プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
軽量化。
Category: 自転車。  
現在、トレックのシートポストが限界付近まで飛び出ている(あと15mmでOUT)
さすがに不安ではあるが、アメリケンなメーカーだけに大丈夫とは思うが
軽量化もしたいのと、ポジションと、もう少し長さに余裕があったほうが安心感はあるということから
画像 183
これ買った。
もう、シートポストの値段じゃねーよ。
現在のシートポストがオフセット0mmなのでこれ以上さげれないので
ポジションがイマイチだったので20mmバックのんを購入。
さらに、長さが400mmと長い。
気になる重量は
画像 185
公表値通りでした。
27.2mmですが31.6mmと全く一緒の重量だった。
これで100gほど軽くなった。
クランクブラザーズのんなので、なにやら破壊検査でもいい結果が出ていたようなので購買意欲も増し
”軽量” ”400mm” ”オフセット20mm”と、条件をつけると
ほぼ一択になってしまったのもあるねんけどね。

それと、
画像 184
サスポンプも買った。
ようやくサスのセッティングもできる。

もう少し軽量化したいところ。
現在、ペダル込みで10.1kgほど(バネばかりなので正確ではない もう少しあるかも)

COOLPIX P310



余談・・・・・・・・・・・・・
車輪を考えてはいる。 マビックのクロスマックスSLRにしようかと思っているんだが
やはり高い。
で、現在ボントレガーのレースライト29erを使用中。
この間から、どうにもヌルイという感覚だけなのだが
ちょっと相談しにあるところに行ってきた。
ほぼ問題もなく、こんなものだろうとのことだったが
後輪はちょっとイジっていただいた。
それはいいとして、チューブレスのことを質問した。

クリンチャータイヤをチューブレス化することをたずねてみたが
使用中にパンクしたら、一気にエアが抜けてビードが落ちるよ。って言われ
さすがにオソロシイのでそういうことはやらないほうがいいだろうと。
チューブレスタイヤとチューブレス(チューブレスレディ含む)車輪との仕様では
ビードは落ないだろうとのこと。
やはり、どちらもそのような状況を想定しているだろうし。
ただ、空気圧をどこまで落とせるかというので微妙と言っていた。
MTBに関してはネット徘徊してると情報が出てくるので参考にしつつ自己責任ということで
チューブレスにした時にはデータをとってみよう。FJT君ほど突っ込まないけど。
ロードチューブレスのことも聞いたけど、やはりメリットよりデメリットの方が今は大きいそうだ。
今後、どうなるかは…


毎度、拍手有難うございます。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment