プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
軽量化。
Category: MTB。  
コメンサルをイジル気にはならなんだんだが
今年に入ってからのMTB熱が自分でも異常なほど燃え上がっているのと
トレイルでは26インチが楽しい!こけても頑丈なコメンサル!フルサスが気持ちいい!

ってことで、15kg程あるコメンサルは押し担ぎがツライので
少し軽量化しようと目論む。

走りも軽くなる車輪とタイヤを考察。
1:安い
2:軽量
3:グリップする(路面条件を選ばない)

で、
画像 002
車輪は XT をチョイス。
タイヤは GEAX BARRO mountain TNT
にした。

ディスクとスプロケも一緒に購入。
ディスクはセンターロックなので、トレックの予備的な意味もあり
シマノのXTをチョイス。
これが車体に車輪をはめたとき、まさかキャリパーと干渉するとは思わなく
あれこれと悩ませてくれましたが
なんとかなりました。

これで、次回購入するのがキャリパーとブレーキレバーが決定。
効きも悪かったし、いい機会かなと。
シマノにするとスモールパーツの入手も楽になるしね。

そんで
画像 004
ちょっと前に手に入れたエアサス。
KOWAのやっすいの。
これがよく動いてくれてひじょうに気持ちのいいものなんだが
100mmの割に60mmほどしか可動してくれない。
サスの中身を何かしらせんとアカンのやろうか??
教えてー!

で、
画像 003
手元にあるシートポストでさらに軽く。
もともと付いていたシートポストがかなりの重量だった(350gあたり)
で、これに変えると160gほどなので200gは軽くなる。
ただ、オフセット0mmなので乗車姿勢が変わるのがどうかなって思っていたが
ワタシは鈍いのかそれほど違和感なく乗れる。
正直なところ、もっとサドルが後ろのほうが乗りやすいのだが…

テキトーテキトー。

そんで、写真はないけど
クランクも変えました。
もともと付いてたのがBB込みで1250gほど
今回導入したデオーレはBB込みで1020gほど
200gの軽量化。

これで実測、約13.2kg程になりました。
バネ秤なので正確ではないけど、約2kgの軽量化となりました。

あと少し軽くするには
ハンドルとステムぐらいか。そのうち手に入れるだろう。
なんとか13kgを切るようにはしたい。フルサスで13kg切れば十分軽量だと思うんだがなぁ~。
フレームをハードテールのカーボンにしたら軽くはなるが
フルサスではない。
トレイルで使い倒せない。
こけて割れると泣くに泣けない。

これでは本末転倒。
気が向いたらハードテールの鉄かアルミにはしたいとは思っている。
悪魔で気が向いたら。
画像 001
トレックの軽量シートポストのヤグラが使い物にならなく
重量はあるが、しっかりしたものをチョイス。
調子幅があり、頑丈、重量はできるだけ軽いもの、27.2mmで400mm以上のもの。
で、レースフェイスのナニカにした。
サドルの調整がかなり楽。この機構はいいものだ。
だが、一度決めたらそうそう動かすこともないんだが…
家の前を走ってみたが、シートポストの剛性感が鈍いワタシでもわかるほど
しっかりしていた。
これもオフセットが0mmなのが残念すぎる…
だが、コメンサルでもそうだが大した問題ではないのだよ。
残念すぎるというのは、100gほど重量化してしまったことか…

チューブレス化と合わあせて
トレックは9.7kg程になりました。トレックは、もうやることねーなー…
正直、軽量車輪入れたところでそれほど軽くなる気せんし
XTRをフルコンポ換装したところで、300gほどしか軽くならんものに20万ほどを、よーだせん。
XTで十分なパフォーマンスを得ている。
だが、電動XTRは手に入れるつもり。
フルコンポではないけど、必要なところだけだが。
目指せ9kg切りは悪魔で目標。
なんとかなりそうやねんけどなぁ~…
軽量化には銭がいる。


COOLPIX P310

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment