プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
渋滞と逆走。
Category: MTB。  
金曜日、ものすげー事言われて
さすがに機嫌が悪くなり
仕事ほっぽって帰ったった。
まぁ、帰るまでに なだめすかされていたんだが
頭にきすぎてメマイするほどだった。

結局、頭下げてくれた人の顔を立てて日曜日に出勤なんだが。

土曜は晴れるから休むんぢゃい。

で、ホンマは日曜にAVELのみんなでグリーンピア三木に行くはずだったんで
走りたくて仕方なく、車に積んでGO!

で、さっそく阪神高速の渋滞情報・・・
家から400mも進めば乗り口があるんだが電光掲示板で
阪神高速渋滞14km
とか表示されていたので
仕方なく、福島経由で行ったら中国も
渋滞12kmとか・・・
帰ろうかとおもたが宝塚まで176で進めば渋滞回避できんちゃう?って進んでいたが
まぁ、似たような考えが多いんだろうな
渋滞・・・
やれやれだぜ・・・
本気で帰ろうと思いだしたが宝塚から中国は快適に進み
9:30すぎに到着。

もうすでに ”なんか疲れた”

さっさと準備。
DSCF1389.jpg
めっさ早く準備完了。
この方たちもいてたので混ぜてもらおうかと思ったが
今日は一所懸命走ろうって決めてたので無駄に頑張る。

いきなりの激坂は久しぶりすぎてギアが合わずに足つき・・・
路面も乾燥しすぎててリアの食いつきがいまいち。
ローラーばっかりと、登りの技術がそれほどいらない ”いつものところ” ばっかり走っていたので
リアのトラクションのかけ方が下手くそすぎる・・・
ちょっとしたミスが多く、ちょこっと足つきがチラホラ。

午前中、大周回を3周と小周回を1周。

ラップは以前よりかなり速くなっていてびっくりする。
時計は秘密だが。
ただ、油断とイケイケで下っていたら吹っ飛んだ。
文字通り、吹っ飛んだ。
DSCF1393.jpg
気に入っていたタイツが穴あいちゃった。

午前中、攻めすぎてかなりしんどく
もう帰りたくなったが
DSCF1392.jpg
昼にする。

DSCF1391.jpg
午前中だけでここまで泥だらけ。

DSCF1390.jpg
今日は盛況でいっぱい来ていたが

逆走がめちゃくちゃ多い!

外人さんばかりが逆走してくるんだが
貸し切り状態ならいざ知らず
今日は多い!そんな日に逆走はないやろ!
すれ違う時に言うたんだが(当然、日本語で)わかってるのか?
受付でシ○ノ(自転車部品のトップシェアの会社)の人らも来てるって聞いてたんで
そのグループばかりがコース内を好き勝手に走り回っているようだ。

管理コースはトレイルちゃうぞ(怒

まぁ、こんなこと書くのはこっちではめったと書かんのだが
ひどすぎる。

午後から中周回を2周と大周回を1周。

この中周回が休むところがなくめちゃくちゃしんどい。
昼からっていうのもあるが
へばり方が半端ない。
大周回は距離は走るが休めるところもあり集中力も続くんだが
中周回はやたらテクニカルすぎるのとアスファルト区間に出ないのがパンチ力ありすぎ。
しかも、休めんのに激坂がすぐ来るし。
午前中、攻めすぎて午後からは集中力が恐ろしいほど下がり
グダグダだった。
午前中、吹っ飛んだが午後も吹っ飛びそうになったりしたが
怪我なく終了。
途中、サイコンが反応せずにいたが
表示のみだと31km
おそらく、36kmほどのはず。

いつものところを走るのもいいけど
やはり、三木はMTBの魅力を大いに感じれるコースだ。
初心者にはむづかしいだろうけど
これぐらいの難易度があったほうが楽しいで。
ゆるゆるのコースは最初はいいが、すぐ飽きてくる。
三木は超えられへんギミックも何回かチャレンジしたら超えられるようになったり
チャレンジする箇所が多く
みんなでギャーギャー言いながらチャレンジするのがMTBの楽しさのひとつやと思うし。

コースも整備されててかなり綺麗になっていた。
近いうちにAVELのみんなで来ようかの。
69onもどうや?

DSCF1395.jpg
午後からさらに泥だらけになったが
綺麗にして帰る準備はダラダラしながら帰路に。

神戸方面から帰ろうと思っていたが
またも渋滞表示・・・
中国からボチボチ帰り、帰宅。

RUNに行くつもりだったが、疲れすぎてて
もう動きたくない。

さて、一杯やっつけようか。


Fine Pix XP70

・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに重い荷物を背負わんと走ったが
あろうがなかろうが、あんまり感じなかったが
ラップが伸びていたのでそれなりに重し効果はあるんやろうな。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment