FC2ブログ
プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
今はMTBでトレイル走行を
プラプラと。
冬場はRUN多め。
写真撮りに行くのはめっきり減ったなぁ~。

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
神戸マラソン。
Category: RUN。  
さて、いよいよ本番の神戸マラソンだ。
ってこと。

神戸マラソンの週はあまりRUNらず、ジョグ程度で5kmを二回ほど。
あとは足を回しておくかと前日に散歩程度にMTBで舗装路を15kmくらい。
前日に受付をすましに神戸のポートアイランドまでいき
受付すますけど、大阪マラソンの時の方が販促は多いと思うな。
あと、屋台が少なすぎやろ・・・
パートナーからもカーボローディングということで
パスタを食べようってことで梅田に戻ってから店を探し
しっかり食って帰宅。

・・・・・・・・・・・・・・・・

当日。
始発ぐらいの電車に乗って西九条で
朝牛丼の並をしっかり食ってから会場入り。
トイレも多いんだが、やはりスゲー行列になるな。
ストレッチして、準備して、自身のクラスに並んで
スタートを待つ。

号砲はまったく聞こえんが、スタートしたようだ。

高知マラソン(龍馬マラソン)しか出たことがないんで
ここまでいきなり速度が上がるのかと、かなりビックリした。
高知ではスタート直後から散歩程度なんだが、
神戸マラソンはいきなりキロ4分少しでRUNりだされ、
まわりに流されそうになったが、なんとか自分のペースまで落とし
抜かれても自身の42kmをRUNりきれるだろうペースを鉄の意志で貫く。
途中から、猛烈に尿意がおそってきて
トイレを探すもなかなかない。
15kmくらいだったかな?ようやくトイレをみつけ飛び込み
おもらし回避。
普段の練習中から足底筋膜炎が発症してて
なかなかよくならず、練習は続けていたんだが
26kmくらいまでRUNっても痛みが我慢できる程度だったんで
この日も痛みはあるものの我慢できる。
ペースもキロ5:10~5:20くらいと、いい感じ。

折り返しもすぎ、ペースもいい感じ。
だが、足底筋膜炎が悪化し始める。
足首がくじいたかのような痛みになってきた・・・
26kmを過ぎるころには相当な痛みになり
パートナーもすでに足にマメができててかなり痛いだろうけど
RUNり続けている。

だが、30kmまでは我慢していたが
もう我慢のレベルではなく、尋常ではない痛みになり
とうとう、ストップ。
パートナーにも ”先行き” っていうも
先に行かず、励ましの言葉がこの時はイライラする。
パートナーもマメができててどれほどの痛みをこらえていたのか・・・
だが、思考は自分のことしか考えられへんようになってるぐらい
痛い。
尋常ではない。
リタイヤも考えるも、なんとか止まったり歩いたりしながら
35km、37km、40kmと進んで
どこかのエイドで、塩昆布を食ったら
猛烈な腹痛が襲ってきて足の痛み以上に耐えがたく
かがみそうになるものの、痛みがひくのを歩きながら耐え
なんとか腹痛はおさまってきた。おそらく胃腸が動かないほど疲労しているところに
濃い塩昆布の塩分と消化に悪い海藻を腹に入れたからだろう。
足の痛みはまったく治まる気配もなく
ポートアイランドにわたる橋の上では

泣きそうになる。

今回は余裕をもってサブフォーにっていうペースだったし
時計の余裕もあり、脚自体の動きもフルマラソン完走は余裕なほどだったんだが
この足底筋膜炎の痛みは我慢というレベルを超えた痛みになるとは
思いもよらなかった。

悔しさ?
情けなさ?
パートナーに八つ当たり?
沿道の応援?

なんか思考がうまく働かず
なんか涙が出てくるほど。

止まったり歩いたりしてるもんやから
筋肉がかたくなって、脚も具合が悪くなりだす始末。
あと二キロという応援が延々続き、
残り1km、あとちょっとと言う応援がひたすら続き
30km過ぎからはキロ7:00台まで落ち
ゴールゲートが見えてきた。

ゴール。

なんとか完走。
涙が出るのをこらえ、
なんやようわからん感情になるも
達成感だけは 相変わらず凄いものがある。

4時間9分(公式は)くらいだったと思う。
自分の時計では4時間7分だった。

あれだけ歩いて、止まってしまい
サブフォー達成できず。

パートナーには申し訳なさしかない。
途中、かなり機嫌が悪くなり
八つ当たりのような態度だったし
励ましてくれてるのに、つっけんどんだった。

つき合ってくれて
ありがとう。
一緒にいてくれて、助かったよ。

ゴール後、へたり込んでしまったが
荷物を取りに行き、着替えていたんだが
もうホンマに痛すぎる足首。
かちわり氷をもらったんで足を冷やして
なんとか歩き出せるくらいになって三宮まで戻ってこれた。

帰りの電車はすし詰めになりそうだったし
早く一杯やっつけたかったんで
適当な店に入るも同じこと考えてるランナーだらけ。

おつかれさん。

・・・・・・・・・・・・・・・・

高知マラソンでは補給に失敗し
ひどい、ひどすぎるハンガーノックに陥り
えらい目にあったんで
今回はしっかり補給をもってRUN。
マグオンも三袋をフラスコに溶かして
スティック程度のゼリーを二本、チューブのゼリーを二本をもってRUN。
こういう時は、自転車ジャージのバックポケットはひじょうに有用だ。
フラスコは重いのでバックポケットに入れると揺れるので
ウエストポーチにしまっておく。
神戸マラソンではエイドで補給はほぼ取らず
水かVAAMだけで十分だった。

ただ、気温が高く水をかぶりながらRUNっていたが
アームカバーが変に撥水がよくて腕にかけた水がはじきまくって
ぜんぜん、染みてこず冷えん。
体はベチャベチャになるほど水をかけて冷やさないと
暑くてのぼせる。
じっさい、だいぶ暑さでリタイヤした模様。

いろいろイイ感じだったんだが
足底筋膜炎が悪化したのは予想外だった。

もう達成感が半端なかったし
やるだけやってサブフォー達成できなかったし
もうフルマラソンはええかな。

もうでやん。

まずは足底筋膜炎をしっかり治癒してから
楽しむ程度にRUNろうかの。
年末のRUN会は足底筋膜炎の状態次第でRUNれるかどうか・・・
アカン時は自転車乗って参加する。

今回、写真はなし。

・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸マラソンの運営のダメな感じはないが
エイドが残念すぎるほど食い物がバナナしかないってどういうこと?
実際はいろいろあるんだが なぜかテーブルに並べていない。
前の方で走ってる人らはバナナだろうってこと?
きんつばとかあったん?
走り終わっての炊き出しが紙コップの1/3程度に入ったスープのみとか・・・
高知マラソンはエイドの充実は半端なかったわ。
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment