか?と思っていたが
ここはそう甘くなかった。
三周で1400m upさすがにキツイわ。一本目の一番下からがあるので獲得標高が伸びるんだがね。
5周だったら2000m近くいきそうだな。
三周で約20kmほど。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。



周回。
Category: MTB。  
この間の土曜日。
アンセムで行くときは車に積んでトレイル近くまで行くのだが
駐車場は無料のところがあるのでそこに停めてはいるのだが
この日は何かしらのイベントで停めるなと言われた。
あれこれ言いたいことはあったが、素直に言うことを聞いて
有料駐車場へ。
なんとなく、いつもと違うところは落ち着かんな。

PC160002.jpg
トレイルin。

フロントサスペンションのエア圧を少し落としてこの日は走行。
登りも下りもいい感じ。
池過ぎの根っこ登りも4/5成功。
ただ、登りの速度が遅い。ギア比が合わんのもあるが
まだ力不足だな。
もっと乗り込んでいた数年前はもっと速かった。
だが、5周も走られへんかったけど。
今ではなんとか5周はできるようになった。
ただ、自走でここまで来るのと来ないのとではだいぶ違いはあるものの
トレイルで長く乗れるようになってきた。

PC160001.jpg
5周回終了。

まったく休まずというわけではない。
周回中に腹が減って腹が痛く感じた時、止まってパン食ったり
リュックに入れたお茶を飲むのに止まったりした。
それほど長い時間止まるわけではないが2~3分は止まってるだろうな。

Olympus STYLUS TG-4

トレイルは楽しい。

リアタイヤが微妙なエア抜けがあるようで
次の日には結構抜けているが
どの辺りかがわからんし
シーラントが効かないのか?
ヌウ・・・・


夜の舞洲散歩。
Category: MTB。  
PC060001.jpg
平日に一回は行くようになってきた
舞洲散歩。

階段登り降りで一段目すら登り切れない。
調子がどうとか言うよりリアサスがうまく動いてくれずトラクションがかからない。
なんでや?
と、サスペンションを見たらロックされてた・・・
おそらく洗車の時、さわっていたんだろうな。
で、動くようにロック解除すると
三段目中ほどまでなんとか進めるようになった。
でも、もう少しスムーズにクリアーしたいものだな。

PC060003.jpg
橋をこえて舞洲に上陸。

PC060005.jpg

丘を直登。何本かやってグルっと一周。
これがま~誰も走ってへんこと。
この日は水曜だったんだが誰もおらん。
走りにくくなったし、しかたないかな?
夢洲に行ってるんやろうか?

PC060009.jpg
月が大きく見えたんで撮ってみるものの
コンデジの設定ではこれが限界か・・・
月だけを撮ればもっと写りはいいはずなんだが
ここの雰囲気を撮りたかったんよね。

河川敷をプラプラ走って帰宅。
これぐらい走る程度でも外は気持ちいい。


Olympus STYLUS TG-4




違い。
Category: MTB。  
日曜、朝早く夜明け前に家出。
明け方付近の時間なので真っ暗というほどでもない。
寒いという予報だったが
いがいとヌクイ。

道中、心拍のレスポンスというか
けっこう、上がる。
そのわりに速度はイマイチ・・・

いつものトレイルの麓で
PC030013.jpg
いっぱい。
この辺りに来るとやはり寒いな。
タラレバだが八幡浜に行く予定だったが
天気予報が微妙だったんで八幡浜に行くのはやめたんだが
行けばよかったかな~・・・と。
天気はめっちゃいい。
2018バイクの試走もしたかったが
2018アンセムadvance2買ったら試走に行くのもな~。

ま、それはともかくトレイルin。

この日はトレックsuper fly29erだ。
体感できるのは単純に軽い。
重量差もあるが、転がりが軽い。タイヤも車輪も違うんで
アンセムと同じと言ってはならんのだが
やはり登りは軽い。
ギア比も心地よく会う。
欲をいえば・・・・・・

・・・・・・書かないでおこう。

登りはアンセムとの違いは単純に転がり抵抗が軽いのと
わかりやすい重量差の軽さが体感できる程度。
さて、下り。

のっけからマジ怖い。
久しぶりのハードテールと100mmフォーク、70°のヘッド角。
怖いわ。
ただ、車輪の転がりは圧倒的にいい。わかりやすい。
アンセムに乗ってるときから思っていたが
なんでこんなに転がらん?と疑問がある。

ま、怖い思いを感じながら一本目終わり。

二周目登りで池過ぎの根っこ登りが成功。
ちょっとビックリ。
前日から重心位置を考え、速度、ケイデンスともにはまった感じがすると
スアーっとクリアーできて
めっちゃうれしかった。
そこを過ぎて、階段を歩いて登りそのあとの微妙な階段は
乗ってクリアー!
ここはたまに成功するのよね。
たまに。

二本目の下りへ。
一本目は怖かったが二本目は慣れてくるんで
それほどでもないが
やはり下りの速さはアンセムだな。

二周終了。
三周目へ。

もうしんどい。ダラダラ登るだけ。
PC030023.jpg
風もなく池の水面も鏡のようだ。

三本目の下りで工場長一味と遭遇。
ダウンヒルバイクのゴツイフォークにビビる。
ちょこっとしゃべって下りへ。
PC030016.jpg
途中、登り返しで失敗してスネル。

いい天気だ。

PC030021.jpg
街を見ると雲海のようになっている。

五周しようかと思うが
もう帰る。
中橋ローソンによって少し食べてブラブラ帰路に。
家に近づくにつれ気温が上がり心地いい。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。


5周キツイ。
Category: MTB。  
土曜日。
忘れ物なく家出。ブーンといつものトレイルに到着。
気温は低いと予報では言っていたが
それほどには感じない。十分寒いけどね。

PC020007.jpg
前日のRUNの影響でアンヨが重い。
目標は5周。
途中、嫌になったらヤンピするという自分にアマイ目標。
池過ぎの根っこ登りがすべてダメだった・・・
重心位置が悪いし、ギア比うんぬんではなく
ケイデンスが上げれなく、トラクション不足と速度不足で登り切れない。
そもそも重心位置が悪いとバランスが悪くてどうしようもない。
登り切れてたんだがな~・・・

下りはここ最近で一番のパフパフのドライ。
気持ちよく下る。もちろん安全マージンは十分もって下る。
PC020006.jpg
日の光が左側から差し込みまぶしくて
走りにくい。

だんだんペースも落ちて、5周できるか?とツラくなってくるが
なんとか5周完了。
PC020010.jpg
サスポンプ持って走ってるつもりだったが
リュックには入ってなかった。
家でF、Rともにサスのエア圧は少し上げてきたが
F、Rともに少し高く感じ、ハネはしないがかたく感じる。
次回はもう少しエア圧下げてみよう。

PC020012.jpg
家に帰って洗車するんだが
ここに水がたまるのは設計上仕方ないんだろうが
なんとかならんかね?

Olympus STYLUS TG-4



MMC(magic mushroom cup)
Category: MTB。  
日曜。
シュガーらが銭原周回するという誘いがあったが
MMCに行くんで、集合場所にだけ顔を出す。
それからMMCの会場へ移動。

会場までのアプローチが異様にキツイんですけど!

自走(トレック)で行ってたしカメラが重い。
IMGP9677.jpg
会場入りして
知り合いの顔を探す。

ほどなく発見。

IMGP9674.jpg
練習走行がはじまり
久しぶりの撮影だけに来たのとコースがわからんので
練習走行中にレンズを決めるのと、撮影スポットを探す。

あれやこれやと考えながら結局は
タムロン 70-200mm F2.8

PENTAX-DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR
がほとんど。
PENTAX DA50mm F1.8も使ってみたが微妙に望遠なのよね。
帯に短したすきに長し。
やはりMTBでの撮影は使用ボディがPENTAX K-3Ⅱなので
素子がAPS-Cなんで35mm macroと100mm macroがほしいところ。
手に入れるんなら35mmはPENTAXだろうけど
100mmは純正ではなくタムロン90mm macroだろうなぁ。

練習走行も終わり
一本目。
IMGP0038.jpg

IMGP0756.jpg

IMGP0064_20171130053555918.jpg

IMGP0049.jpg
かなりの枚数撮ったが
DHのレースでコースも短いこともあり
人だらけで撮りにくい。
ほとんどがタムロン 70-200mm F2.8で撮ってたんで
撮影ラインの前に人が入ってくるんよね。
気をつかってくれる人も多いけど
お構いなしの人もおる。こればかりは仕方ない。
ほんま、macroレンズ手に入れんとな。
やはりタムロン 28-75mm F2.8も持っていけばよかった。

昼には一本目が終了。
終わりまでいたかったが自走なので最後までおると真っ暗になるんで
惜しみつつ帰路へ。

PENTAX K-3Ⅱ
レンズいろいろ。

こじんまりとしたレースなんだが
CJ DHシリーズより人が多いで。
やっぱり登録レースは敷居が高く感じるんだろうな。
あと、CJ DHは決勝日が土曜が多いと感じてるかも。
そんなことはなくなったんやけどね。
土曜が決勝って富士見だけやったんちゃうかな?
もっとDHも盛り上がればええね。

正直、ロードよりこけるのおらんよ。DHもXCも。


また忘れた。
Category: MTB。  
朝早くに家出。
ちゃんと忘れ物がないかしっかり確認したつもりが・・・

車輪と装備(ヘルメット、シューズ、グローブ)はしっかり確認するが・・・

いつものところに到着。
今までなら自走で行ってたんだが
アンセムでは車で移動。タイヤがちびる過ぎるねん。

で、準備してたら
着替え忘れてる・・・・
まぁ、走行には影響ないんでトレイルin。

はじめのアプローチでK堀さんと久しぶりに会う。
だが、練習なので止まらずに周回するぜ。

最初の登りで池を過ぎた根っこ登りのところで
前回はかなりEasyにクリアーできてたんだが
失敗。あれ?なんでや?腑に落ちない失敗。

下りはいい感じ。少しサスのエア圧変えてきた。
でも、しっくりこない感じがある。
PB250001.jpg
三周目に入り、登りのピーク過ぎで
一杯おる。
正確には二周半なんだが、下るだけなんで三周とカウントしておこう。
一休みして下る。

下っているとき、ハイカーが増えだしたんで
4周目はダラダラ・・・
PB250002.jpg
下りで出くわさないようにゆっくり登り
休憩して登る。
ただ、池過ぎの根っこ登りが失敗する。
ムゥ・・・
何回かチャレンジするも、一回しかクリアーでけなんだ。

くそう。

テンション上げてはなかったが
集中力が切れてきたのか、油断しているのか
危ないことが増えたんで
目標の5周はやめてトレイルout。
PB250003.jpg
ほんま、これ楽しい。

着替えを忘れたんで汗だくのジャージで車に乗りたくないんで
日向のコンビニで一服。
PB250005.jpg
こういう時の高機能ジャージとインナーはいいね
すぐ乾く。

Olympus STYLUS TG-4

アンセムばっかり乗ってたらトレックでの走行が下手になりそうやな。
交互に乗らんとな。
とはいうても、もう少しアンセムのいい感じのところを見つけるまでは
しっかり乗りたいところ。



忘れた。
Category: MTB。  
もうどうしても乗りたくて
平日に休んでブーンと。

で、
リアゲートあけたら・・・

車輪ないやん!

積む時、忘れました。
二回目。
もうスネスネでトンボ帰り。
もうやめとこうかと思うも
二往復しました。
走り出しは遅かったけど気温も上がってよかったかなと。

PB210004.jpg
ここの登りもアンセムなら
特に何もせずクリアーしてしまう。
いままでなら考えて体動かさんとクリアーできんかったが
なんてことはなくクリアーできてしまう。

PB210005.jpg

ここは無理。
二段目まではいけても、そこから先は無理。

PB210007.jpg
台風の影響がかなりひどかったようで
あちこち倒木があるが
整備され、今までのように走行できるようになってました。

PB210008.jpg
なんやかんやで三周。

暑い。汗ぼとぼと。

PB210009.jpg
このタイヤがいい感じ。
まだ空気圧はどれぐらいがいいかは模索中。

ファーストインプレというほどでもないが
アンセムadvance2 のリアはさすがの動きです。
フロントのサスもいい動きで路面の追従がほんまいい。
リアの動きは絶品。トラクションがほんまよくかかる。
タイヤ?っていう感じではなく、フレームの設計が良いんだろうな。
この日は輪心さんでサスのエア圧そのままで走ってみたが
なんかしっくりこないんで
まだまだ良くなっていくだろう。
登りは少し重さを感じる。なんとなくだがリムがカーボンだから軽いだろう?とか言われるだろうけど
うーん・・・
ワタシにはアルミリムの方があってるんだろうか?
転がりもあんまりよく感じない。これはタイヤの影響かもしらん。
しかし、ナナハンというか車輪の大きさはトレイルではドンピシャ感がある。
29erだと曲がれんところがあったが
グリグリ曲がる。リアが滑ってもすぐにトラクションがかかり しっかり踏ん張ってくれてクリアーできる。

いい買い物しました。

Olympus STYLUS TG-4



夜舞。
Category: MTB。  
ローラーもなぁ~・・・
アンセム乗りたいしなぁ~
週末はドンピシャで雨が続いてるんでアンセムにまったく乗れんので

舞洲大橋の階段で走ってみよう。
ま、ポジションはどんなん?如意棒はどうなん?
ってわけで
ヌルヌル家出。

PB200001.jpg
この階段を登ったり下りたり。
スロープは使わずに。
タイヤのエア圧は舗装路走行なのでかなり高いんで
跳ねる跳ねる。
下りはともかく、登りで段差に刺さりハンドルがとられて右に左に・・・
power&technic 
いつかは登り切りたいな。

舞洲側におりて
ヨットハーバーへ。
PB200002.jpg
寒いし風キツイし。

帰りの河川敷では
ものすごい追い風になり快適。

いつになったらトレイルでシェイクダウンできるんやろうか。

Olympus STYLUS TG-4



市場へ。
Category: MTB。  
朝まで降り続いた土曜の雨でトレイルに入るのはNGかなと
あきらめ
久しぶりに八時練の市場へ行ってみる。
PB120010.jpg
目覚めろ俺っ!
ってわけで、名所で一杯。

PB120012.jpg
この日は10円自販機も売っていた。

PB120013.jpg
これがま~集合場所に行ってみるものの
少ないこと。
寒くなったから?それだけではなさそうな感じやけど。
久しぶりに会う面々。
PB120014.jpg
とりあえず中橋ローソンまでと写真を転がす。
トレック(MTB)で来てるんで平地の巡行がしんどいこと。
ローソンまで着くとS師匠達が八時練に合流。
行先決めてないんでS師匠提案の千丈寺湖へ。
ローソンまでにも切れかけてたんで
いなくなったら、ほっといてと伝えて、ついていけるところまで行く。

平地が辛すぎる。
ギアが足らんとか、車体が重いとかではなく
タイヤの路面抵抗が重すぎる。
仲間からも走行音がうるさく、プレッシャーになるとか言われるが
どうしようもない。
登りはそれなりになんとかなるが、平地では後ろでヒラヒラさせてもらう。
PB120015.jpg
やはりS練になるとほぼ止まらんな。
練習したくて来たんでちょうどいい。
写真のところでようやく休憩し、これ以上は着いていけそうにないので離脱。
この先は向かい風のうえ、平地が長く続くのでそれなりの高速巡行になるのが目に見えているからで。

折り返しはボチボチ進んで、獲得標高見るといまいちだったんで
少し登って中橋ローソンに。

なんとここで走魔さんが現れ、二号線のところまで引いてもらい大変助かりました。

いい練習でした。

Olympus STYLUS TG-4



ゼイタクナ。
Category: MTB。  
土曜日午後。
練習から帰って、すぐに車に乗ってブーンと宝塚まで。

どこにいったかというと
ここ、輪心。

富士見後、雨用にとかトレイルにと使える
tranceがいいかなと
ブツクサ言っていたんだが
2018のアンセムを見てると
ジオメトリー、ついてる機材をかんがえると
アンセムで正解か?
と、輪心に相談に行って
即決めには至らなかったが(やはり高額なのと、ホンマに必要か?の自問自答)

結局、決めた。
おおちゃんにはブツクサ言われもしたが
PB110004.jpg
アンセムにしました。

PB110006.jpg
マエストロシステム?
よくわからんが、走ってみると納得するんだろう。

PB110005.jpg
トラニオンマウント?
よくわからんが、走ってみても効果はわからんだろうな。

PB110007.jpg

PB110009.jpg
如意棒初体験。
戻りが早い!!
スカン!スカン!と戻る。
動かしてるだけで楽しい。

アンセムについては
ここで書かれています。

PB110008.jpg
飛び降りた買い物でした。

まだ実走してませんので
インプレはまだ先。
週末が天気悪いんでなかなかトレイルに行けないのだよ。

もう少し軽くするには
あれやこれやと、機材の物欲が・・・

Olympus STYLUS TG-4

今週、金曜仕事サボって走りに行ってやろうかしら。
仕事次第やけど。



力が入らん。
Category: MTB。  
明け方過ぎまで降った雨でトレイルは行けん。
風が強いのか、路面は乾きだすのが意外と早く
AM9:00過ぎには家出の土曜日。

道中、北風が強くナエル。

それなりに距離走ろうかと意気込んで家出したんだが
五月山の登りで
おそろしいまでに力が入らん。登れん。
PB110001.jpg
なので、途中で写真撮って足つき。
その後も、ひどい。登れん。登る気がない。
ピークまで行く前に、もう箕面側に下って帰ろうと、弱音がココロの中で繰り返す始末。

PB110002.jpg
五月山のピークは台風の影響でこんなことに。
いつものトレイルもひどいとは聞いているんだが
どうなってるんやろうか?
しばらく行ってないからな~。

箕面ダム下ってるときに思いだしたんだが
紅葉シーズンは箕面側に降りれんのやったわ。
しかたなく公民館まで。
PB110003.jpg
そこから、嫌な摂丹下るくだることに。

寒い。
下り寒い。

そのまま帰宅。
早めに帰宅したのも寒いだとか、調子が上がらんとかもあるけど
楽しみなこともあるんで、
帰宅後、すぐに家出。

Olympus STYLUS TG-4



まだ更新中。



ファイントラック。
Category: MTB。  
雨がやんでる合間。
台風くる前。

fine trackのACTIVE SKINを試す機会。

PA290001.jpg

PA290002.jpg
玄関開けて、数秒で雨が降り出す
このタイミングのよさ。
新名所で一杯の予定だが、なにやらやってはるので名所では買えず
裏に回って一杯。

まー誰もおらんやろうと思っていたが
誰もおらん集合場所。

パラパラ降っていたが
もう濡れてもええかと、舞洲へ。
PA290003.jpg
追い風でチョー気持ちいいけど
久しぶりの実走なのでしんどいこと。

舞洲では雨は降っておらず
大周回を三周。最後の周回で本降りとなったんで帰路へ。
帰りの河川敷は爆風の向かい風!キツイ!
雨もキツクなってきたが
fine trackのACTIVE SKINの効果が発揮。
濡れているというより、雨があたって冷えるがべちゃべちゃ感もなく
これは使える。二着、三着と必要ではないが
一着もってると雨のレースで十分使えるな。
ただ、この間の富士見の雨は寒すぎるんで
走りもせなんだけど。

どうでもいいが、なんでCJは春と秋にレースがかたまるんや?
春雨、秋雨シーズンど真ん中で、なんか雨ばっかりのイメージなんやけど。

Olympus STYLUS TG-4

雨用とトレイル、難易度高いコースにと
新車投入。
今から発注しに行きます。

ドキドキするぜ!

写真は毎日更新してます。


CJ富士見 日曜日。
Category: MTB。  
パートナーが準備、予約してくれた宿泊先が
どえらいところで、とんでもない料理が出てくる!
松茸、キャビア・・・
マジで?
こりゃ~日曜は頑張らんとな!

走らんけど。

で、日曜。
起きて温泉、露天風呂へ。
ま~降ってるわな。寒いわな。
会場に行く気も失せる湯船の中。

とりあえず会場へ。

challengeのスタートに間に合わず遅刻だが
IMGP9544.jpg
なんとか坂もっちゃん走ってる所には間に合った。

こんな天候で よー走るわ。
ワタシは受け付けすらしてませんけどね。
しかし、舞洲でもレース見てて今までなら走りたいっ!て気持ちが沸き上がってきたものだが
レース見てもなんも感じない。
これがレースに対する心意気なんだろうな。
もう萎えてる。

”負けることに慣れすぎた”

こういうことだと思う。
闘争心というか、悔しいだとか、次こそはだとか
まったくない。
こういう気持ちになるってことはレースに出てもいいんやろうか?と。
ただ、MTBの場合
あそこをもっと上手く越えたい、もっと上手く下りたい
ってのはあるんだよな。
ドライで走らせてくれよー は、強くある。

o.jpg
©hidehiro itho

カッパ着て森の中を雨が滴る中、撮影。
選手が気にならないところで・・・でも見どころで・・・
と、森の中をウロウロするものの
絵になるような所が微妙なのよね。
IMGP9633.jpg
advance、junior を見てるが
全日本チャンピオンが熱い走りを見せる。
スコットのこもアツイ。
それにしてもこの路面でやたらと下りが速い二人だな。

下りといえば、昨日のダウンヒルに出ていた選手がchallengeにでていたが
異様な速度で下っていた。
こういう日にAMを用意するのも手だなと思う。
ドロッパーつけて、ある程度のストロークがあるFサスペンション、ヘッドも少しねているAM。
XCとして位置付けているがジャイアントの27.5アンセムが欲しいと考える。

またXC欲しがるの?
って言われそうだ。

下りで足を出してバランスとるのがDHでは普通なのだが
XCとなると
”足をつく” という ”負けた感” があるのか
ほとんどの選手は下りカーブで足を出さない。
足を出すときはだいたい、こけていた。
上位の選手はもちろん上手く足を出して駆け抜けていくんだがね。
それより、雨のレースなら今のワタシなら
フラットペダルにトレランシューズが最強かも。
そもそも、乗っている時間よりRUNの方が時間が長いから。

IMGP9611.jpg
寒くなってきたがエリートまで居てるつもりだったが
もう帰るか。
advance途中だったが帰路へ。

帰りの運転はなかなかの悶絶でした。
腰が痛い・・・
おそらく、まったく運動してないからだと思う。

約5時間半ほどかけてユルユル帰宅。
何もしんどいことしてへんけど
しんどかった。

PENTAX K-3Ⅱ
PENTAX-DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR


来年、練習しだい気持ち次第だが登録はどうしようかな・・・
せっかくadvanceにあがれたし、もう一年・・・という気持ちはある
ま、来年になってからや。
雨用に27.5アンセム・・・ 買おうか・・・ な・・・
贅沢やな、雨用って。
速さをお金で買えるんなら、準備してもいいんちゃう?
手っ取り早く速さを手に入れるんやから。


速くなんの?

さあ?