プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
考察。
Category: 呑み。  
合同練、模擬レースのラップ。

1 2:07:27.7
2 11:00.0
3 11:53.0
4 10:59.0
5 12:00.0
6 12:04.0
7 12:33.0

一周目は自走からの一周目なので参考にならないが
2周目以降はリアル時計だ。
トップから落ちた5周目からは我慢して踏ん張っていた時計。
3周終わりまではやはり超人的な速度域だった。
2周目、4周目の平均速度は38km/hを上回り
12分台に落ちると、平均速度は35km/hまで落ち込む。
ただ、心拍は最終周までそれほど落ちてもいないし、上がりすぎてもいないので
しっかり上げれていたなと。
power meterとかあればもう少し突っ込んだデータが得られるんだろうが
そこまではワタシには必要なし。
そのうち、なんちゃってpower meterのパワーキャルでもつけようかと思う。
精度はともかく、目安なだけでね。たぶん導入せんやろね。

一周あたりの獲得高度は90mを少し切るぐらい。
ワタシ個人の欲をいえばもう少しラップが落ちて獲得高度100mぐらいの周回があればいいなと思うが
そうなかなかね・・・
だが、このコースはしばらくの間はトップ連中とある程度ついていけるので
参考になる走りを観察でき、後で反省材料として得るものが大いにある。

今回、E1連中と走ることができたのはひじょうにラッキーだった。
走るスタイルとしてワタシがイメージしているのは
N村さんのスタイルだ。
ギアをかけて、ぶれずに回し、上げ下げにも ”力” で対応している。
このスタイルに酷似しているのがマツケン君だ。
やはり圧倒的な出力というのは必要であり必須だと思う。
当然、競技として一瞬だけっていうのも必要だが
高出力を維持して走れる ”力” が必要。
これに伴う練習はいろいろあるだろうが
ワタシなりに今やっていることが
自分の最適解になっていると感じている。

無羅王様に
”シマウ魔さんってそんなに走力あったっけ?”
と、言われるほどにはなってきているので
今の練習は合っているんだろうな。

up hill onlyの競り合いではない
今回のような上げ下げが発生するロードレースでは
今の練習があっている。
どのみち、MTBは上げ下げがとんでもないレベルで周回するので
負荷と強度、エンデュランス能力がもっともっと必要なので
そのうち、練習内容も変わっていくだろうけど
現状は今のまま。テクニックはもう今更感がありまくるので
ある程度の能力だけでソコソコ上位に入れるように頑張るだけ。

今年の夏は暑すぎるので
土日は暗いうちの早朝に家出して気温が上がり始めるくらいには
練習上がるぐらいでいいかな。
トレイルも行きたいところだが
暑すぎるのと虫が耐えれんほど多すぎる。
AVEL連中誘って早朝練したいところだが
付き合ってくれる連中やろうかね…
夏の間は誰かと競り合えるような練習がしたい。というか走りたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


練習後はこの日一緒に走ったメンバー達と昼呑み。
DSCF1799.jpg

DSCF1800.jpg
京橋のグルペットというお店で。

DSCF1802.jpg
やはりビールから。

DSCF1804.jpg
集まったところで乾杯。

AVEL連中はどいつもこいつも遅刻。

話しが大いに盛り上がり
ひじょうに楽しかった。
AVELの”会議”という名の呑みとは違い
自転車の話には事欠かなかった。
みんながみんな、向上心の塊ということが
なおさら感じ、敵わねーな。
だが、引っ付いて行けるぐらいにはならんとな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回の呑みは参加したらあかんこととなってしまう事象があり
残念だ。
なんでかって?あっちでチラリと書いたこと。
おおちゃんに ええかげんにせーよって釘刺されたので。

練習には行きますよ。
予定がかぶらなければね。


Fine Pix XP70

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment