プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
ヒモXTR M9000。
Category: MTB。  
たまには機材の話。

トレックに11s XTRを導入したわけだが
自己満足に外ならんのだが
まず、電動はアクオードさんところのMTB走行会時に
のさせてもらった時に気づいたのが
リアの変速に人差し指シフト(2ウェイ)が、ない。
押し込む感覚がまさにボタンになり、どうにも違和感がある。
まぁ、どちらも慣れの問題だが
人差し指シフトはワタシにとっては大事なところ。
ポジションだとかの話になるので、ハショルが
やはり2ウェイは必要なのだ。
それと、とくに電動の必要性が感じれず
ヒモに。
ただ、何べんも書くがトレイルに入って転倒。
これはよくあることで仕方ないところだ。
で、そのときエンドを曲げてしまったら、電動なら調整で何とかって出来やんやろうし
ヒモなら何とか変速できるだろうっていう調整がそのときできそうやし。
ってことも考慮しヒモに。
だが電動はインジケーターがついてるのでハンドル周りにメカメカしさが加わり
なんかこう・・・ わかる?感覚的というか単純にビジュアル的に
おおーってなるのがいいのだが
とくにイラン。

さて、使用感。
クランクは165mmのトレイル使用のXTRだ。それにダブルとした。
やはりチビには165mmがちょうどだ。それと、自走でトレイルに向かうのでダブルなのだ。
F/Dにはチェーン脱落防止のギミックが加わりシマノのマジがうかがえる。
ただ、以前のXTRはどうなのかは全くわからんのだが。
R/Dにはもちろんチェーのバタつきを抑えるのとチェーン脱落防止にスタビライザーがついているのだが
10sXTよりキツメになっているようにも思う。
レース一本、そこら走行、トレイル走行での感想。
変速に関しては10s XTとそう変わらんな。
ただ、調整が見事なノムちゃんとこでやってもらってるので当たり前。

以前のXT調整は買ったところはアッコだが変速がすこぶる悪かったんで
見てもらったが、何ともならなんだんで他所にもってって診てもらったら
おそろしく普通になって2年未満だがほぼ無調整、noトラブルでした。

変速が軽くなったか?というと、もともとのXTで不満もなく
とくに軽いってことはない。たぶん、そういうことを気になる人は電動にしなさいとのシマノの販売戦略なのかな。
11s になってロー側に40Tという巨大なギアが追加されたが
「ダブルやったら使わんやろう?」ってことをチラホラ言われたが
あったら使う。というか、40Tチョー良い!165mmクランクと相まって尚更便利ギアになった。
ブレーキはXTのままだが、ブレーキに関してはXTRの使用感はサッパリだが
XTでまったく不満がないので交換しなかった。
が、ispec2になりシフターの取り付け方法がかわり
レバー部のみごっそり交換となったが、グレードはXTで。
もともと不満もなかったが、M8000のブレーキになったところで違いはさっぱり分からん。
ただ、シフター位置調整が以前のispecよりはるかに調整しやすくなった。
ヒモシフターは2ウェイなので前後とも人差し指シフトが可能。
ただ、不満がある。
リアの変速に人差し指で一気変速ができなくなった。
これはまいった。
親指では一気変速できるんだが、人差し指シフトはまさかの一個ずつとは・・・

で、結局のところ
10s XTから 11s XTRになったところで
40Tと165mmクランク長以外特に感動もないし速くもならん。
コンポ変えたぐらいで速度が上がるわけもないが
変速性能うんぬんは雑誌ライターのように感性が鋭い人にはわかるんだろうが
ワタシにはサッパリだ。
だが、それだけシマノの完成度は以前からすごいということだろうな。

ただ見た目だけは良くなった。
あと、自己満足感は凄いもんだな。
DSCN2385.jpg
今日は一日雨模様。
さて、なんしようかの。

ニコン coolpix P310

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment