プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
迷子の日曜日。
Category: MTB。  
前日の高強度練(自分比)でアンヨのダメージは相当なもの。
だが、朝早くから出発。

トレイル入る前に空気圧を減らして(家出時は4bar)
トレイルin。

いつもと違うルートに突っ込んでいく。
先行者がいてたので着いていくが根っこなどのギミックを軽々こえていかれ
ワタシはちぎられた。
やはり初めてのルートはビビる。一人でトレイル入ってるので
無茶して崖下に瞬間移動だけはしてはイカン。
誰も助けてはくれんので。
所々にハイカー用の案内板があり、迷うこともないやろうって
ズンズン進んで行ってたら
道っぽいのが完全に無くなった。
進んでるうちに、なんとなく思っていたが…
だが、山の中の景色はなんとも言い様がないほど景色だった。
天気もよく木漏れ日の中でMTBを走らせる(担ぎと押しばかりだが)気持ちよさは
なんとも形容しがたい。

なんとかわかるルートに出たが
Dな人達が落ちてきた。
いや、下ってきた。
ワタシは押してるor担いでいる。しかもシングルトラック。
普通に怖かった。
お互い様なのだが、このDな方々は挨拶、声かけが徹底しているようで気持ちのいい人たちだった。

ハイカーとの共存、MTB乗り同士の意思疎通、せまいルートでの優先、などなど
トレイルではまだまだ学んでいかないといかん部分がたくさんあるわ。

結構、迷ったわりに時間はそれほど経っていなく
いつものループを一周するが、ここまで押し担ぎと土曜の疲れから
全く踏めん。
日曜だが仕事にでなあかんこともあり、一周でトレイルから離脱。


帰り道、AVELの講習会に遭遇したので
仕事に出なあかんのに、まざって講義を受けていた。
途中参加なので、得るものが少なかったがいい経験だった。

帰りもみんなと一緒に帰り、途中で離脱。
そのまま仕事に出て、とっとと済まして帰宅。

クタクタになりゆっくりしていたが
行くぜ!呑むぜ!の連絡が入り
すっ飛んでいく。

土日とも久々にイッパイ、いっぱい遊びました。
この時期、自走でトレイル入ると持っていくものと装備を外し持ち走るためポケットの空きが必要なため
カメラは持って行かなかったので
久々に写真は無し。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment