プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
王滝練。
Category: MTB。  
土曜日のこと。

前々から行きたかった王滝練。
山の駅でマスターが引率してくれる王滝練へ参加。
P9020269.jpg

定刻に集まりだすメンバー。
P9020270.jpg
スラム イーグル。
初めて見たが50t?やはりデカイ。切削が相変わらず凄い。隙間だらけ。

P9020271.jpg

P9020272.jpg
ラピエールのMTB。
リアサスに電気制御的な何かが付いてる。これは何?

P9020273.jpg
ムゥ・・・・・・
なにやらガチな雰囲気なのだが・・・
今までの王滝練レポートを読んでると、バチバチにやりあうことはないように感じたが
バチバチな雰囲気。

場違い?

一通り集まり、スタート。
コースをある程度説明されたが、わからないところが多いものの
ついて行く。
ロードで走ってる舗装路からこんなアプローチがあるのか!という道を進んでいく。
ワタシはまだ行ったことがない ”ある激坂” への道を進んでいくが
途中で未舗装の林道へ。
これがま~ガレてること。王滝はここまでガレてはいないそうだが
時々、リアの抜重ができていなく
”ガンっ” と、嫌なヒットをするときがあり
まだまだ下手糞だなと、もう少し考えて走らな
いつパンクしてもおかしくないな。

それにしても速い。
でもワタシ的にはいい感じの調子よさ。

P9020275.jpg
どこか。
サッパリわからんが
この林道が終わるとロードで散々通った道に出る。

なるほどここか。

とある激坂もここに出るとは聞いていた。
そこからすぐに林道へ。
激坂 激坂と聞いていたんで ”いつものトレイル” の登りが延々続くと思っていたが
あれほどひどい斜度ではないものの、十分以上に激坂でした。

しかも長い。

何回か休み休みして、ようやく下りへ。
これがまたガレ過ぎてて怖いねんけどー!
砂利が深い所が時々あり、タイヤが埋まってさらに怖いんですけどー!
なんとか下ってあるキャンプ場に出てきて自販機休憩。
ここのキャンプ場のスタッフが冷たい対応でワタシは閉口する。
隅っこにいてるのに邪魔やから買うたら出ていけみたいなことを・・・

どのあたりが邪魔と感じるんや?
客やないから?
そんなところやろうな。
どうでもいいが、ぬるいコーラが出てくるんですけど。

少し舗装路くだって、これまたロードで走ったことのある道に出て
舗装路を登り、アルところからシングルへ。
P9020276.jpg
乗って登れる斜度ではないんで押し進む。

乗って~・・・ 降車、押し~・・・ 乗って~・・・ 降車、押し~・・・
を、繰り返して
P9020281_20170905052333b79.jpg
こんなところに出てきた。

P9020279.jpg
空しか見えん。

P9020282_20170905052335884.jpg
見晴らしがチョウいい!

ここに少しいたが、風が冷たく体が冷えるほどだ。
まだまだ暑い日が続くだろうが
この日は汗冷えするぐらい、ここは気温が低かった。ガーミンで19℃だった。

さて下りましょう。

もう、これ道なん?っていうほどのガレ、荒れ。
倒木を乗り越えるとき、フロントはいい感じで乗り越えたが
リアが倒木に変な当たり方して、思いっきりリアが浮き上がってしまい
そのまま前転。

こけました。

この時はこけたっていうので早く立ち上がってどかねばということや
テンション上がってたんでどういうコケ方したか考える暇もなかったが
少し落ち着いてから
登りに入ると、右太ももに物凄い痛みが。
さらに頭が痛い。頭痛が半端なく、吐き気までしてくる始末。
心拍上がると、よけいに頭痛がひどくなり
ユルユルしか進まんが、登りなんで心拍はそれなりにあがるんで
頭痛はおさまらない。

なんとか登り切って、話していたが
やはり、こけた時 頭うって脳震盪をおこしていたようで
しばらくは運動したらアカンでということをいろいろ聞いた。

くだって、舗装路をスアーっと進んで山の駅に到着。

少し遅いランチをいただき帰路へ。
よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment