プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
琵琶湖を目指してグルッとまわれっ!。
Category: 自転車。  
AM4:00 家出。
目指すはTUBI ほどなく到着し自走メンバーと顔合わせ。
画像 316
さー行くぜ!
AM4:30過ぎに出発。
画像 317
市内を駆け抜けるも車がほとんどいなく、めっちゃスムーズ。
1号線を北上し続け
枚方に入り、307号線をひた走る。
氷室台辺りから霧が出だし、すぐ前を走る人すら見えないと言っても言い過ぎでないぐらい
ものすごい霧。
サングラスも濡れ視界が奪われるので外し
体に水滴が着き、体温を奪っていく。

寒い。

宇治田原の峠?を登り、下りきったところで休憩。
画像 318
先が長いとは言え、休憩の度にくいものは食っておくことにする。
寒いので、長居はせずリスタート。
宇治川ラインを北上。
車も少なくスムーズだが、ところどころ落石?土砂崩れ?の補修工事の交互通行がメンドくさい。
仕方ないねんけどね。もちろん、交互信号は守ってますよ!
気持ちよく走行し、走りにくい大津市内に入ると
やっぱり走りにくい。
そうこうしてるうちに、琵琶湖大橋下のセブンイレブンに到着。
画像 319
AM7:30出発の車組とは合流できず。
ここまで来ると、気温も上がりだしあったかくなってきた。
まだまだ先は長い。
走りにくい大津市内を抜けると交通量も少なく
気持ちよくローテーションするが
途中で、キレチャッタ…
161号線から外れて、湖岸沿いを走る。追い風基調で気持ちがいい。
しばらく走ってると、車組がチラホラ。
補給場所のローソンに到着。
画像 320
車組と合流し結構長居してリスタート。
湖北をhaikala君とランデブーと、なり
これがまた、キツイっ!
しかも、ワタシを殺そうとキツすぎるインターバルをかけて揺さぶり出す始末。
だが!切れなかったぜ。ほめてくれ!

ツキイチやったけどーっ!

( ゚Д゚)ナニカ?

で、補給場所らしい団子屋?のあるところで小休止するが先に行こうってことで
奥琵琶湖の上りに入る。
まぁ、haikala君はすっ飛んでいくわけで…
ワタシは、登りきったら折り返しとは言え
まだまだ距離走ることを考えて無理しないペースで登る。
が、
ゼーゼーハァハァはいうてるよ。
登ってる途中で絶景ポイントで
画像 322

画像 323

画像 324
写真を撮ってリスタート。
下って、ローソンに突入。
画像 325
補給も済ませる。
画像 326
いい天気の中、ここでは昼休憩的な感じ。

さーいよいよ後半戦に入る。

ここから長い…  長い… 道のり。
しかも向かい風基調。
すでにアンヨに違和感が出始めている。それよりケツが痛い。
リスタート後はまだ我慢できるレベルだったが
水鳥ステーション?に つく頃にはケツが痛みでどうしようもない。
だが、リタイヤするわけにもいかず
彦根過ぎて、しばらくいったところで休憩。
画像 327
琵琶湖での補給は最後って聞いてたけど
補給はこんだけ?俺 大丈夫?
ここでカメラのバッテリー切れでこの先、写真は撮らず。撮れない。
iPhoneで撮る気はない。

前に出れるような調子ではなく、皆さんには申し訳なく思う。

ケツが痛くて、どうしようもなくて…痛みが尋常ではないんだよー!
琵琶湖大橋下まで来て、セブンイレブンで後続待ちして
すぐにリスタート。
ほどなく宇治川ラインに入り、交通量もかなり減り
走りやすい。

琵琶湖湖岸沿いは この日、ひじょうに走りやすかったとおもう。
ちょっと木の浜過ぎての商業施設があるところまでは交通渋滞がひどかったぐらい。

宇治川ラインから天ヶ瀬ダムへの下りに入り
宇治に出る。
ようやく休憩。
ハンガー気味だったので、輝いて見えるぜ!
セブンイレブンがっ!
もう、お腹はチャプチャプで気持ちが悪いが
固形物を食っておく。
何食ったかって? マーボー丼。
買ってから気づいたが、めっちゃlowカロリーなんですけど…
ケツの痛みが尋常ではなく、我慢できるレベルではないのだが
我慢して進まないとアカン。
手でケツを触ると、体液がにじんでる… 痛いわけやわ…

そこそこ長居してここからはノンストップで帰るということでスタート。

やはり宇治まで戻ってくると、帰ってきた感があるな。

どこをどう走っているかわからんが京滋バイパス下を走っている。
1号線と合流するところに出たところで、左折車に巻き込まれそうになり
ワタシのみ、1号線を南下。

まぁ、淀川河川敷で合流できるやろうと、ノンキな考え。
八幡の御幸橋でみんなを見つけるが、信号のタイミングが悪く先行される。
ま、仕方ないかと。
この先合流できるとは思ってもみなかったが多分、橋本辺りで追いついた。
そこから、いい感じで進むが
ケツ具合は最悪。
ノンストップと言っていたが、ワタシが枚方で休憩したくて
皆さんにお願いして、枚方で緊急ストップ。
この時、PM7:00
ホンの少しだったが、いいリカバリーとなり
帰路へ。

河川敷は真っ暗だが皆、明るいライトをつけてるので走りづらいということもなく
速度もかなり穏やかで進み
毛馬まで。
ここから順次、別れていき
ワタシもようやく帰宅。

PM9:00でした。

家に入って、すぐにシャワーを浴びたいが
ケツがレーパンに張り付いてて
剥がす時の激痛が!!!
さらに、シャワーでしみるわで大変でした。

誘ってくれたhaikala君、飛び入りでも快く迎えてくれてtubiのみなさん
お疲れ様でした。
ほとんど前には出れませんでしたが
ありがとうございました。



もう、これほどのロングは勘弁してください…
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment