プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
八幡浜XC J1。
Category: MTB。  
ようやく更新。
行ってきました。今年の集大成となるべく、大一番の八幡浜XC。
とはいえ、MTBをやり始めたのが
ほぼ今年の元旦ぐらいからなので、まだ5ヶ月ほどだが。

金曜の残業から高速すっ飛ばして愛媛県入り。
土曜はゆっくりしてから八幡浜に向かう。
春頃に一度試走に来てはいるが、力一杯、腹一杯走った感はあったようななかったような…
だったので、前日試走はしっかり走るつもり。

だったんだが、
受付すまして
画像 006
ゼッケン取り付けて
コースイン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像 012
試走で死相が出る始末。
こんなにしんどかったっけ?
二周だか三周だかして、キッズレース見てたり
山鳥レーシングの方に挨拶したり
画像 008

画像 007
会場の準備見たりして時間を過ごし
ホテルに移動。
晩御飯を軽くのつもりで呑んだくれるわ、食いまくるわでレース前日の準備は万全。

さて、
画像 013
朝の試走をすまして、いよいよグリッドに並ぶ。
八幡浜からは、今年の獲得ポイントでグリッドが決まるようで
ワタシは20番目くらいで三列目だった。

さて、スタート。
相変わらずいきなりのドッカン落車。
顔面の真横付近をバイクが吹っ飛んでいく。で、もたついていたら
かなり後方に追いやられていたようだ。
「後ろから数えたほうが早かったで」などと後で言われた。
ま、しかたないので追い上げる。
シングルに入っていきなりの長い下り。無茶な追い越しかけてくる奴もいたが
軽い上りでとっとと抜いて斜度の上がる上りで結構な人数を抜いて平地も踏み踏み。
桜坂でも結構抜いて
恐怖万点の下りは慎重に落ちて?舗装路の登りは後半に行くにつれてペースを上げる感じで登坂し
ゴジラの背中は慎重に。
そこからはとくにムツカシイところはなく、一周目を消化。
この頃にはほぼ単独となり、何位だかわからんが
それなりの順位だったようだ。
二周目に入り
長い下りで山鳥レーシングの方がすっ飛んでくる。
下り速すぎ…
テクニックとラインを見ようとちょっとした上り返しで先行してもらうが、あっちゅー間に先行され
参考にもならなんだよ。
だが、上りでなんとか先行し
桜坂~ゴール付近までは一周目と変わらん内容。
三周目の長い下りも単独だったが 
またも山鳥レーシングの方にあおられる始末。
ワタシの下りスキルはとんでもなく下手なようだ。わかってはいたが、ここまでとは…
正直へこむ。
こけたくないので、慎重には下ってはいたんだが
追いつかれてあおられるとは思わなんだよ。
あとは、二周目と同じ感じだったが
後ろから猛追してくる人がおり、そこはロードの練習でもやる
後ろチラ見して距離を見切って
追いつきそうで追いつかないように
イヤらしい走り方をしてゴール。

結果 14位(72人)

ま、こんなもんでしょう。
例年なら2周だったはずが、今年は三周。朽木の時はレース中(しかも終盤)に周回数が増えるというとんでもない展開だったが
今回はスタート前から三周と告げられてたので
準備も万端でした。
朽木の時、足が攣り大変だったので梅丹の2RUN投入しスタート前に金梅丹を飲んでいたが
二周目後半で足が攣りかけてたので(2RUN飲んだのに)
もう一度、金梅丹を飲み気合を入れ直し
足攣りもおさまる。
なんといっても、補給がうまくいった。朽木の時は、補給は要らんとなめてたところがあったが
今回はしっかり補給したら
心拍も高位で推移して激ダレすることもなく、走りきれた。
どこで何をとるかは、以前
門田プロ(GIANT)に聞いていたのを参考に自分なりにとってみた。
一時間ほどだが、やはりワタシには補給は必要でした。

課題は下りをもう少し上手くならないとあかん。
バンクのついたカーブが兎に角、下手。
速度とバンクの使い方がよくわからん。
カーブでやってはあかん
上半身に力が入りすぎていることも原因なのだが、
正直、下りは怖いんよ。
上半身に力が入り、二輪の旋回がおきない。自然と曲がろうとする車輪を上半身(特に腕)に力が入りすぎ
曲がりきれないという事象がおきまくる。
脳で理解するが体が反応、対応しない。
こればかりは慣れと反復練習しかないわな。
BMXのコースに行って練習するしかないか。

レース後は
画像 022
プロチームの雰囲気見たり
画像 021
屋台や出店を見たり
画像 017

画像 020
白バイ乗ったりして

画像 024
エリートを少し観戦。
にっしゃんのバイクはいつ見ても
小さすぎるような気がするんだが。


ワタシのJシリーズは もうひと段落しました。
三木はどうすっかな?
来年もこのクラスで走ることになるやろうね。
実力から言って このクラスでええねんけどね。

久々にロードレースにも出たくなってきた。


八幡浜のエリートレースでチェーン切れがにっしゃん含め数人いてたが
MTBではバイクチェンジは違反なのか?プロチームですらスペアバイクを用意してないし…
正直、にっしゃんにワタシのバイク貸して一周回ってきたら修理完了した自分のバイクに乗ってもらおうかと
瞬時に思いはしたが
ルール違反かもとも、瞬時に思い何も出来ないもどかしさがあった。
クラスが上がるほどバイクの不具合でリタイアの可能性が増えるので
フィードゾーンで補給含め手伝ってくれる人がいてほしいと感じる。
ま、ワタシはパンクごときでリタイアしましたけど。


COOLPIX P310

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment