プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
菖蒲谷トレイルジャック HC編。
Category: MTB。  
朝早くから出かける準備をしていた 1月3日早朝。
だが、時間を読み違えて時間ぎりぎりに現地入り。
少し焦った。

IMGP0671.jpg
この寒い中、集合が山の頂上。
いきなりのヒルクライムは下り切ってからのスタートとなる。
路面は朝露だろう濡れている。

手作りレースなのでグダグダ感はあるものの
普通にスタート。
なのだが、予想通りヒルクライムonlyのレースと混合で一斉スタートとなった。
コースプロフィールとしては十三峠と一緒な感じ。
いきなり12%の激坂から一気にふるいにかけられる。
マークしていたのはMTBにスリックタイヤの中学生。
速い。
MTBでもなめるわけはない。なぜならば、愛媛のにっしゃんにブロックタイヤでボロ負けしているからだ。
なめれるわけがない。
まわりはMTBがどうのとブツクサ言っていたが、マジ速い。
結局、40秒ぐらいやったかな?千切られた。
ワタシは時計勝負ではなくポイント制なので着順のみが大事なのだ。

って、いうてもトレイルジャックは5種目ありそれぞれの競技の着順でポイントが決まる。
ワタシはチームで出場していたのだが、すでに優勝が決まっていた。
なぜなら、一チームしか出ていないのだ。
やる気がモノスゲーなくなり
登ってる時は一所懸命風。
IMGP0700.jpg

IMGP0707.jpg
ケッコウ、余裕残しでゴール。
マークしていた中学生を追いかけようともしなかったし
やる気がねぇ・・・・・

まぁ、トレイルジャックの競技内で楽しめばええかと切り替える。
それにしても、久しぶりのロードレースだな。しかもヒルクライム。
時計は悪くはなかった。

次はショートダウンヒル。
スゲーコースだったよ。

つづく。


PENTAX K-3Ⅱ
PENTAX-DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment