プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
レース後、考察。
Category: MTB。  
いろいろ思うところがある。
CJに出るためにはJCFに登録の必要がある。
そのために出費はあるわけだが、この金額には納得いかん。
だいたい、チーム登録の意味も分からん。
18237913_2122605984632814_1444244677822836196_o.jpg

まぁ、必要なのだろう。
が、高すぎへん?

朽木で、棚ぼたの二位となったが
ある人が足のふくらはぎにコンプレッションの何かを付けていた。
これはUCIのルールだとダメだと明記されている。
CJはUCIのルールではないのか?
独自ルール?
下位カテゴリーだとおとがめなし?だったら、昇級するのはなんで?
じゃあ、機材ドーピングもありなん?
となるわ。
だいたい、こんな見た目ですぐにわかるものなのだから
走ってる最中、スタート前に注意するべきじゃないのか?
18238130_2122605121299567_4023060206751766560_o.jpg

ずーっと前、10年以上前に広島でおこなわれた西日本チャレンジ(ロード)で
実業団登録クラスでUCIのルール適用から
半袖半パンと明記されているので
アームカバーやレッグウォーマーをスタート前に外させられていた。
三月初旬のくそ寒いのにだ。
ルール上、必要なことでこういうことをするんだろう。
というか、寒くても仕方ないこと。
プロなら付けている人らもいてるんだが
これは、どこぞに使用申請を出しているだとかどうとかと
伝え聞いたが、定かではない。

・・・・・・・・・・・・・・

レース前にFサスのエア圧を少し上げた。
これがいい感じにはまってくれて、登り下りと自分の力量以上の走りができて
サスのちょっとしたセッティングで乗りやすくなるのはMTBの面白い所だ。
DHだともっとシビアになるだろうな。
タイヤもレース後に洗車しチェックしたら軽くサイドカットしていたようで
シーラントが噴き出て固まった跡がある。
シーラントも強力になったノーチューブのレースシーラントに変えておいて正解だった。
ほとんどエア圧も変わらず、すぐに塞がってくれていた。
こういう、パンクリスク軽減することもレースなのだろうから
パンクリタイヤするもしないも自分せいなのだろうね。
ノムちゃんに組んでもらった車輪がかなりいい。
以前、リアだけ組んでもらい一年使用し続けたが
振れもでず、スポーク折れもなくホイールトラブルはなし。
ガッチガチにしてというオーダーで組んでもらったが
とくにフロントがいい。今までボントレガーのRLを使っていたが
ヤワイので、回頭するにも登るにもタルかったんだが
わかりやすく良くなった。
しかも、軽い。
ただ、リアハブはXTRにするべきだった。
軽さだとか、回転の良さだとかより
ノッチの多さが魅力だ。1~2万高くなるが、そうしておけばよかったかな。

・・・・・・・・・・・・・・

18359074_2122633944630018_7327351360117318651_o.jpg

CJ朽木でワタシ自身、最終戦と思っていたが
変に昇格してしまったんで、もう一戦か二戦でようかと。
予定は秋の富士見と湯舟。
来年、出るかな~・・・


写真は © Sumpu さん。
撮っていただきありがとうございます。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment