プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
ロードバイクに乗って、すっ飛ばしたり、仲間と走ったり、
目を三角にして競技に挑んだりしてます。
空の写真が好きです。

検索フォーム
QRコード
QRコード
ココロ折れる。
Category: MTB。  
あけて月曜。三連休最終日。レース一週間前。
なので、気合入れて上げまくる心意気で家出。

トレイルin。
前日より路面状況はいい。
と、思っていたがまだ微妙な感じではあるが、レースは泥レースやろうし
こういう路面状況でも乗っておかないとと登り切って
一本目の下り。

怖い。 滑る。 

かなりヤバいスリップもあるがこけずに下り切る。
二本目登り。
結局、アゲアゲのはずだったが一本目の下りで
ココロはボキボキにへし折れ、まったく登る気なし。
PA090010.jpg
なんかめっちゃおる。
休まず下ろうかと思っていたが、ココロもおれてるんで
休んでいたが、なおさら人増えたんで
居心地悪く、下る。
一本目と同じで怖いのなんの。
失敗してペダルから足が外れて足ついてしまい
ここがキッツい所だったんでリスタートもきびしく
ちょっと歩いて下ってからリスタート。

こけんでホッとする。

もう帰ろうかなと思うが
PA090013.jpg
もう一回だけ。
ダラダラ登ってそのまま下る。

PA090012.jpg
休み休み下って
終盤のところで見た目と雰囲気がおそろしい猟犬が・・・
そのあとに猟銃もった害獣駆除の方がやってきたんで
もうヤンピ。

三連休だったがなんか消化不良だったな。

Olympus STYLUS TG-4

PA090014.jpg
ここの下りがキツイところにしか通り道の跡がなくなってきた。
easyな方はどこやったっけ?


スポンサーサイト


乗れんな。
Category: MTB。  
今週も三連休。
でも、土曜は雨がどっさり降ってくれて外で走ることはできなかったが
ローラーは回しておく。
これがまた、やり過ぎたのか上げすぎたのか マジ吐き。
雨も上がったのは午後も過ぎたころ。
デパ地下でいろいろ買い込み、久しぶりにワインが一本空くほど呑んだ。

あけて日曜。
PA080001.jpg
いい天気になっているが
路面は非常にバッドコンディション。
いつものトレイルは、意外と水はけが良いと思ってたんで
もう大丈夫とトレイルin したものの・・・
やばいと思える登り。
PA080002.jpg
登り切って下りに入るところをのぞいてみると
根っこは黒光りしてるし、こけずに下れる気が全くしない。
なので、Sなら乗れるやろうと、向かうものの
道中ですでにココロボキボキに折れました。
PA080003.jpg
一本だけだった倒木も二本に増えてるし。

PA080004.jpg
この辺りの分岐を登っていくとSに出るんだが
もう下って帰る。

消化不良。

帰宅後、もう少し走りたいので
舞洲に。
PA080005.jpg
軽く周回でもと思うが
交通量は多いし、歩行者も左右見ずに飛び出してくる。
そんなもんで、周回するのは危険度が高すぎ。
PA080007.jpg
グルっと周っただけで帰路へ。
ヨットハーバーの広場でちょこっとスキルアップなことをやるものの
一人でやってても面白くもなく
あきてきたんで、帰路へ。

天気も良く、雨上がりなので空気も澄んでいてよく見渡せてたのに
消化不良な一日でした。

Olympus STYLUS TG-4

ロードでどっか走りに行くのが正解だったか・・・
富士見が来週なので少しでもMTBで走りたかったんよ。


5周。
Category: MTB。  
棚卸し月間は三連休半となった。
金曜は久しぶりのオフロード走行にビビりながらだったが
あけて土曜日、
朝早くからトレイルin。
この日の目標は5周。
気温は12℃ほどだが金曜に長袖インナーやタイツ履いて熱すぎたんで
P9300002.jpg
半袖半パン。

土曜とあって、MTBer達が結構いてる。
金曜と違って、いけるところはいけるようになってきたが
なかなか難しいところは まだまだいけそうにない。
力があるとかではなく、テクニックがない。

集中切らさず、最初から最後まで力もだせて
へこたれることなく
ノンストップ5周を終えた。
約二時間。
ノンストップとは言うても、散歩やハイカーの人たち優先を守り
時々、立ち止まることはあったが
補給に座り込んだりということは無し。

もう一周、軽くと思うもあまり無理はせんとこう・・・

P9300005.jpg
このタイヤを使うことにしたんだが
重量はあるものの、走行感が軽い。
空気圧も昨日、マキシスと同じで1.75で走るとかたい。
なので1.65まで落としてみると、まだ少しかたく感じるので1.55まで落とすと
グリップもよく、いい感じのかたさになり
走行感の軽さも失われず 1.55近辺でもう少しあれこれやってみよう。
感じとしては1.2くらいまで落とせそうな感じでマッドな路面にもいけそう。

P9300004.jpg
5周終わって休憩し帰路へ。

P9300006.jpg
富士見もこの車輪で。

Olympus STYLUS TG-4

今までは5周するのにタレタレになっていたが
今の練習の成果がでてきたのか
2時間ではタレタレにはならず、力もしっかり出ていて
レースに向けていい感じになってきている。
結果はともかく、自分なりに力は出せそうだが
なんせ、初コースなので
どんなんかサッパリだ。
コース情報もなく、難易度高いのか低いのか
登りは?下りは?
まったくどんな感じなのかもわからんので
天気よく、ドライで走らせてほしい。
マッドもしくは雨が降るようならDNSは決めている。行くには行くけどね。



棚卸し。
Category: MTB。  
先週の木曜日。
仕事が棚卸しで午後からまったくやることがなくなり
半ドンで帰る。

金曜もやることないんで、一日休み。
なので軽くMTB乗る。
P9290001.jpg
いつものトレイルへ。
あまりにトレイル走行の間が開いたので
ほんまに怖いと感じ、登りもノーテク登りはいいが、
少しテクニックがいるところではまったくクリアーできず・・・
二周だけやって帰宅。

帰ってから、体のケアにお金かけてみようか
と、梅田に出る。
もう ”ええ歳” という年齢なので回復していくのに時間がかかり
疲れも筋肉に蓄積されて硬くなっているんで
普段からストレッチはしてはいるが、やはり一人でやるには伸ばせない筋肉もある。
なので
梅田の駅ビルににあるドクターストレッチに行ってみる。
平日やし、中途半端な時間やからすぐに入れるとおもとったが
予約で一杯で ”本日は…” ということで
あきらめかけたが、
”今、予約していただくと50%offですよ” とかいうので、次の日に予約可能だったので
予約して帰る。
金曜が楽しみだ。


Olympus STYLUS TG-4



平日練。
Category: MTB。  
MTB(トレック)のタイヤ交換したわけだが
シーラント無しでもいけるか?と、放置していたが
やはり無理だったんで、シーラント入れて… 
けちけちの30mlだけ。
これだけでも十分だと思った。
シーラント注入したんで、シーラント回すために実走。

久しぶりの舞洲周回へ。
二周ほどして帰ってくると、微妙なエア抜けが確認されるも
シーラント無しよりはるかにエア抜けはないので
この時はええかと、次の日までほっておく。

次の日。
やはりエアはダダ漏れのようで
完全にぬけているわけではないが走行は無理。
なので、もっかいエア入れて
なみはやへ。
P9200002.jpg
ダッシュ!
往復3本。
途中でエア抜けが激しく、ブヨブヨになったんで
ポンプで入れなおして、ダッシュ再開。
P9200001.jpg
三本完了。

エア漏れもかなり落ち着いた感じ。
シーラントが効いてきたか?

・・・・・・・・・・・・・・

次の日、エア漏れ確認すると
無理。
あるところでつぶやくと
フルさんに ”バルブの根っこか リムテープがあやしいね” との助言があり
気にはなってが、面倒くさいというのが本音で
シーラントで何とかならんかな?と放置していたが
やっぱり、不安要素抱えたままレースには参加できん。
ってことで
リムテープとバルブを交換したら

アレマ

ほとんどエア漏れなくなりました。
シーラントも70mlいれといた。

( ´ー`)フゥー...

走れるわ。


Olympus STYLUS TG-4



堺浜。
Category: MTB。  
三連休の最終日。
台風一過とはこのことだという感じの青空だ。

パートナーには ”軽くね!” ”軽くやで!” と、念を押される。

なので、サラっとなみはや大橋へ。
P9180297.jpg
舗装路をずっと走るんだが、カテゴリーはMTBにしている。
いうてる間にワタシのレースまで一か月を切っているので
少しは上げさせてもらう。

理解のあるパートナーです。

ふわふわ~っと走ってはいるが、登りのある片メガネ(橋)はグーッと上げる。
なみはや大橋ほど斜度はきつくないけど
けっこう長さはある。ここでパートナーは意地を見せて
ずっとついてくる!がんばったね!

下って堺浜に。

台風一過とはいえ、風が強い。
道中からわかってはいたが、堺浜にやってくるとなおさらキツイ。
グルっと周回に入るが、最初の長い直線は二車線なのだがなぜか
一車線に減らされ、あげく変なシケイン的な車線変更させられる。
いろいろあったから、こないされたんやろうかね?
路駐対策?
裏側の長い直線はものすごい追い風になり
いい速度が出るものの、MTBなのでタイヤの走行抵抗がけっこう、こたえる。
一周だけだが、一年以上ぶりの堺浜は
相変わらずの盛況ぶりですね。
ローディだらけ。
P9180298.jpg
帰り道、渡船で片メガネをやり過ごそうとしたけど
数分前に出たところという、なんとも間の悪い…
しかたなく、片メガネを登る。
P9180302.jpg
帰り道はただ登るだけ。

なみはや大橋は ”ないで!” と微妙なくぎを刺される。

なので、大正の大阪ドームへ。
ドーム横の川沿いから中央市場に出て
スア~っと帰宅。

それなりに走ったんで気持ちいいね。

Olympus STYLUS TG-4

いい天気だったが、なぜか家でグダグダしてた。
MTBのタイヤを変えとかなな~と、
重い腰を上げてタイヤ交換。
マキシスのIKONがいいんだが、走行中にビードが外れたこともあり
どうも使用にあたって怖いのよね。
いろいろ情報を集めてパナレーサーのドライバープロにしてみる。

リムテープが怪しいが、とりあえずそのままで
タイヤを嵌める。
だが、内径あってんのって言うぐらい、はまらん!
けど、シュワルベのタイヤレバーのおかげで、なんとかはまりました。
ビード上げもタイヤワックスもいらず、一撃でビードが
バンッ! バンッ! っとリムにはまりきれいにビードがでました。
さすがmade in Japan。
シーラントも要らんのチャウっていうぐらいだったが
さすがに二時間も放置してたら抜けてる。

とりあえず、この日はこのまま放置。
なんとなく、ま、ええかと。



台風くる前に。
Category: MTB。  
パートナーが来てくれているが
練習には一人で。
台風きてるしね。

ってな先週の日曜日。

台風くるというわりには、雨も降りそうにない。
雨はともかく、風は強いな。
とりあえず家出。
雨もいつ降り出すかわからんけど
行けるところまで行こうとペダルを回す。
雨が降り出してもいいようにMTB、トレックで出撃。

五月山。

MTBで初めて時計をとってみる。
いつもの区間時計はわるくなく、23分はいけると思っていたが
いがいと時計がかかってしまい
24分25秒。
MTBでの時計データがなく、良いのか悪いのかわからんが
体の調子は悪くないので、このあたりの時計がアベレージなのだろう。
P9170293.jpg
ゴールして写真撮ってたら
ポツポツきたんで、足をのばすのはやめて
引き返す。

P9170294.jpg
空模様はあやしいが、空気が澄んでいて遠くまで見渡せる。

P9170295.jpg
ここまで休憩もなかったんで一杯やっとこうと
スッキリするのがキクゼ~。

P9170296.jpg
帰りのっていうか、
五月山に向かってるときからわかっていたが
大阪空港はいつもと逆向きのテイクオフ。
ということは、帰りはずっと向かい風決定。

だが、それほどキツクは感じないのは
そこそこいい調子なんだろうな。

自宅に近づくにつれ雨は降りそうにない。
走行距離もいまいち稼げなかったんで
舞洲まで行ってみる。
誰かおるかな~と思っていたが
遠目に誰かは走っていた。

USJの周りを通り抜けて帰宅。

Olympus STYLUS TG-4

ちょっと物足りなかったが、これぐらいでちょうどよかったかな。



今週も山の駅。
Category: MTB。  
この間の土曜日。

ガリガリあげたい気持ちがあったが、
山の駅イベントで行ってみたかった ”アル所” に行くようなので参加。
初級~中級となっていたんで、
微妙に場違い?と感じながらも参加。
P9090269.jpg
さすがにバッチバチな雰囲気ではない。

トレイルを舗装路でつないでいろいろ走るようだが
覚えれるような道ではないな。
P9090270.jpg

微妙なガレ具合だが心地いい速度で進んでいく。
油断してると、トレイルなので危険なところはあるので
しっかり見てクリアーしていく。

舗装路に出て、マスターを先頭に走っていたが
とある登りで ”かけっこ” っぽくなったんで

ガーっと・・・・・・

ムゥ・・・・・・
雰囲気読んだつもりだったが、場違いな感じだった・・・

場所は書けないが、この辺りはホンマ、トレイルがたくさんある。
ワタシも一人で突っ込んでいったこともある。
P9090271.jpg

途中でコラッジョに出会ったんで少し話したりで
休憩。
このあと、登り…登り…とブツブツ聞こえてくるんでかまえていたが
それほど堪える坂道ではなかった。
自販機休憩してから
いよいよ走ってみたかったトレイルへ。

これがまたいい感じのシングルで
走りこみたくなるトレイルだ!
だが、微妙に遠いのよね。自宅からは。
片道35kmはある。

難しい箇所もあり、初心者向けトレイルという情報だったが
いやいや、難しいですよ。
どういう指標で初心者向けなのかはわからんが、
何本もトレイルがはしっていて、これがまたそそるんだよね。
周回もできるようで、ちょっとほんまに走りこんでみたいが
マナーとルールは守ってだ(当然)

トレイルout。

山の駅まで戻ってきて
P9090275.jpg
遅めのモーニング。
というより、ランチになっていた。

この日もいい経験して
よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4

初級~中級とあったがやはり・・・
という人がチラホラ。
マスターも先導しているので後方がどうなっているか
わからないのは仕方ないところ なのはわかっているのだが
登りでは先行者との車間も詰めてもいいが
下りでロードのようにベッタベタに詰めて走るのはどうかと思う。
トレイルの路面状況を ”刹那” で判断し体が動くならともかく
詰めすぎてたら路面が把握もできず、先行者はクリアーしても
”詰めすぎている人” は、クリアーできんどころか
怪我するで。
”速く走りたい” のなら、もっと前ではしればいいのに
”どうぞどうぞ” と前を譲って、あたかも ”あおる様な” 行動にでられてもな~・・・

ワタシのよく行くトレイルでも、先行譲っておきながら
知らん奴が あからさまにあおってくる奴もおる(どこのショップ連中かは知ってますというより、そいつは責任者だったが。そういう責任者という人間が模範となるべきなのにワタシに対する行動はどうしたものかね?)
そういう人にはならんでほしい所だな。

そもそも、トレイルで競争すると ”人はねる” で。
クローズドコースならいざ知らず。


おとなしく。
Category: MTB。  
日曜日。

いつものトレイルに行こうと思うも
朝起きると、首がかなり痛い。頭うったのでむち打ちになってるようだ。
やはり おとなしくしといたほうがいいようだ。
とはいえ、少しは乗りたいんでロードで行くと前傾がキツイし、路面からの衝撃もつらそうなので
MTBで舗装路を行こうと
集合場所まで。
P9030283.jpg
”名所” で目覚めのイッパイ。

P9030286.jpg
いつものことだが、集合時間に集まってこない。
集合時間を過ぎたころにちらほらと集まりだし、スタート時刻はドンドン過ぎていく。

P9030284.jpg
集合場所には
エクストリームなBMXをやっている方が練習?していた。

ワタシは昨日の出来事から京阪奈にレース観戦へ行くので
一緒にどう?と、声かけるも二人だけしか引っかからなんだがスタート。
京阪奈観戦の呼びかけもあったんで、待ち合わせ場所までは時間があるので
ユルユル進んでると、他のメンバーもギョーさんやってきた。
結局、ほとんどのメンバーで京阪奈まで。
P9030287.jpg
清滝手前で休憩してから登りへ。
清滝もエッチラオッチラ登り、ピークで集合してレース会場までボチボチと。

会場に到着し参加メンバー探してると
P9030288.jpg
おったおった。
ちょっと足らんかったんが
足り過ぎてるぐらいになっとるで。
出走まではまだ時間があるので走ってるレースを見る。
P9030294.jpg
C1。
やはり速い。速すぎる。

会場をブラブラしてみる。
P9030289.jpg
ナニコレ?
精華町のキャラ??
ブースが出てたんで、見て回るものの
ロードばかりが展示されているのは当たり前だが
食い物屋がまったくないやん!
腹減ったんですけどー。
ロードに興味もなく、招集場所までもどり
久しぶりな面子に会ったりするが
”出たい” とかってまったく思わない。

P9030297_20170906050915e95.jpg
出走メンバーが走ってるのも見るが
落車まつりだった。
こえーこぇ~。救急車のサイレンは鳴りっぱなしで、何台出動してるんやろうか?

メンバーも無事ゴールを見届け
帰路へ。
帰りはみんなとはぐれたんで、一人でブラブラと帰宅。
ゆっくりでも、頭痛はするんで
ゆっくりしてた方がよかったかな?とはいえ、走るとスッキリするものだ。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。


王滝練。
Category: MTB。  
土曜日のこと。

前々から行きたかった王滝練。
山の駅でマスターが引率してくれる王滝練へ参加。
P9020269.jpg

定刻に集まりだすメンバー。
P9020270.jpg
スラム イーグル。
初めて見たが50t?やはりデカイ。切削が相変わらず凄い。隙間だらけ。

P9020271.jpg

P9020272.jpg
ラピエールのMTB。
リアサスに電気制御的な何かが付いてる。これは何?

P9020273.jpg
ムゥ・・・・・・
なにやらガチな雰囲気なのだが・・・
今までの王滝練レポートを読んでると、バチバチにやりあうことはないように感じたが
バチバチな雰囲気。

場違い?

一通り集まり、スタート。
コースをある程度説明されたが、わからないところが多いものの
ついて行く。
ロードで走ってる舗装路からこんなアプローチがあるのか!という道を進んでいく。
ワタシはまだ行ったことがない ”ある激坂” への道を進んでいくが
途中で未舗装の林道へ。
これがま~ガレてること。王滝はここまでガレてはいないそうだが
時々、リアの抜重ができていなく
”ガンっ” と、嫌なヒットをするときがあり
まだまだ下手糞だなと、もう少し考えて走らな
いつパンクしてもおかしくないな。

それにしても速い。
でもワタシ的にはいい感じの調子よさ。

P9020275.jpg
どこか。
サッパリわからんが
この林道が終わるとロードで散々通った道に出る。

なるほどここか。

とある激坂もここに出るとは聞いていた。
そこからすぐに林道へ。
激坂 激坂と聞いていたんで ”いつものトレイル” の登りが延々続くと思っていたが
あれほどひどい斜度ではないものの、十分以上に激坂でした。

しかも長い。

何回か休み休みして、ようやく下りへ。
これがまたガレ過ぎてて怖いねんけどー!
砂利が深い所が時々あり、タイヤが埋まってさらに怖いんですけどー!
なんとか下ってあるキャンプ場に出てきて自販機休憩。
ここのキャンプ場のスタッフが冷たい対応でワタシは閉口する。
隅っこにいてるのに邪魔やから買うたら出ていけみたいなことを・・・

どのあたりが邪魔と感じるんや?
客やないから?
そんなところやろうな。
どうでもいいが、ぬるいコーラが出てくるんですけど。

少し舗装路くだって、これまたロードで走ったことのある道に出て
舗装路を登り、アルところからシングルへ。
P9020276.jpg
乗って登れる斜度ではないんで押し進む。

乗って~・・・ 降車、押し~・・・ 乗って~・・・ 降車、押し~・・・
を、繰り返して
P9020281_20170905052333b79.jpg
こんなところに出てきた。

P9020279.jpg
空しか見えん。

P9020282_20170905052335884.jpg
見晴らしがチョウいい!

ここに少しいたが、風が冷たく体が冷えるほどだ。
まだまだ暑い日が続くだろうが
この日は汗冷えするぐらい、ここは気温が低かった。ガーミンで19℃だった。

さて下りましょう。

もう、これ道なん?っていうほどのガレ、荒れ。
倒木を乗り越えるとき、フロントはいい感じで乗り越えたが
リアが倒木に変な当たり方して、思いっきりリアが浮き上がってしまい
そのまま前転。

こけました。

この時はこけたっていうので早く立ち上がってどかねばということや
テンション上がってたんでどういうコケ方したか考える暇もなかったが
少し落ち着いてから
登りに入ると、右太ももに物凄い痛みが。
さらに頭が痛い。頭痛が半端なく、吐き気までしてくる始末。
心拍上がると、よけいに頭痛がひどくなり
ユルユルしか進まんが、登りなんで心拍はそれなりにあがるんで
頭痛はおさまらない。

なんとか登り切って、話していたが
やはり、こけた時 頭うって脳震盪をおこしていたようで
しばらくは運動したらアカンでということをいろいろ聞いた。

くだって、舗装路をスアーっと進んで山の駅に到着。

少し遅いランチをいただき帰路へ。
よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4



無料開放。
Category: MTB。  
なぜか写真のアップがうまくいかず更新滞る。
なんとか普通にできるようになったんでやっとこ更新。

・・・・・・・・・・・・・・

先週の日曜日。
湯船のMTBパークが年に一度の無料開放日なので
いつものメンツと遊びに行く。
P8270269.jpg
パークに来るまでローディの多いこと。
その中でもマトリックスが混じっていた集団が速いこと!
緩斜面やのに とんでもない速度だった。

P8270272.jpg
サッサと支度し、パークへ。
P8270274.jpg

P8270276.jpg
ガチプロも。
ジュニアのナショナルチャンピオンも?


キッズイベントがあるようなので、朝のうちにSDHでもと
P8270280_201709020458195a1.jpg
ここは楽しい下り。
何本かラインが交錯しているんで、どっちに行けばいいかよくわからんようになるが
楽しく、数本下って本コースへ。

P8270322.jpg

P8270320.jpg

P8270321.jpg

新コースもあるんだが、以前の方が良かったんちゃう?
もしかしたら、旧コースを作り変えてるんやろうか?

ときどき、ガチプロに追い抜かれるも
ワタシらがなんの躊躇もなく歩くところを
なんなくクリアーする様は、プロとして当たり前なのだろうな。

”その程度のギミックは大したことないぜ!”

と言ったところか。

P8270334.jpg

P8270335.jpg
お昼休み。
このピクニック感がいいのよね。
タープとかあればなおヨシ。
いろいろしゃべって、午後から走る?
ってなるんだが、もうええか~っていう気分でもある。

と、ま、そんな気分なんで
キッズSDHを見に行く。
これがま~上手いこと!確実にワタシより速く上手い。
子供らの走りに見入ってしまったが
軽く一周まわり
P8270342.jpg
片付けへ。

帰路の道中、やけに眠いが
なんもなく帰宅。

よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4

クロカンコースも走ってみたが
これがまた乗車率悪っ。
こんな調子なら秋のJ2は辞めとこうかな。
そもそも、来年自転車に乗ってるのか?っていう気分だ。
毎年のことながら ”レースはもうええか” となるんだよな。
だが、来年制度がかわるようで微妙にやるきがでたり
ジャイアントのアンセムが29erになるとかどうとか…
じゃー今年モデルのアンセムは売れ残ると激安?
買う?

悩む。
買っちまうと またXCレースやるやろうしな~
そもそも、XCバイクやめとけとか言うてるくせに(言われてるし)
なぜか惹かれるのよね。
そもそも軽いから登りが楽なんよ。下りは速くなろうとも思っとらんし。
トレイルでぶっ飛ばしてコントロールできるわけもないし、
できたところで、人がおったら止まれる自信もテクニックもない。
今ぐらいで十分かなというわけでアンセムとか・・・いうてるわけで・・・

いやいや、もうええかな。自転車は。
シーバスロッド買おう。リール買おう。
釣り行こう。

・・・・どうやろね。
気まぐれなので。


調子わるっ。
Category: MTB。  
残りの盆休みはダラリだらりと過ごして、体が怠けきっている。
木曜から仕事だったが、やはりドッサリ溜まっていた。
土曜からまた休みなんだが
謎のスタンド攻撃により一日家に閉じこもりっきり。
ものすごい具合悪かった。

で、あけて日曜。
できるだけ長い時間、多く周回するぜと明け方前から家出。
道中から体がおかしい。
でも、ゆっくりでもいいから長く乗ろうとペダルを回していつものトレイルへ。
P8200272.jpg
いつもならトレイル入る前に補給とかはしないんだが
どうも体の具合がおかしい。

トレイルinすると、路面は濡れている。
いきなりの激坂なんだが、まったく踏めん。あげく寒気もしてくる。
トレイルの中は心地いい気温(25℃ほど)なんだが
妙に汗が出まくる。池横の登りも失敗。あらゆるところで失敗。
路面が濡れているとかもあるが、それほどタイヤが滑るとか影響はすくないんだが
集中できていなく、失敗しまくる。
P8200273.jpg
登り切るも、下れる自信はないんでトレイルoutしようかと思ったが
一本は下っておこうと、下る。
何事もなく下り切るも異常にツライ。体がツライ。
路面も濡れてるし、歩くんなら練習にもなりそうにないし
メマトイも多くうんざりするし
帰ろうかなと思うも、もう少し走ろうかなと舗装路をタラタラでもとペダルを回し勝尾寺まで登る。

登ってる途中で舗装路で登るとメマトイもいないし、路面も乾いてるので
無理してトレイルを登らんでもええやん!ということで登りは舗装路からトレイルへのアプローチにかえる。
だが、具合の悪さは相変わらずだったが
少しずつ体調も良くなってきた。
下りはそのままトレイルに入り、下る。
また舗装路を同じところを登り下る。
三周目に工場長とここで会うとは。
P8200275.jpg
それにしても大勢でワイワイと羨ましい。
しかも高級バイクになってるし!

ワタシもトレイルバイクをと・・・・って思っていたが
どうにも熱が冷めつつあり、もうMTBを買う気がなくなってきている。
来年、自転車自体やっているかも微妙に感じる。
と、まぁ、こんな思考ではあるが
そろそろ2018年モデルも発表するころなので
年度落ちモデルが安くなるんで出物があれば飛びついてそうという矛盾。

三周したんで もう帰ろうと中橋ローソンまで。
明け方前からの家出だったんで腹が減ったんで何かしら食っておく。

帰りの道中は気温はすでに上がりまくっていて
休み休み帰宅。

Olympus STYLUS TG-4

ここまで調子が悪いと何も楽しめんな~
盆休み中、呑みすぎもあるし動かなさすぎだったんだろうな。
P8200274.jpg





メマトイ。
Category: MTB。  
ホンマ、いつぶりかわからんぐらい
久しぶりな山の駅。

いつもみんなとの集合時間はAM9:00なんだが
気温が高すぎるんで、いつもより一時間早く集まることにしたけど
みなさん、キッチリ時間を守ってくれました。
でも、暑いけどね。

ゆるりと走り出し、皆さんはホンマ久しぶりなMTBだが
大丈夫やろうか?
P8130237.jpg
やはり最初の激坂登りでキツイようだ。
前日にものすごい距離を走っていたそうでよけいにキツいんでしょう。

ファントレイルが締め出されてしまったので、上まではチョー押し上げ。
ずっとだ。
それにしても羽虫(メマトイ)が多すぎる。
例年にないほどの多さだ。

P8130235.jpg
やっと広場に到着。
少しだけ遊ぼうかとパンプ周るも
長雨や豪雨でかなり崩れてしまっているので
軽く周っただけでやんぴ。

さー下りましょう。

久しぶりの下りは怖い怖い。
でも以前よりガレているところが少なく感じる。
時々、休みながら下り切る。
やはりこの怖さと難易度は楽しいね~。
沢を渡って、A林道へ。
長い登りなので休みは多く登る。
P8130249.jpg
この間もメマトイが多く閉口。
ワタシは何匹か口の中から食道通って腹の中に入っていきました。

二周目はみなさんスムーズになりきれいに下りました。

A林道の登りも日陰は涼しい。
同じように休みは多くとりながら登り切り
最後の下りへ。
P8130264.jpg
藪の中で倒木が。
手鋸を忘れてしまいどうしようもなかったです。
DHは途中、崩れていて道が無くなってしまった所があったものの
ガレッぷりは相変わらず。
怖いのなんの。

気持ちよく下り切り舗装路に出て
汗でべちゃべちゃになったんで着替えて山の駅へ。
P8130267.jpg

P8130268.jpg
期間限定の大人のお子様ランチをのがしてしまい
残念感が凄まじいが
メンチカツカレーも美味しく頂きました。

Olympus STYLUS TG-4

また遊びましょう。



気がのらない。
Category: MTB。  
いつぶり?
一か月以上ぶりのいつも行ってるトレイルへ。
道中、淀川花火大会会場を横目に進み
ユルユルと到着。

以前、Fタイヤが破裂したトラウマから
エア圧も低いままで舗装路はしんどいもんやな。
新しいタイヤを試してはみたいが
ここのとこMTBに乗ってなかったんで減りもせんわな。

久しぶりのトレイルinだが
なんか・・・ こー・・・
くるものがない。

エッチラオッチラ登り始めると
寄ってくるのが羽虫。
だが、いろいろ考えながら登ってるとあんまり気にもならなんだ。
途中、DH女子上位の人がおったな。
トレイルの中はひんやりしていて心地いいが登りはやはり暑くなる。
いつものところで休んでから下りへ。
一本目はいつもの以上に慎重に。
いつもながらココの下りは難しい。
Fサスペンションを整備出して動きが見違えてかわり
いい感触だが、サス圧が少し足らなかった。

二本目へ。
やはり気持ちが沸き上がってこない。
こんな日もあるわ。

P8050198.jpg


気がのらないので
二周でトレイルout。



帰りの道中も休み休み進み帰宅。

Olympus STYLUS TG-4


なんやろうな・・・
この気持ちが沸き上がってこないのは。
気温が暑すぎて、やる気が起きてこないというのはあるだろうし
ここのとこ週末、ロードでガリガリやりあうのが楽しくなってきているからか?
う~ん・・・

まぁ一時的なモノだろうな。



夏休み 2。
Category: MTB。  
ホテルの朝もレースではないんでゆっくりと。

この日は何人か走ってるかと思ったら
trail runnerばかりでした。
それにしても暑い。

ササっと支度してコースin。
前日より湿度は下がったけど暑いのは変わらず。
すこし湿り気のある路面も変わらず。
前半部分をサクッと周回して後半部分へ。
桜坂からの登りは相変わらずキツイが
分岐が復活していた。
レースの時はどんな感じのコースなんやろう?
P7290098.jpg
ゴジラの背。
速度が足らず勢いが死にまくる。
だが、サスペンションをメンテに出したのがいいのだろう
ものすごい動いてくれて下手糞のワタシでもクリアー。
だが、このあとのでかい根っこを乗り越えられず・・・
ラインが微妙に苦しいのよね。
何回か繰り返し走ってみるものの
最初から最後まで、あんまり変わらないな・・・
エスケープラインがあるんで一度走っておくかと
走ってみると、あきらかにエスケープからの方が早く
ゴジラの背最後のでかい根っこ乗り越えも
ラインが苦しくなくすんなりクリアー。
あきらかにエスケープからの方がワタシは速い。

そのあと、カーブは難しくはないんだが根っこが
やらしく這っていてどうしても足つきなしではクリアーできず。
ここを超絶テクニックでクリアーしていたのはダウンヒル女王の あの人だけだった。
他の人らもクリアーしてはいるが、テクニックというより勢いだけでクリアーしてる。
まねのできない超絶テクでクリアーしてみたいものだ。
P7290125.jpg

P7290126.jpg

P7290129.jpg
怖いわな。
去年からコースが変わりこの区間が怖さとタイトカーブが難しく
なかなかクリアーできなかったが
この日、なんなくクリアー。
あれ?こんなもんやったっけ?
パートナーは無理ぜず。
この後の超激坂はチェーンラインにデカイ枝を巻き込んでしまい足つき。
っちゅーか、止まって枝取り払わんとエンドとディレーラーが死ぬやん。

P7290130.jpg
このドロップが雨やらなんやらで去年よりえぐれてねーか?
写真では落ち込み具合がわかりにくいけど
かなりの落差です。
久しぶりなんでビビってエスケープに行ってしまったが
P7290131.jpg

P7290134.jpg

P7290137.jpg

やっぱりチャレンジしておく。
クリアーはできるが数人でここに突っ込むとなると
エスケープも速く走れるようになっておかんとアカンな。
エスケープも去年はものすごいでかい石を置かれまくってパンク続出だったが
石の数もそうだが、パンクするような感じではなくなった。
ただエスケープ最後の丸太はいらんやろう。
エスケープに変な難易度を上げる意味が分からんわ。

ここまででワイワイキャーキャーいいながらコース周ってたんで
かなり時間かかった一周だった。

もう少し走りたいってことで
難しい後半は走らず前半部分を走ろうか。
P7290147.jpg

P7290158.jpg

P7290165.jpg
写真ではもっとin側から回れるんちゃうのんと思うだろうけど
out一杯が一番楽なラインなんよ。

P7290174.jpg
走り終わって洗車。

P7290176.jpg
で、キモ怖い靴下。
いや・・・・ キモイやろう。
血吐いてるように見えるし。


Olympus STYLUS TG-4

まだ続く夏休み。




夏休み 1。
Category: MTB。  
7月27日。
仕事終わって愛媛へGO!の前にいろいろ準備し
深夜割適用するためにゆっくりドライブ。
日付が変わって、愛媛に到着。
少し寝てから八幡浜へ出発。

P7280012.jpg
昼前に到着。
当然、すでに灼熱だ。
P7280013.jpg

P7280015.jpg
一年に一回は八幡浜に来る。
今回はレースではなく練習というか走行しに来た。

下りも久しぶりやしというか
MTB乗ることじたい、一か月ぶりくらいなので
けっこう怖い。
Fフォークもメンテに出して
動きが体感できるほど見違えた!
P7280022.jpg
パートナーも怖いなりに下って難所の登り。
やはり難しいようで足つき。
P7280024.jpg

P7280027.jpg
お手本になるかは、わからんけど
ワタシのラインを見てもらって
チャレンジしてもらうとすんなりクリアー
やるやんけ!

桜坂からショートカットして
楽しいカーブで遊ぶ。
P7280036.jpg

P7280038.jpg
速度が遅いんでバイクの角度がない。
かっこ悪い写真やな~(笑)

2時間ほど遊んで
P7280042.jpg

P7280043.jpg

P7280044.jpg

P7280048.jpg

P7280049.jpg
昼ごはん。
山食がうまいのよ。
木陰が涼しくて横になったら寝てしまいそう。
ゆっくりしてから
軽く周回するかってことでコースin。
下りで水たまりがあったんだが午前中は避けていたけど
大したことないんちゃう?と思い
思いっきり突っ込んだら
P7280050.jpg

P7280051.jpg
一撃でものすごいことに!!
あんまりひどいんで
洗ってからまた遊びだしました。

ひとしきり遊んで軽くバイクを洗車して宿泊先へと移動。

次の日も遊ぶんでね。

Olympus STYLUS TG-4



夜の部へ続く。


はーやーいー。
Category: MTB。  
前日に誘ってもらったMTB走行。
なので久しぶりにあっこに行ってきました。

P7080001.jpg
ちょっと早くに着いたんで
一登りしてもどると

P7080002.jpg
久しぶりに一緒に走るA永さんと。
だいぶん前にtokiさんやjunさんと走った以来か。

さっそく走り出し、いつもと違うアプローチから。
A永さんはシングルやのにゴリゴリ登るし!
路面は濡れてて難易度上がるし。
ほとんど登るようなイメージしかない感じで
展望台へ。
ここで小休止。この日で一番休んだところだと思う。

それから下りが多くなるが
ここって濡れると走りにくいものだな~
というか、完全にコースや路面を忘れてる。
P7080003.jpg
この鉄塔からの下りが楽しいけど
ちょいちょいミスる。

H寺まで下るところもどんな感じだったか忘れ
飛ばせない・・・ しかもけっこう、藪が激しく道が見えん。
手足が露出してるんで、痛いのなんのって。

下り切って小休止。

サー登りまくる折り返し。
序盤はしゃべりながら走るもだんだん、しゃべれんようになってくる。
暑いというか湿度が高く汗が乾かない。
そうそう、虫の季節になりましたね。
顔の周りに小さい羽虫がブンブンまとわりつく。

P7080004.jpg
山の中に自販機があり
小休止。

P7080005.jpg

P7080006.jpg
変態自転車。
シングルやし変ドルも。ブレーキも。

展望台まで登りっぱなしだが
A永さんが速い。かなり緩めてもらって走ってもらっていた。

あとはザーっと下って終了。

まさかの2時間ほどで一周するとは!

はーやーいー。

小屋?でしゃべってから解散となりました。
お疲れさまでした!
またよろしくお願いいたします。

Olympus STYLUS TG-4


帰りにノムちゃんとこ寄ってトレックの車輪のことで。
サラのタイヤを持ち込みなんやかんやとうまいことやってもらい
なんとかなりましたよ。


ボンッ!。
Category: MTB。  
土曜日。
雨が降っているがMTBで舗装路練へ。

いい感じで進んでいたが
猪名川沿いでフロントがいきなり爆発!

ボンッ!

という轟音とともにシーラントがまき散り
タイヤがバースト。
P7010001.jpg
タイヤが裂けたと思ったが
ビードが外れて爆発したようだ。

マジでコケるか思たわ。

それより外れるかよ・・・
チューブを入れて直し、先に進む気にもなれず引き返して帰りましたよ。

現行のno tubes のリムとマキシスのタイヤの相性は悪いかも。
タイヤ交換の時も何回かボンッてやらかしてしまうことがある。
大した空気圧ではないんだがな~・・・
今回も3barほどで、タイヤの指定空気圧内だが
リムの指定空気圧かどうかはわからん。

それにしても下りでこないなっとたら
大怪我だっただろうな。
ゾッとしたわ。

帰ってからシーラント入れて直すも
エア漏れがひどい。特にサイドから。
おそらくタイヤが外れて何回転かしてしまったときに
サイドを痛めたんだろうな。
あぁ~小さい穴なんだがレースシーラントでも塞がらんわ。
サイドでもリムに近い所だからかシーラントが回りにくいようで
どうしようもない。

しかし、怪我なく平坦でこのようなことが起きたのは
”ついていた” んだろうな。

Olympus STYLUS TG-4

帰ってからローラーでもと思うも
昼寝したらやる気も失せてグダグダして過ごしました。


琵琶湖遠征。
Category: MTB。  
土曜日
琵琶湖rideに誘っていただいたので
車でビューン。
すき家で牛丼食っておいて、ハンガーノックに対処しておく。

なんとなく、走りまくる気はしていた。

P6170001.jpg
少し早めに到着。
いい天気だ。

P6170002.jpg
集合場所にはギャーさん集まった!
ワタシ含めて10人。

いよいよスタートだ。
が、早速の登りがどんだけ登んのかサッパリだ。
しっかり登り、いよいよトレイルin。

初トレイルなので慎重に。
って、まだ登っているんだが…
P6170004.jpg
しばらく進むと、壁?崖?が現れ ”押し上げる”
だが、
これを乗ったままクリアーする人がおろうとは…
山の駅の林道後の押し上げするところも乗っていきそうやな。
※この日は来ていませんでした。

下りに入り、怖い楽しいが続く。

ここの下り切る最後にSもっちゃんが溝にはまりこけていた。
どこを走っているのかサッパリわからんが
うなぎ屋のいいニオイで胃袋刺激されるが
”地元の人は食いにこん” らしい。
だいたい鰻の相場は¥3000~と言ったところどうな。
ワタシも¥3000~だと、安い焼肉食い放題のがいい。

二本目のトレイルまで登る登る!
兎に角、延々と登る。長い!
トレイルinしても少し登り、
P6170007.jpg
やっとこ山頂に到着。
ここからの絶景が素晴らしい!
○○市が一望でき、あの山は~・・・ 向こうの山は~・・・
と、大阪では信じられないほどのトレイルがあるようで
羨ましいぜ!

ここからの下りがまた怖いこと!
雨が降らんので砂がベアリングのようになり
リアブレーキのあまがけでも、タイヤがグリップせず
ロック状態。
そんなもんなので、リアはダートしっぱなしで
さらに下りの斜度は増していくわ
カーブはキツイわで
怖さ倍増!
だが、この こわ楽しいアトラクションはいいぜ!

と、ここでひとコケしてしまった。
これで、乗ったままクリアーできず・・・
リスタートも斜度がきつすぎて一度足つくと乗車不能になってしまう。

長い!
メッサ長い下り!
登った甲斐があるぜー
で、トレイルout。
で、もっかい登る。登りまくる。
さっきと同じところを登っているが今度は違うトレイルラインということ。
しかし、長い登りだ。

P6170015.jpg

P6170013.jpg

P6170008.jpg
三角点のあるところまで登り
絶景。
ちょっとガスっているのが残念だ。

ここからの快適下りが楽しい。
で、なぜかSもっちゃんがストップしていた。

山頂にリュック忘れたとか言ってだいぶ下ったのに
登り返していった(笑)
楽しい下りが終わって
この日は終わりだと思っていたが
まだ登るようだ・・・

エッチラオッチラ登り、下りは楽しんで下り切り
この日は終了。

35km 1500up

集合場所だったところで解散となりました。
企画していただいたU原さん ありがとうございました。

Olympus STYLUS TG-4

帰りは渋滞にも合わずゆるりと帰りました。
ただ、腹が減りすぎ低血糖なのか眠い。
帰宅後、腹は減っているが食い気がやってこないまま夕方まで。
けっこうなダメージがあるわ・・・
明日(日曜)どうしようかな…


なんやこれ。
Category: MTB。  
日が昇るのも早く、疲れているはずだが
目が覚めるのもAM4:00過ぎと早い。
二度寝するような睡魔すらやってこない。
起きてしばらくはボケっとしていたが
やることもないんで、いつもより少し早めに出てブラブラいつものところに向かう。

道中、ロード乗ってる人とかち合ってしまい
変にペースが上がり、少しの登りで心拍上げ・・・
登り切って緩めると・・・

すんげー吐き気が!
マジもどしそう。
それからも同じことやってみると、吐き気がおさまらなくなってきた。
とりあえず、トレイル麓までやってきたが
”もう帰った方がええんちゃう?” っていう体調。
せっかく来たし、一本だけでもと登りはじめ
気持ち悪かったら折り返そうと、かなりユルユル登って
登り切る。
P6100001.jpg
やはり気持ち悪い・・・

一本下るも、集中できてないのか
とっ散らかる。吹っ飛びかける。
P6100002.jpg
一本やったんで帰ろうかと思うも
気持ち悪なったら押せばええかと
もう一本。
途中、根っこゾーンでクリアーできてたんだが
ヘルメットのベンチレーションの穴に木が嵌まり込んで首がグキっと!

いってー!

で、二本目はなんかテンション高めで下って
やはり、体調は良くないので
フラフラ帰路に。

ま~向かい風のキツイこと。

Olympus STYLUS TG-4