プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
純度、濃度。
Category: 自分自身。  
DSCF1586.jpg
夜舞で久しぶりにジョアる。
風はほぼ吹いてなく、逆にツライ。
だが、一周あたりのラップは良い。
ここ最近、ラップがいい感じで乗れてきている… と、思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


練習。
この方が書いていることはよくわかる。
だが、質問した方の言い分や言いわけもよくわかる。

確かに、
”本気” というなら泥臭いこともやらなあかんとは思うが
どこかで線引きができてしまっている。
伸びしろや
調子を崩して元に戻す時間は人それぞれで
少しの努力で伸びたり、調子よくなったりと羨ましい身体能力の方や
そうとうやりこまないと伸びなかったり、なかなか進んでいるようには感じなかったりするものだが
この方が後半で言っていることがひじょうにハートに刺さる。
練習の濃度が上がれば人との温度差が広がり
練習の純度(頻度?)が上がれば人との付き合いが冷める。
だが、手に入れたいものが何なのかを思うと
何かを犠牲(大げさだが)にしないとあかんわけで

”我慢する”

”制限する”

とてもじゃないがワタシにはできないが
ある程度はやっている。
このある程度が人それぞれなんだろうな。
正直、身近にいてる人でFJT君の努力具合は半端ないと想像できる。

ただ、やっている人間にたいして馬鹿にする発言を聞くと
当たり前だが腹が立つ。 ※アイツなんだが(ここでは書けん)
やっている人も隠れてやっていたら
やっていないように思ってしまうが
レースの結果で見ていれば努力してるんだなとよくわかる。
やはり、人の練習日誌的なものをブログやSNSで見かけるとやる気が起こる。
だが、やる気が起きるだけではダメなんだろう。
制限、制約をともない努力することだろうな。

鋼の錬金術師で

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない
何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる
それが、錬金術における等価交換の原則だ

と、いうセリフが出てくるが
うんうんと、うなずいてしまう。ま、錬金術はおいといて
代価(制限、制約)を払わんと努力が買えんということか?
得るもの(勝利)が欲しければ代価(努力)を払わんとイカンということだろう。
なんにせよ、
速い、強いという人たちは
泥臭いことや、尋常じゃない練習時間をついやしている(SNSやブログでしか知りえんが)

ただ、
少しでもやってる人を馬鹿にするな。
お前に言うてんねんぞ!
まったくやってない奴が
やってる人を馬鹿にする権限はない。
やってる人も少ししかやってない人を馬鹿にする権限もない。

お前が言うたらホンマに腹立つんじゃ!ボケっ!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment