プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
京都ゆぶねTOPEAK MTB LAND 4時間耐久 ゴール編。
Category: MTB。  
つづき。


スタートは最後尾だったんだが
そこはXCレース経験してるんで、抜けるときに抜いておき
スルスルと舗装路では上がっていくが、XCのようなガチスタートスプリントみたいなことはしない。
案の定、シングルに入った途端渋滞発生。
これは仕方がない。
レースなのに、我先にっていう人がおらず
行儀よく並んでピークまで押し歩く。
ピーク後は抜けるところでしっかり抜いておき、前へ。
まずは3周してパートナーと交代。
パートナーは2周してもらう。

IMG_2010.jpg
交代するときはやはり心配だ。
遅すぎへん?
こけたんちゃう?
とか、不安な時間がたつが交代。
ただ、思うのは交代するときに
何のロスもないのはどうかと思う。どっかのレースではチップはないけど
ライダー交代するときに、リストバンドを交代しましたって意味でコースを走っている人に渡していた。
こういうこともなく、まさかないとは思うがコース上に同じゼッケンが二人走ってるとかないか?とか疑ってしまうレース運営はどうかね?
チップまでとは言わんが、チームで走るにはロスさせることも必要だと思う。
ソロで走っている人に気の毒や。
コースもやはり難易度が高すぎるシングル登りはどうかと思う。
押し歩いてる人がほとんどだ。少し押し歩いてすぐ乗れるような所だといいが
舗装路からの登りはピークまで押しっぱなしというのは考えてほしい。
距離は一周の距離は伸びても難易度がかなり下がる最外周のほうがええのとちゃう?と、感じる。
正直、池田祐樹選手を負かせるようなコースレイアウトにしたんちやう?と疑ってしまう。
ここまで難易度上げてしまうと、だんだんエントリーが減るのとちゃうか?
ま、運営がどう思っているのか知らんけど。

DSCF0305.jpg
ときどき、応援してもらい嬉しい。
だが、最後4時間立つころにはフラフラだ。
最後、一周でも多くと言うことにならんように
登りは全押しという時間稼ぎをしたにもかかわらず
3分前に通過・・・
もう一周・・・ すでにココロはボキボキに折れているので
登りは押しっぱなし。
IMG_2033.jpg

DSCF0335.jpg
フラフラでゴール。
結果は混合チームで4位だった。
パートナーもこの苦しいコースにかかわらず
頼んだ周回数をこなしてくれた。
ほんま、体の疲れ方は相当なものだ。

写真は仲間に撮ってっもらった。


XCシーズンに入り、いい感じで走れアンヨ具合も例年にないほどいい感じだ。
次戦は菖蒲谷の耐久、その次は菖蒲谷のXC予定。
さて、ユルユルいきますか。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment