プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
今はMTBでトレイル走行を
プラプラと。
冬場はRUN多め。
写真撮りに行くのはめっきり減ったなぁ~。

検索フォーム
QRコード
QRコード
山の駅。
Category: MTB。  
日曜。
山の駅へブーン。
の、前に中橋ローソンで待ち合わせて集合時間の1時間前には山の駅に到着。

今回初参加のHゑさんにシマウ魔教室で少しレクチャーしてから
みんなと合流しましょうということなのよ。
シュガー砂糖もHゑさんと一緒なので付き合ってもらう。
ワタシのアンセムadvance2を貸すのでサドル高といろいろ調整やらを合わせていたら
ちょろちょろやってくる面子達。
なのでシマウマ教室受けたい人も一緒にトレイルへ。
最初の登りで下る時のフォームを少しだけレクチャー。
とにかく、一番危ないコケ方にならないように
何回か登って下ってを繰り返し集合時間が近づいてきたんでトレイルout。

すると、F澤さんと会ったんで一緒に走りましょうってわけで
けっこうな人数でトレイルへ。

先週は冷えすぎて雪もかなり残っていたらしいが
すでに溶けてほぼないんだが
やはり気温は低いのでトレイルinしてもタイヤが汚れないほどカチンコチン。
路面が凍っているとはいえ、土が凍っているんでやたらと食いつく。
しかも汚れない。

しかし、このアプローチが一番しんどいかも。
P2040024.jpg

まずはパンプ広場まで押し上げ。
しばらくパンプ広場で遊んでから
Aを押し上げの分岐まで下りましょう。
今回初のHゑさんはもっと押し歩くかと思っていたが
見事にチャレンジして下っていった!

nice!

F澤さんが先導してくれるんでかなり助かります。
シュガー砂糖も山の駅は初なのだが、問題なく下れているようだ。
他のメンバーも久しぶりのトレイルでもなんなく乗車しているよう。

さーもう一回押し上げ。

今度はCを下って沢までくだりましょう。
途中、シュガー砂糖がmakingしてたようだが楽しそうだな。
ここでもみんな乗車できていたようで足ついたとかは聞こえてこない。
整備されててかなり走りやすくなったし、ガレ場がホンマ無くなって気持ちいい下りだ。

沢を渡ってA林道へ。
ボチボチ登り、最後の斜面でchallenge登坂。
ワタシは意外と登れるものだなと。

やっぱり軽さはジャスティス!

少しルースな路面ではドライバープロの食いつきはどうなのよと
思っていたが、意外と食うのね。
泥詰まりもあんまりしないし、泥抜けもいい感じ。
ただ、もう少ししなやかになってほしい。
タイヤがつぶれないからグリップ感が伝わりにくい。

登り切って
今度はBへ。
Bまでの下りが怖さを感じる斜度なんだが
これまた見事にHゑさんはクリアーしていく。
nice! challenge!
Bの下りですこし足をくじいた者が出てしまったが
これで最後なのでトレイルout。

山の駅で洗車機で洗車して着替えてから
山の駅のグルメで舌鼓。

久しぶりのI上君もなんなく?下れて
シュガー砂糖も怖がらずになんなく下っていけ、若いからこけてもわろてるし
登坂力もあるし、レースだとそこそこいけるんちゃう?
おじいは登りはさすがにへこたれるが、下りは余裕しゃくしゃく。
ミキティも見てて怖さを感じない見事なフォーム!
Hゑさんも最初はロード特有の前つぶれのフォームだったが
終わる頃には見てて不安を感じないフォームになっていた。このあたりは運動神経もだがsenseがいいんだろう。登坂力もあるしCJ出たらすぐにエリートやね。ま、女子は最下層から出場しても次戦ではエリートになってしまう人数なのがね・・・
もう少し増えんかな。シクロは多いくせに。
鴨は体重あるからもう少しサスのセッティングを煮詰めた方がもっと走りやすくなるで。
ナナミンはもう少しchallengeしよう!できる子やで!

F澤さん、先導ありがとうございました。

Olympus STYLUS TG-4

さて、ワタシのCJ参戦まで2ヶ月ほどとなり
少し上げていきたいところに体調不良。インフルエンザだったかも。
気温が極端に低かったり高温だったり、朝晩の寒暖差がおおきかったら
すぐに体調悪くなるんよね。
中年も後半に差し掛かってるからだろうな。

人間50。 それぐらいでちょうどいい。

スポンサーサイト


裂けた。
Category: MTB。  
土曜日。

いつものトレイルにいこうと向かうが
道中から舗装路の路面が濡れている・・・
いつものところは楽しめそうにないから
山の駅へ向かう。
少し遠回りになり時間もかかったけど到着。

チャチャッと支度してトレイルin。

A:旧DH
B:NDH
C:沢に降りるDH

ABCと三周はするつもり。
P2030002.jpg
周回に入る前の登りですでにこんな感じになってしまう。
押し上げするつもりだったが
やはりA林道からのアプローチにする。
FANトレイルに今までは行っていたが行けなくなってしまい
ショートカットとなる道を行くんだが
今まではガレ過ぎてて降りていたが
めちゃくちゃきれいに整備され、普通に下れる!
沢渡りも丸太が埋めてあり渡りやすい。
A林道をエッチら登るが、こんなに長かったっけ?
と感じる。
P2030003.jpg
登り切って下りに入ると
少し雪が残っていた。何かしらの足跡がある。
P2030005.jpg
さて、一本目のBを下る。
正月3日も走ってが走りやすくなっていて
気持ちいい!

またA林道からアプローチする。
はやっ!もう着いたって感じで登り切る。
P2030004.jpg
今度はCを下る。
楽しい怖い~。

沢を渡ってしばらく進んだところで
P2030006.jpgバッシュー!
っと、一気に抜けた。
パンクだ。
シーラント効かへんの??
何がなんやらわからん。そもそもタイヤが泥だらけで
その場で確認する気にならず
チューブ入れる気にもなれず
押してトレイルout。

寒い。

山の駅で補修しようと思うもマスター不在で
無念の帰路へ。

ナナハンのチューブもないので帰りに輪心によって
チューブを買い
帰宅してから修理開始。
チャチャッとチューブほりこみ・・・・・・・
空気を入れると・・・・・
サイドからニョッキリ顔を出すチューブ。焼きもちが膨れている様だ・・・

やばっ!
すぐに空気抜いて、タイヤブートを貼るものの
P2030007.jpg

裂けているんで補修不可能でした。
で、まぁ、いろいろあって
シュワルベのレーシングラルフを買ってきたんだが
これが・・・
デカイコンプレッサーないと不可能だわ。チューブレスレディ化できない。
しかたなくチューブドで。

重い。

輪心で何とかしてもらおう・・・

Olympus STYLUS TG-4

この日はいろいろ消化不良だった走行でした。
でも、晩は久しぶりに午前様で帰宅。
めっちゃ呑んだわ~。
記憶があいまいなんだがね。


宅配きたから。
Category: MTB。  
早急にいるかとかではないんだが
ちょっと欲しいものがいくつかできたんで
まとめてポチポチポチポチポチ・・・・・・・

その中で思いつきでポチった
P1290009_20180131174449f90.jpg
これ。
ボントレガーのフロアポンプに使うつもりはなかったんだが
トピークの方には取り付けでけなんだんで
コッチに着けてみようかと、不安ながらも外して取り付けてみた。
やはりチンチクリンではあるがなんとか取り付けれて
使用も問題ない。
ボントレガー純正のポンプヘッドもよくできているんだが
ここのところ差し込む時にちょっとコツがいるようになってきた。
パナレーサーのポンプヘッドに交換して使ってみたら
これがまた、使いやすいこと。
ヒラメよりいいかも。
ただ、超高圧にはどうやろうね?
10bar以上はね。
かなり使いやすことは確かなのよ。

P1290001.jpg
ようやく30tに交換する。

P1290004.jpg

P1290001.jpg
32tはクランク付けたまま外せたんだが

P1290005.jpg
無理。
30tはクランク外さな無理。

P1290006_201801311744302e6.jpg
めんどくさいなぁ~
でも取り付けな走れんわけやし
30tを試したいし。

しっかり取り付け、締め忘れがないかも各ボルトをチェックし
変速チェックもしておく。
ま、普通に変速します。
外で走ってみたいが、寒すぎる。

週末にガンガン走ろうか。

近いうちに おおちゃんに42tのカセットと交換してもらおう。

Olympus STYLUS TG-4


しかし、今年は寒いな~。



舗装路でパン。
Category: MTB。  
トレイルに行く気にならない日曜日。

P1280005_20180130054110509.jpg

P1280006.jpg
市場に行くんでやはりここからの
目覚めた俺っ!

少ないかな~って思うも
結構集まった。
ほぼ行かなくなった八時練に来たんで
アウェー感は否めない。
どこでもいいや~と思っていたが
帰りにはパンでも買って帰ろうとリュック背負ってきたんだが
なにやら八幡のパン屋に行くそうなので
ちょうどいいやと、ついて行く。

P1280008_2018013005481864a.jpg
毛馬で待ち合わせているメンバーとも合流して
淀川河川敷をプラプラ進むんだが
これがなかなかの向かい風で
意外としんどいのよ。
トレック(MTB)できてるんでなおさらだ。
前日の練習でアンヨのダルさは相当なものだ。

枚方の医大があるところで小休止するが
ローディの多いこと。

樟葉あたりで車道に出て松井山手方面へ。
久しぶりすぎる八幡あたりにきたが
男山の登りも久しぶりだな。大した斜度でもないんだが
アンヨがいい具合に披露してるんで
しんどいわ。
そこから少し進んで到着したが
これがま~人気があり過ぎるパン屋で
物凄い人だ。
P1280010.jpg

P1280011.jpg
けっこう買い込み、イートインもできるので
ピザパンだけ食って外へ。

さっぶ!!!

外サブイ!
冷え切る前に帰路へ。
帰りも来た道引き返してプラプラ走って
各々、散り散りに帰宅していった。

それなりの距離になりMTBで80kmこえると十分疲れが出るわ。
ペースうんぬんより、走行時間が長いとやはりしんどいものだ。

Olympus STYLUS TG-4

今週土日はトレイル行けそうだな。
土曜はアゲアゲで乗れるかな~。
そんな気分になるかどうかが問題だ。



タイミング悪いな。
Category: MTB。  
山に行ける気がしない土曜日。
トレイルも真っ白らしく
facebookで状況あげてくれているのはたすかる。
なので舗装路でも走るかと窓を開けて外見たら
雪っ!
出る気失せたわ。
で、グダグダやって
10:00過ぎに家出。
なみはや大橋でダッシュ練すっかとなみはや大橋に到着。
一本目と気合を入れて登り切ると大正側でシニアリーグの少年らが
坂道ダッシュしまくってて
こりゃー無理だなと、あきらめて堺浜まで行くか。

P1270001.jpg
寒い、風キツイ。

ぼんやり5周しようかと周回始めると
前の方で(300mほど前方)列車が見える。
まぁ~離れていくやろうとおもとったら、離れもせんし
むしろ近づいてる・・・
(-ω-;)ウーン 追いつく気はないんだが信号ストップで追いついてしまった。
なにやら大学生か高校生の集団らしく
サポートカーがついて走っていた。
抜いていこうにもいい感じの速度なんで前に出れん。
ただ、後ろにいてたら楽すぎてどうにも・・・
これは追いついてしまったからしかたないんだが
離れりゃいいんだが、なんとなくね。
追い風になる直線で前に出たら向かい風区間で抜いてきた。
これがハッパをかけたのか先ほどまでのペースではなく
あきらかに上がってきた。

しめしめ。

いい感じの強度まで上がってきたんで
後ろに着かせてもらう。
インナー固定練なのかアウターにはかけずにずっと走っていたんだが
見てた感じ、すっぽ抜けたギアで走っててもどうやねん?
という感想。
ワタシはギアはかけてもがいた方がええような気がするんだが
まぁ、彼らの練習なのでいいのだろう。
だが、インナー練なのでついていけるんで
ワタシ的には助かる。
彼らのインナーよりワタシのアウターの方がちっこいんだがね。
列車の前の方は安定した走り方なんだが
後続の動きが怖いのなんの。
突然片足ペダリングなど始めだし消えていく。
兎に角、フラフラ走る。
勝手に列車にのってるこちらが何かを言うのはおかしいので
言わないが怖いで。
まぁ、これからもっと練習してふらつかないようになっていくだろう。

5周したんでヤンピして帰路に。

それにしても寒いわ。
P1270002.jpg
片メガネから六甲見ると雪雲がかかってて降ってそうだな。
浜で十分上げれてたんで登りが死亡してる。

P1270003.jpg
なみはや大橋の登りもダッシュするも、風がキツくみるみる速度は落ちだし
踏めない。
しかも寒い。兎に角、寒い。

P1270004.jpg
気温は1.7℃やって。
そら寒いわ。

帰宅後、少しゆっくりしてから
二部練の支度する。

Olympus STYLUS TG-4

かなりアンヨの疲れがあり
どうすっかと思ったが
new shoesを履きたいのよ。


パワー!うるさいっ。
Category: MTB。  
この間の日曜。
P1210001_20180124175944507.jpg
おおちゃんと待ち合わせ。
時間より早く着くのはいつものことだが
この日はやたらと道が空いてて
早く着きすぎた。
が、ええ感じでおおちゃんもやってきた。

前日に輪心でメンテナンスしてもらったんで走りたくて仕方ない。
もう行かなくなって一年になろうとしているアッコの店では
ありえないほど丁寧に診てくれた。
ま、出禁になってるいじょう、近寄りもせんけどね。
いろいろ書いてやろうと思うもこういう公共の場のブログで書くことではないので
書かないよ。

アッチではそのうち糞味噌に書くかも。
超閉鎖空間なので誰も見れんのだがね。
いろいろ腹が煮えくり返ってるのでね。

この間から愚痴でまくりやな。

ま、ええとして
ローソンへ移動。待ち合わせていた初めましての方と
三人でえっちら登り始めトレイルin。
なぜかテンション高いおおちゃん。
POWERっ!!とか大声でうるさい。
SLENDERっ!とか吠え出し うるさい。
SLENDERとか言うてたようだが
フレンダーと聞こえてたんで
4de1c5d0-s.jpg
こういうことを望んでいたのかとぼんやり思っていた。

で、
痩せた痩せたと
P1210005.jpg
痩せたらしい。

一本目の下りは慎重に。
登り返したところで
P1210003.jpg
マーキングしていた。

下り切って
二回目の登り。
P1210002_2018012417595270c.jpg
絶妙な信号機色がそろった。

二本目。
楽しく下って登り返しのところで
P1210006.jpg
まさかのN原プロ?といっていいのか?
なにやら見たことないフレームだな。
韓国のアーチェリーを作っているとこのフレームだとか。
29erなのに9kgやって。軽すぎ。
乗ってみたいな~。
練習帰りに一本下ってるとのこと。

シクロは??

みんなで下って
N原くんとはお別れして
登る。
これがま~登る気がなくなり、どんどん登る気がなくなる。
ゆるゆる池まで登って
最後の一本は この間から最後の一本は ”ここ” というところを下る。
やはり怖い。
最後の最後はチェレンジする勇気が出てこない。
P1210007.jpg
押して下り切りましたよ。
年々、ここの落差が大きくなってて
怖さがマシマシ。
一度、エライこけ方してるんでフレーム割りそうなので
チャレンジはしたくないのよ。

最後まで下ってローソンへ。
ここで解散。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。
メンテナンス後の調子はいい感じだ。
変速も少しインデックスがくるってきたか?と思っていたが
すこぶるいい調子になってました。


たまには舗装路。
Category: MTB。  
先週の日曜日。
トレイルはまた凍結必死の気温やし
いつものトレイルも少し飽きてきた感があったんで
たまにゃ舗装路でもと
P1140005.jpg
市場へ。

なんや、少ないと思っていたが
かなりの人数がいてる。
スタートも今までのようにダラダラしているようなこともなく
”まだ” スアっとスタートした方か。

にしても、平坦は速いな。
トレック(MTB)できてるんだが、やはり平地は30km/hこえると
しんどいわ。
まぁ、以前のような34~35km/hでサイロをぶっ飛ばすようなことはない。

ほどなく彩都につき、いっぷく。
しばらくゆっくりしたが
今までのようにダラリとした感はなく
まだスムースに?スタートしたほうか。
とはいえ、
”誰か前走って” 感があふれている。
こういうのは相変わらずか。

P1140006.jpg

最初の登りは一人でフラフラ登っていたが
銭原の登りで ”遊んでほしいならハナから先頭走れや”
っていうのがわからんのがいてて、うんざりする。
ビターっと後ろでマークするようなことするな。
キモイんじゃ。

相手にもせず、プラプラ走って余野まで。
しかし、
”競争”したいなら最初に先頭でペースつくれや。
腹立つわ。
コイツはいつだって後ろからいって前にいく。
まるで ”K" のようだ。
動きといい、やり口といい
そっくりでウンザリする。
で、先頭で山頂通過すると ”いい練習でした” 感を出す。
イライラするねんけど。
そんだけ遊んでほしかったら
最初から最後まで先頭突っ張るような走りせーよボケナス。
ウザいねん。

あんまりこういうこと書くのは
あっちの方だけなんだが
ここに書くってことはひじょうに腹立たしいのだよ。

余野でイートイン。
これがちょっと失敗だった
外で食ってた方が寒さにたいしてましだったか・・・
イートインから外に出たら
寒さに打ちのめされる。

摂丹下って
P1140007.jpg
ローソンまで。
下り切って寒さが堪える。

帰りはゆるりとした速度で進んで
みんなと途中分かれて
さらにゆるりと帰宅。

Olympus STYLUS TG-4

イライラしたところもあったが
よく遊びました。



ギョーさんおるがな。
Category: MTB。  
先週の土曜日。
めちゃくちゃ寒い。
トレイルinで-3.8℃!
当然、路面は霜が凍ってバリンバリンだ。

じゃりじゃりじゃりじゃじゃりじゃり・・・

トラクションかけ方ミスるとすぐ滑る。
そんな路面だから下りに入っても慎重に下る。
一か所、岩盤がバシッと凍っていてひるんだが
ブレーキリリースしてなんとかクリア。
下り切る前に人の声がするのでゆっくり下っていると
ものスゲーMTBre達。ざっと20人ぐらいおる。

知り合いもいてたが、あまりにも多く
混ざらん方がええかなと挨拶もそこそこに前へ。
と、池のところで
ユーゴ君とめちゃくちゃ久しぶりに会ったんでしばらくしゃべっていたら
当然、後ろからは団体がやってくる。
P1130001.jpg
ものすごい人数になる。
多すぎ・・・

そうこうしてると、まさかのプロMTBライダーのS田選手とjunior チャンプのS平選手。
ここで会うとは思わなかった。

あまりに多いんで、先に出発。
なんか気がなえたんで、この下り(二周目)で帰ろうかと思うも
結局、しゃべった後からノンストップで計5周した。
P1130002.jpg
天気はいいがトレイルoutする頃でも0℃だ。
そんな気温だが、汗だくで走り回りました。

P1130003.jpg
少し雪も残る日でした。


Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。



年末年始連休最終日。
Category: MTB。  
前日のやり過ぎ二部練でいい感じにアンヨがつぶれていて
心地いい?

P1070001_20180112043155951.jpg
おおちゃんと。
斜度男さんも来るそうなので、ローソンで待ち合わせ。

おおちゃんとバイク交換して登坂。
ハンドルひろっ!780mmだっけ?ひろっ!
登りはじめはアンセムadvance2とあんまり変わらんか?とおもっていたが
やっぱり重い。
重いわ。
サスもブヨンブヨンしてどうも漕ぎにくい。
ハンドル広すぎて腰が痛くなってくる始末。
広げるにしても700mm辺りが限界だな。
でも、時代に逆行して620mmにしてやるぜ!
カーボンにしてやるぜ!

まずは一本。
前回より路面状況は良いようで、滑りまくるようなこともなく普通に下れる。
斜度男さんの後ろでラインを見れたので
とあるドッスンと落ちるところで、なんと右からアプローチする。
わかりにくい書き方だが、まっすぐ行くとドッスン。右からアプローチするとスアーっと抜けれる。
こんなラインがあったんや。
通ってる跡はあったがどうゆうアプローチかわからず試す気にならなかった。
ワタシが試したのは二周目なのだがスムーズだな。
ただ、時計出す時ならドッスンの方が少し早いだろう。
右にアプローチするときの若干のタイムロスがある。
だが、スマートに駆け抜けるなら右だろう。
P1070002_20180112043202eca.jpg
登りも休み休み。
これぐらいが心地いい。
風がないのか結構ヌクイ。
P1070004.jpg

それにしてもこの日はMTBre達と会わないな。

P1070003.jpg
会わないとは言っても少しは出会うものだな。
久しぶりーな、Nバさん。

二本三本といくんだが
三周目の登りは少しショートカットで行ってみる。
なんだか久しぶりの道だが
押上がこれほどしんどいとは・・・
このトレイル走り始めたころはここの道を下って小さいループで走っていたな。
今は逆に押し上げてるけど。

やっぱり下りは楽しい。(攻めなければ)

途中でおおちゃんの知り合いと遭遇。
一緒に下るも姿は見えん。見えなくなる。
なにやらCJのDHライダーだとか。
この二人のうち一人の武勇伝がオモロすぎてだいぶワロタわ。

最後に前回の最後と同じところを下る。
やっぱり最後の最後は押して下る。
P1070005.jpg

昼もまわって解散。

よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4



5?6年?。
Category: MTB。  
おおちゃんらと走った翌日。
走りに行こうと支度はできていたが外は雨。
レーダー見ると自宅付近だけが降っているようだが
今後の雨がどのように進むのかわからんので
しばらく様子を見ることに。
二時間ほど家に居てたが自宅付近はやまない雨。
だが、トレイル付近は降ってはいないが
行くだけ行って雨に降られたら・・・と、考えると家出できん。
結局、この日は一歩も外に出ず。

あけて土曜日。
予報は晴れ予報なので、いつものトレイルへ。
金曜はレーダーで見てるかぎり降っていなかったんで
ドライを期待してたんだが、向かっているときからパラパラと降り出す雨。
到着すると、しっかり降ってる。
雨でも走る? 無~理~。
スネスネで帰宅するも、走りに行きたい気持ちがくすぶってるんで
トレックに乗って堺浜へ。

堺浜に着き、何周しようかな~と考えて5周はしようと走り出す。
風がキツイ。
二周目にはいったところで、声をかけられた。
これがチョー久しぶりなしますけ夫婦だ!
マジ久しぶり!5年ぶり?6年?覚えとらんぐらい前だが
覚えてくれてて嬉しかったわー!
ワタシはまったく気がつかなかった・・・
引いてもらうというか、ついてったけど
強い向かい風はともかく、追い風のまっすぐで40km/h超えてくると
着いて行けん。
36×11では回りきってしまう。
ま、ギアがどうとかよりロードの”それ”回転体が重い。
着き切れしてしまうも信号で追いつきを次の周も。
5周目の終わりは、もう着いて行けん。
はなから離れてしまった。
P1060008.jpg

P1060009.jpg
腹が減ったんで少し食っとく。

P1060010.jpg
帰りも来た道通って帰る。
片メガネ。

P1060011.jpg
なみはや大橋。
ここは攻めるつもりでダッシュするも、ヘロヘロだ。
心拍はしっかり上がってましたけど。

帰宅後、まだくすぶってる何かがココロにあるんで
二部練。
RUNに出かける。
こいつがまた・・・家出するものの、1kmほどは快調だが
安治川渡ると、足が・・・心拍が・・・
ツラすぎる。
引き返すか?との自問自答。とりあえずいけるところまでRUNる。
中央市場辺りで、もうダメだ。引き返す。
なんやかんやで8kmはRUNれた。

ハフゥ~。

Olympus STYLUS TG-4


次の日も。
Category: MTB。  
次の日もおおちゃんと走りに行く。

P1040053.jpg
二人してジャイアントなので
”ジャイアン党”みたいやんけ。などと言っていた。

最初は二人だけだったが
まずはローソンに行こうぜ~ってわけで
いくとMTBreがいてた。
どうやら おおちゃんの知り合いで一緒に行くことに。
なんやかんやで7人?くらいで いつものトレイルにトレイルin。
P1040058.jpg

休み休み登って一本下る。
前日の雨で、滑る滑る。
見た感じは乾いてるような根っこだが、よく滑る。
P1040054.jpg
おおちゃんのRディレーラー。
シマノの新製品らしい。

前日の走行でも大勢で走るのは久しぶりで
前に走ってる人がおるのが、なんとも自分のリズムがくるい
自分のフォームで走れていない。
加重が前にいきすぎてて、かなりヤバい。
なんでもない根っこでスッ転んでしまう。
P1040055.jpg

休憩してると、来るわ来るわMTBreが。
一時、休憩場所はザっと見た感じ20人くらいいてる。
さすがに、まずくないか?と思ってしまう。
いっぺんに下るようなことはしないが
かなり間をあけんと歩行者にイメージ悪くなってしまう。
そんなことは心配せんでも みなさんベテランライダーなので
理解していて、どのグループもしっかり間をとって走っている。

で、最後に
P1040061.jpg
ここ下る。

久しぶりだったが元旦にRUNで通っているんで路面状況は把握していたが
怖いのなんの!
最後のところは、無理!
下れる気がしねぇ。
P1040060.jpg
みなさんはchallengeしていたが
ワタシは押して下りました。

あーやこーや言われたけど。

P1040066.jpg
ローソンに戻ってきて解散。
それにしても見たことないバイクばかりだった。
なにやら超高級バイクだとか。
見た目もそう感じる。

Olympus STYLUS TG-4

翌日も走る予定。


山の駅。
Category: MTB。  
二日はゆっくり過ごして呑んだくれる。

あけて三日。
おおちゃんが すげーライダーくるからMTB行こうぜー!
ってなコミュニティが立ち上がったんで行くことに。
で、
家出するときは降っていなく、雨は降らない予報だったんだが
向かっているとポツ・・・・・・ ポツ・・・ザーッっと降り出した。
吉野家で食って少しやり過ごしていたが
レーダー見ても降り続くようだ。
コミュニティ見てたら、とりあえず向かっているようなので
ワタシもとりあえず向かう。

到着。
ま、降ってるわな。
山の駅で雨宿りさせていただき、集合時間になると
かなりの人数が集まる。
しばらく談笑してたら日が差してきたんだが
走らんやろうと思っていたが
みなさん走る気でいらっしゃる・・・
ワタシは帰る気になってたんで、帰ろうおもてたが
なんやかんやで、走ることに。

すげーライダーのバイクは激軽のスコットXC。おそろしく軽い。
ワタシのトレックも軽いが、それ以上。
8、8kgということだ。ワタシのと約1kg差。
そのすごいライダーというのが、何年か前にE-1でイエロージャージを守ったライダー。
MTBは経験ない(初めて数か月)とか言っていたが
ポテンシャルが違いすぎる。
っちゅーか上手い!
トレイルinの登りもほぼ乗車。マジかよ。
かなり濡れていて滑るのに、しゃくしゃくで登坂していく。
なんというバランスとトラクションのかけ方。上手すぎる。
P1030048.jpg

P1030047.jpg

まずは押し上げしてパンプ広場まで。
しばらく遊んで下りへ。
久しぶりの山の駅なのと、雨が降った後だがあまりwet感がないが
油断せず下る。
まずはNDHへ。
整備が行き届いていて、かなり走りやすくなっている!
ガレガレだったところもかなり走りやすい!
下り切ってもっかい押し上げ。

今度は新DH?と言っていいのか?
ここも整備されていて走りやすい!少しだけパンプも作られていて
楽しく下れる。
下り切って沢を渡るんだが。、そこも丸太を積んでくれていて渡りやすい。
上手い人なら乗車していくだろうが、ワタシは慎重に押しました。
そこから行ったことがない下りへ。
初ラインだったんで慎重に。
下り切って舗装路に出て、A林道を登る。
休み休み登って、登り切ると
押し上げなのだが、新しい道ができてて
乗車しても登れそう。
乗車チャレンジしたりと遊んでからパンプ広場へ。
P1030052.jpg
さて、最後の一本は旧DH。
すごい!ここも奇麗になってて走りやすい!
少しwet感があるもののめちゃくちゃ滑るということもなく
下り切る。
P1030050.jpg

P1030049.jpg
おおちゃん企画で走りまくるんだろうと思うも
かなりユルユルで
すげーライダーI井君も合わせてくれて楽しく終了。

久しぶりの山の駅だったが
かなり走りやすくなっていて整備に感謝。
しばらく談笑してから解散。

Olympus STYLUS TG-4

またみんなで走りに来たいな。



連休前。
Category: MTB。  
12月の仕事最後前。
走り収めとか書いてたはずだが
外で乗った。

ここのところRUNが調子よくRUNれていたんだが
やはり、バイクもやらんとな。
ローラーもなんとなく嫌で
ロードもローラー台から外すのめんどくさく
MTBで外に出る。

舞洲はな~・・・
PC270009.jpg

ってわけで、久しぶりななみはや大橋ダッシュ5往復。
風がキツイ!強い!
MTBだが横風にあおられて下りが怖いのなんの。
しっかり上げて終わり。
PC270008.jpg

第七ふ頭とかがインスタ映えするとかで
やかましい単車がやたらおるようで
うるさいこと。
しばらくしたら、パトカーがやかましい連中をちらしにサイレン鳴らせてやってくるが
しばらくしたら・・・
ま、繰り返し繰り返し。
第七ふ頭もこういうことで立ち入り禁止になるそうだ。

やれやれ。

なみはや大橋でもがきまくるワタシも似たようなものか・・・
下りは歩行者とすれ違う時はかなり速度落とすようにしているけど
似たようなものか。

Olympus STYLUS TG-4


たくさん。
Category: MTB。  
土曜、十分ワタシ的に激走だった。
日曜、雨が降る予報だが午前中はもちそうな予報なので
この日はトレックを積み込み車でバヒュン。

と、行くはずが
またも車輪積み忘れ!
自宅からかなり近いコンビニで気がついたんで時間遅れは最小に。

あーもう、慌ててるわけではないんだが
なんで忘れるんやろうか。

ほどなく到着。
土曜よりちょっとヌクイ。
だが、いつもの無料駐車場になぜか止められず
有料駐車場へ回り道。
もう・・・

さて、なんやかんやとあったけど
目標のノンストップ5周。

軽いっ!
トレックsuper fly軽い!
ま、それなりにお金つぎ込んだバイクなのでね。
だいたい10kgちょっと切るか切らないかってところ。
カタログのようにペダル無しの状態なら間違いなく10kは切ります。
乗ってももちろん軽い。

トレイルも土曜とまったく同じ条件。
登りが軽い。速度はadvance2より少し上がる程度だが
楽さがかなり違う。ギア比が大きく関係しているので
あまり比較できないが
十分速い速度だ。
29erとナナハンとの違いもあるが車輪の違いがはっきり分かる。
ただ、池過ぎの根っこ登りが super flyだと 1/5しか成功しない。
階段過ぎの階段カーブ登りも 0/5だ。
アンセムadvance2だと 池過ぎの根っこ登りが 4/5。階段過ぎの階段カーブ登りも 2/5という結果。
単純にワタシの技術を埋めてくれているのがアンセムadvance2だ。

下りにはいり、如意棒の存在の偉大さが
もろに体感できる。
super flyでの下りがここまで怖いか!
advance2の下り性能はものすごい。
ただ、車輪の転がりは圧倒的にsuper flyの のむラボ車輪だ。
圧倒的だ。速度が上がり過ぎて怖いほど。
advance2の車輪はなぜか失速感がかなりあり下りでも ”こぎ”が多い。
タイヤのせいか?それもあるだろうけど
なんとも。
だが、下り区間の時計はおそらくadvance2の方が圧倒的に早いだろう。

如意棒の効果はサドルが下がることによって腰を落として低重心化でき
腕も足も腰も自由度が増し、結果、下りは速く下れる。
super flyにも欲しい所だが下りが厳しい所だとadvance2があるんで
付ける予定はない。

どちらも良いとこ足らないところがあるが
イイバイクだ。

周回中、斜度男さんと遭遇。
K堀さんとも会う。

土曜のダメージか5周目はフラフラになってきた。
なのでゆっくり登っていたら池のところで
PC240006.jpg
K堀さんとまた会ったんで
少ししゃべって別れました。

最後の下りも楽しんで
トレイルoutとするときに斜度男さんと会ったんで
少し話してトレイルout。
PC240007.jpg

この日はDな方達も多く
久しぶりのメンツともよく出会いました。

Olympus STYLUS TG-4

帰宅途中、かなり調子が落ち込んで
めまいというほどでもないが頭がフワフワして気持ち悪くなり
コンビニで少し食って休憩してからボチボチ帰りました。
ただの低血糖やったかな?

さて、これで今年は乗りおさめかな?


これイイわ。
Category: MTB。  
土曜日。
日曜の天気が微妙な感じの予報となってて
ちょっと早い年越し蕎麦ツーリング才の神経由に行きたかったが
それよりも日曜がMTBで走れないかもしれないので
土曜はMTBだ!

で、まぁ・・・
自走ではなく車でバヒュンと。
忘れ物はなし。

めっちゃドライだが登りは流れ込みがあるんで
万年、濡れているんだが気になるようなことでもない。

ノンストップ5周といきたいところだが
いろいろ考えがあるんで
リピートしたりで一周はそれなりに時間がかかる。
どれぐらいかかっているかは不明。ざっくり一周30分ぐらいかな?
1_20171226174349517.jpg

アンセムを手に入れて
最初の一か月は ”銀行” のものだったが
今月、ようやくワタシのものと正式になり
ガンガン走るぜ!
って、わけではないが
純クロカン?と言っていいのかわからんが
ハードテールのトレックsuper flyとアンセムadvance2を乗り比べる。
と言うても、土曜と日曜でだが。

いつものトレイルでは
登りは圧倒的にsuper flyなのだが
一周の時計はおそらくadvance2の方が早い。
ただ、このコースではトレイル要素が多く
AMのジオメトリーと言っても言い過ぎではない(と、思う)advance2は
ここでは速い。
クロカンコースだとsuper flyだろうな。
ただ、今まで走ってきたことがあるクロカンコースだと
八幡浜だとadvance2の方が速いと思う。
下りの長さと微妙にtechnicがいる登り、ゴジラの背と言われる根っこゾーン。
いろいろなギミックがありUCIレースになるコース。
ここだと問答無用でadvance2の方が ”ワタシの技量だと速く走れる”
路面が重い(雨が降って)とどのコースでもadvance2の出番だろう。
まだwetで乗ったことはないんだが
最高に ”イイ” バイクだ。
如意棒の意味も乗っていてわかってきた。
こんなイイバイクだが
ワタシ的には車輪は やはり ”のむラボホイール” の方がハシル。
単純に感覚的なものなのだろうけど
付いてきたカーボンホイールより、ハシル。
これはsuper flyの のむラボ車輪と比べてだが。
完全に贅沢なことを言っているんだが。
正直、完成車でカーボンホイールより
コンポをXTにしてほしかった。車輪は変えてまいそうやし。
ハンドルもアルミだと軽量性もあるが
腕にかかる負担が圧倒的にカーボンの方が負担は軽い。
advance2だと5周走り終わるといつも腕が痛い。
設計はホンマ、よくできていると感じる。
リアのサスペンションの動きもよくて、路面の接地感がものすごい。
フロントもよくできていて、とにかく曲がる。これは27.5(ナナハン)の影響かもしれないが
とにかく、曲がってくれる。
こういうバイクが出てくると26erは駆逐されるわな・・・
ポジションはまだ決まっていなく、ステムはもう少し伸ばす予定。
ハンドルもカーボン化して幅はやはり登ることも考慮して620mmがあっている。
今は660mmなんだが、脇が開きすぎてホンマ登りにくい。
まぁ、金銭的に余裕ができてきたら一気にスプロケとクランクも変えてしまおうかな。
ギア比が合わんのが一番厄介だわ。
フロントシングルは ホンマ ”プロ機材” だと思う。
ハイアマチュアクラスだとちょうどいい人もいてるだろうけど
ほとんどがトレイルで遊ぶならばフロントダブルだろう。
”プロと同じ機材” を使いたくなるのはワタシは猛烈にわかる。
だがギア比までそろえて走れるわけがない。
フロントシングルとダブルを選べるようにはしてほしい所だな。

あと、大事なところだが
ジャイアントも ”永久保証” というものをしている。
意外と知られていないと思うんだが、もっとこういうことはアピールした方がええのとちゃう?
トレックも ”永久保証” を導入している。
永久保証とはいうても、制限があるんでなんでも保障か?ってわけではないけど
落車でフレーム割ってもかなりの値引きで手に入る。
こういうことはもっとアピールしてもええのとちゃう?
ホンマ。

PC230005.jpg
イイバイクを手に入れました。
年々、進化していくだろうけど
ワタシの技量をいっぱい補ってくれて、早く走らせてくれる。

しっかり5周して帰路へ。

Olympus STYLUS TG-4

しんど・・・
ちょっと体の調子が下り坂の気配。

写真ブログも更新してます。


先週は雪だったが。
Category: MTB。  
日曜日。
とある集団がとある山に行くそうなので
久しぶりに会えるかな?と行ってみる。
もちろん、MTBが走れる所があるからだ。

PC170003.jpg
車でビューンと到着。

サブっ!

山の下から登るんだが、これがま~キツイ。長い。
ガーミンさんの気温計は-2℃だ。(登ってる途中)
山頂に到着しいい天気。日が差してほんのりあったかい。
気温は-0.6℃をさしている。日の光があたるとぬくいものだな。

さて、下りますか。

!!!!!!!!!!!

如意棒が下がらん!
下がらないときは無理に触ったらダメと教えてもらってたので
しかたなく、そのまま下る。
久しぶりなのもあるが、イノシシがほじくり返した路面で走りにくいのと
落ち葉でコースがわからん。
一本目は怖いのなんの。
かなりゆっくりと下って一本目終了。

二本目。
登る。ツライ。斜度キツイ。
舗装路登るだけだが、キツイわ。
下る。気温が少し上がった感じしたんでガーミンさん見ると2℃まで上がっていたんで
登ってる途中に如意棒さわってみるとスッと動いた。
二本目の下りからはサドル下げれて下れたのとコースも見えるようになったので
それなりの速度で下れる。
やっぱりここはDHコースだな。一か所ドロップがあったはずだが
結局、コースlostしてるのか通っていない。

三本目。
この辺りでみんなと会えるかなと思っていたが登ってる途中でも会えず
山頂付近まで来たときLINEがなり、コースinするとき携帯見たら山頂にいてるようなので
急いで登り返して、久しぶりの面々と無事会えました。
だが、寒いのであいさつ程度で別れてダウンヒルへ。
三本目は二本目とあまり変わらず、それなりの速度で下る。
やはり怖いわ。
たまにはここで走るのもいいな。
ただ、先週は大雪だったんで
山間部ということもあり、雪で走れないときもあるだろう。
なのでなかなか気温が低いときは来にくいのよね。遠いし。
この日はいい天気が続いたんでどうやろうか?と来てみたが
完全ドライ。
この日はよくても次はどうやろうかね?

5周できるか?と思っていたが
ここはそう甘くなかった。
三周で1400m upさすがにキツイわ。一本目の一番下からがあるので獲得標高が伸びるんだがね。
5周だったら2000m近くいきそうだな。
三周で約20kmほど。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。



周回。
Category: MTB。  
この間の土曜日。
アンセムで行くときは車に積んでトレイル近くまで行くのだが
駐車場は無料のところがあるのでそこに停めてはいるのだが
この日は何かしらのイベントで停めるなと言われた。
あれこれ言いたいことはあったが、素直に言うことを聞いて
有料駐車場へ。
なんとなく、いつもと違うところは落ち着かんな。

PC160002.jpg
トレイルin。

フロントサスペンションのエア圧を少し落としてこの日は走行。
登りも下りもいい感じ。
池過ぎの根っこ登りも4/5成功。
ただ、登りの速度が遅い。ギア比が合わんのもあるが
まだ力不足だな。
もっと乗り込んでいた数年前はもっと速かった。
だが、5周も走られへんかったけど。
今ではなんとか5周はできるようになった。
ただ、自走でここまで来るのと来ないのとではだいぶ違いはあるものの
トレイルで長く乗れるようになってきた。

PC160001.jpg
5周回終了。

まったく休まずというわけではない。
周回中に腹が減って腹が痛く感じた時、止まってパン食ったり
リュックに入れたお茶を飲むのに止まったりした。
それほど長い時間止まるわけではないが2~3分は止まってるだろうな。

Olympus STYLUS TG-4

トレイルは楽しい。

リアタイヤが微妙なエア抜けがあるようで
次の日には結構抜けているが
どの辺りかがわからんし
シーラントが効かないのか?
ヌウ・・・・


夜の舞洲散歩。
Category: MTB。  
PC060001.jpg
平日に一回は行くようになってきた
舞洲散歩。

階段登り降りで一段目すら登り切れない。
調子がどうとか言うよりリアサスがうまく動いてくれずトラクションがかからない。
なんでや?
と、サスペンションを見たらロックされてた・・・
おそらく洗車の時、さわっていたんだろうな。
で、動くようにロック解除すると
三段目中ほどまでなんとか進めるようになった。
でも、もう少しスムーズにクリアーしたいものだな。

PC060003.jpg
橋をこえて舞洲に上陸。

PC060005.jpg

丘を直登。何本かやってグルっと一周。
これがま~誰も走ってへんこと。
この日は水曜だったんだが誰もおらん。
走りにくくなったし、しかたないかな?
夢洲に行ってるんやろうか?

PC060009.jpg
月が大きく見えたんで撮ってみるものの
コンデジの設定ではこれが限界か・・・
月だけを撮ればもっと写りはいいはずなんだが
ここの雰囲気を撮りたかったんよね。

河川敷をプラプラ走って帰宅。
これぐらい走る程度でも外は気持ちいい。


Olympus STYLUS TG-4




違い。
Category: MTB。  
日曜、朝早く夜明け前に家出。
明け方付近の時間なので真っ暗というほどでもない。
寒いという予報だったが
いがいとヌクイ。

道中、心拍のレスポンスというか
けっこう、上がる。
そのわりに速度はイマイチ・・・

いつものトレイルの麓で
PC030013.jpg
いっぱい。
この辺りに来るとやはり寒いな。
タラレバだが八幡浜に行く予定だったが
天気予報が微妙だったんで八幡浜に行くのはやめたんだが
行けばよかったかな~・・・と。
天気はめっちゃいい。
2018バイクの試走もしたかったが
2018アンセムadvance2買ったら試走に行くのもな~。

ま、それはともかくトレイルin。

この日はトレックsuper fly29erだ。
体感できるのは単純に軽い。
重量差もあるが、転がりが軽い。タイヤも車輪も違うんで
アンセムと同じと言ってはならんのだが
やはり登りは軽い。
ギア比も心地よく会う。
欲をいえば・・・・・・

・・・・・・書かないでおこう。

登りはアンセムとの違いは単純に転がり抵抗が軽いのと
わかりやすい重量差の軽さが体感できる程度。
さて、下り。

のっけからマジ怖い。
久しぶりのハードテールと100mmフォーク、70°のヘッド角。
怖いわ。
ただ、車輪の転がりは圧倒的にいい。わかりやすい。
アンセムに乗ってるときから思っていたが
なんでこんなに転がらん?と疑問がある。

ま、怖い思いを感じながら一本目終わり。

二周目登りで池過ぎの根っこ登りが成功。
ちょっとビックリ。
前日から重心位置を考え、速度、ケイデンスともにはまった感じがすると
スアーっとクリアーできて
めっちゃうれしかった。
そこを過ぎて、階段を歩いて登りそのあとの微妙な階段は
乗ってクリアー!
ここはたまに成功するのよね。
たまに。

二本目の下りへ。
一本目は怖かったが二本目は慣れてくるんで
それほどでもないが
やはり下りの速さはアンセムだな。

二周終了。
三周目へ。

もうしんどい。ダラダラ登るだけ。
PC030023.jpg
風もなく池の水面も鏡のようだ。

三本目の下りで工場長一味と遭遇。
ダウンヒルバイクのゴツイフォークにビビる。
ちょこっとしゃべって下りへ。
PC030016.jpg
途中、登り返しで失敗してスネル。

いい天気だ。

PC030021.jpg
街を見ると雲海のようになっている。

五周しようかと思うが
もう帰る。
中橋ローソンによって少し食べてブラブラ帰路に。
家に近づくにつれ気温が上がり心地いい。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。


5周キツイ。
Category: MTB。  
土曜日。
忘れ物なく家出。ブーンといつものトレイルに到着。
気温は低いと予報では言っていたが
それほどには感じない。十分寒いけどね。

PC020007.jpg
前日のRUNの影響でアンヨが重い。
目標は5周。
途中、嫌になったらヤンピするという自分にアマイ目標。
池過ぎの根っこ登りがすべてダメだった・・・
重心位置が悪いし、ギア比うんぬんではなく
ケイデンスが上げれなく、トラクション不足と速度不足で登り切れない。
そもそも重心位置が悪いとバランスが悪くてどうしようもない。
登り切れてたんだがな~・・・

下りはここ最近で一番のパフパフのドライ。
気持ちよく下る。もちろん安全マージンは十分もって下る。
PC020006.jpg
日の光が左側から差し込みまぶしくて
走りにくい。

だんだんペースも落ちて、5周できるか?とツラくなってくるが
なんとか5周完了。
PC020010.jpg
サスポンプ持って走ってるつもりだったが
リュックには入ってなかった。
家でF、Rともにサスのエア圧は少し上げてきたが
F、Rともに少し高く感じ、ハネはしないがかたく感じる。
次回はもう少しエア圧下げてみよう。

PC020012.jpg
家に帰って洗車するんだが
ここに水がたまるのは設計上仕方ないんだろうが
なんとかならんかね?

Olympus STYLUS TG-4