プロフィール

しまうま。

Author:しまうま。
ぶらりぶらりと自転車乗ってます。
今はMTBでトレイル走行を
プラプラと。
冬場はRUN多め。
写真撮りに行くのはめっきり減ったなぁ~。

検索フォーム
QRコード
QRコード
CJ八幡浜 決勝 絶望。
Category: MTB。  
決勝朝はホテルの朝食をゆっくり食って・・・
って、このホテルにどんだけ選手泊まってんの?

ま、ええねんけど。

外に出たら雨が降ったようで路面はしっとりしていた。
一応、試走行くか?どうすっか?と迷いどころだが
会場へ。

やはり、微妙に雨の影響があるようで試走している人のタイヤを見ると
試走はええかと。
土曜のいいイメージを悪くする必要もないし。
というか、雨でも走れるようにとアンセムadvance2を手に入れたんやし。

32384078_2340291336197610_7235739198936842240_o.jpg
© hidehiro ito

IMGP3535.jpg
相変わらず やる気のなさだけは銀河で一番。

このあたりで雨ザーザー。
チャレンジが走ってるときに降り出し、路面は一気にドロンチョ。

IMGP3539_201805261919193f3.jpg

IMGP3542.jpg
雨が降ってはいるものの去年の富士見のような寒さはないので
走る。

スタートは無難にいって最後方というわけではなかったが
もう少しこげばよかったか・・・
下りで完全に塞がれ、どうにも・・・ いうたらアカンねんけど・・・
まぁ、心情は察してください。
雨でもしっかり走れるようにとアンセムadvance2を導入したのは正解だった。
ほんま、下りが怖くない。トレックできてたら
下りの安定はなかっただろう。
如意棒の効果絶大。
だが、

登りは絶望的に登れん。

IMGP3555.jpg

IMGP3588.jpg

IMGP3597.jpg

IMGP3655.jpg

リアが重いだとか、軽いではなく
登れん。
押しまくったわ。 みなさんは乗ってクリアーするか、アンヨで走っていかはる。
ワタシはのんべんだらりと歩いて進む。
このあたりの心意気がそもそもレースする気がなさ過ぎて
みなさんに失礼だと思う。

ゴジラの背はエスケープを通るんだが、前日の人だらけで練習不足から
ラインもわからず、しかも登り返しがあるのをしっかりすっかり忘れて失敗。
二周目は成功。
三周目はアプローチで失敗してズッコケる。

32399246_2340221336204610_2484324365223591936_o.jpg
© hidehiro ito
32407141_2340221376204606_728725503384485888_o.jpg
© hidehiro ito
32440574_2340221516204592_6644169292851970048_o.jpg
© hidehiro ito
32372965_2340221316204612_2235142491697315840_o.jpg
© hidehiro ito
ここの下りも二年前は怖くて下れんかったが
今ではスムーズに下れ・・・・ 
て、ないやん!
イヤイヤイヤ 失敗したときにhidehiro itoさんに撮られただけで
練習でもこの周以外はスムーズやってんで!マジで!
それにしてもそれなりに下れるようにはなってきたわ。
週末の ”いつものトレイル練” がそれなりに効果が出てきたかな。

走ってるとき、汗が目に入って前を見てられへんようになるし
霧が濃すぎてすぐ前の木やらコーステープも見えんようになるしで
サングラスが邪魔になる。
汗止めは最低でも何とかせんとな。
汗止めバンドでは無理だわ。

IMGP3669.jpg

IMGP3678.jpg
なんやかんやで足切りにあわずにフルラップ完走。
泥だらけで楽しかった。

IMGP3680.jpg
体も水浴びして寒い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直、ドライのままで4周回だったら足切りだったろうな。
雨はのぞんではいたが、ここまで絶望的に登れなさすぎとは思わなかった。
少し練習方法も考え直さんとな。
コースがちょっと変わってしまっていて、最初に走ったころの疾走感がなくなるようなレイアウトになってきて
微妙な感じ・・・
桜坂も以前はあれほどきつい登りではなく、途中で下って舗装路を長いこと登っていたはずなんだが
それもなくなる。
今回は前半の下りがとんでもなく微妙になってしまって
どうかと思うわ。
CJシリーズもコースの難易度を上げていっているんだろうけど
この微妙さはなんとも・・・
今年の菖蒲谷のコースは秀逸だったな。ホンマ。速い遅いはおいといて、ホンマ、走ってて楽しい。
難しいと怖いがいい感じなのよ。

次戦は石川県 一里野。
なにやら おもんないコースだとか・・・
まぁ、走ったことないコースなので人様の意見は参考程度にしておこう。

と、ま、ブツクサ文句書いたけど
八幡浜は楽しいわ。次回来るときはレースに参加せんと
このコースを走りに来るだけやな。拓海も美味いし。

PENTAX K-3Ⅱ
PENTAX-DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR

次戦に向けて、菖蒲谷以来 体調不良が続いていたが
だんだん上向いてきたし、ちょっとよく出して走ってみようかの。
スポンサーサイト


CJ八幡浜 夜。
Category: 呑み。  
日曜のレースは雨だとかではないが
八幡浜のコースは楽しいのであんまり競争する意識が薄い。
それなりに足切りにならんかったらええかと。

そんな感じなので夜は呑みに行く。

PM5:00すぎでも外はまだ明るい。
ホテル周辺を少し散歩し
八幡浜に来たらいつも行く拓海へ。
32260709_2062448067355759_12790515686703104_n.jpg

来るたびに思い知らされる美味さ。

32266788_2062448107355755_5463613685194817536_n.jpg
刺身のレベルが大阪ではなかなかの高級店に行かんと食えんレベルのが
普通に出てくる。

32283731_2062448244022408_6275810671091253248_n.jpg

32313985_2062448270689072_949646938779680768_n.jpg
利き酒。
日本酒の種類も多く
愛媛のお酒を利き酒で全種呑んでおく。

微妙なのもあるが、この店では日本酒が合うのよ。

32235600_2062448140689085_2440622201108430848_n.jpg

32294606_2062448170689082_3782646936754978816_n.jpg

32286635_2062448187355747_6853903059995590656_n.jpg
やっぱりここに来たら
葉ワサビを食わんとダメだ。
もう強烈。
もちろん、二回注文した。
もちろん、お茶漬けも注文した。

いい感じに酔っぱらってホテルに戻ると
バタンキュー。

Xperia

コンデジ持って出るの忘れた。



CJ八幡浜 土曜日。
Category: MTB。  
いつも愛媛に行くのは夜中なんだが
仕事が片付いたんで、昼で上がってゆるりと愛媛へ。
車を買ってから初の長距離ドライブ。
さて、どんなものだろう。

結果から言うと、FIT最高!
なんなん!この疲れなさ。半自動運転やらなんやらが
とにかく、楽。
HONDA sensingはイイ。
おそらくFIT以上の車のHONDAsensingはさらにイイらしい。
それより、燃費の良さがとくに良い。
今までは軽の1BOXで燃費もいい時で12km/lだったが
今は余裕の20km/l超える。最低でも20km/lだ。
自転車を屋根積みしたとき、やたらとばすと燃費はウナギ下がりだが
屋根積みでも90km/h辺りで巡行してると、燃費もかなりいい。
高速代は普通車になってあがるものの、燃費の良さで帳消しだ。むしろ安くつく。

日が暮れて夜になったころに愛媛に到着。
一服するには十分な時間が取れた。

あけて土曜。
八幡浜に向かう。
昼からコースオープンなので、ゆっくりと家出。
ほどなく会場に到着。
IMGP3395.jpg
受付済ませてコースinする準備。

IMGP3397.jpg
そんなんしてたらニッシャンと会う。
しかしこの写真は捕まった宇宙人か子供が背伸びしてるみてーじゃねーか!
ムムムムム・・・・
歳の差は倍ほど違うんだがな~。

IMGP3405.jpg
パートナーも実は走りたいようだ。

土曜はいい天気で、決勝の日曜は雨はさけれんので
土曜は楽しんで走ることに。
攻略するだとかではなく、楽しんでコースを走る。
コース前半の楽しい下りを・・・・
とおもとったら、なんや変な感じでコース変えられてるし・・・
もっと疾走感があったのに、なんやおもんない感じになってる・・・
これからもっと変えていくんだろうけど
今回はとりあえず作った感があり、コースの完成度が低い。

後半は変わりなく。
今まで失敗ばっかりだった舗装路後の登りにある岩越えができなんだが
アンセムadvance2だと普通に越えれる不思議。
ゴジラの背と呼ばれる根っこゾーンは人だらけ。
明日は雨なのでエスケープのラインをチェックしようと突っ込んだだら
コース塞がれるほどの人だかり。
これには閉口。 あのなぁ~・・・
どのみち雨でエスケープも押すことにはなるやろうし
ゴジラの背過ぎの根っこをなんとかしようと考えてたら
マツシュンチームがやってきてレクチャーしだして
聞き耳たててたら、ラインのお手本をたまたま見れた。
これがまーそこ通るんや!と。
で、一団がいなくなってからいざやってみると
手本通りにはいかんが、越えれるもんやな。
ああいう指導者がいるところは、今後の成長が楽しみだ。

IMGP3445.jpg
前半のコースが変わったんで覚えるためにも
前半だけ少し時間をかけて走っておく。
後半はゴジラの背で人だらけになってるんで
あんまり楽しめんのよね。

IMGP3530.jpg
それなりに楽しんだんで
この日は〆。

ホテルに行って
明日の準備?しないよ。
朝はレースで競争する気はないんで八幡浜のくるといつも行く
呑み屋に行くんだよー!

PENTAX K-3Ⅱ
タムロン 70-200mm F2.8


土曜の夜に続く。



GOLDEN WEEK ⓺。
Category: 自転車。  
連休最終日は八時練へ。
MTBのトレックで行かず久しぶりにTIMEで。
なぜかって?舗装路をMTBで行くのんしんどいねん。

で、福島名所で
P5060017.jpg

( ,,`・ω・´)ンンン?

P5060018.jpg

P5060019.jpg

P5060021.jpg

P5060020.jpg
出汁の自販機はあったが
つゆやらタレは初めてだな。
ミョウに安いし。
新名所では飲み物安いんでこんなものか?

P5060022.jpg
それなりに集まってはいるが
引率がいなく、スタートがなかなかしない。

スタートしない。

パートナーにケツヲタタカレ
ショボショボと先陣を切りとりあえず中橋ローソンに。
ブラブラ向かって
P5060023.jpg
到着。
いつものイッパイ。

どこ走ったっけ~?
そうそう、阿古谷登ってファミマに行ったな。
P5060024.jpg
これまた引率いないんでスタートせーへん。

しびれ切らして
ユルユル先行して変電所登ってたら
なんと頂上付近でJUNさんに遭遇。
なにやら山の駅に向かうとかで、ここでお別れ。

したはずなんだが

P5060026.jpg
下りでパンクしたんで
みんなに先行っといてと伝えたら
JUNさんにも耳に入りわざわざ引き返してきて
ネタ写真をと思っていたそうだが
そんなにトロトロパンク修理しませんよ。

P5060029.jpg
戻ってきてくれたんで
集合写真撮って
道の駅までJUNさんの男引きで楽々到着。
ここでJUNさんらとは別行動。
ワタシは帰路へ。
中橋ローソンに立ち寄ってブラブラ帰宅。

よく遊びました。

Olympus STYLUS TG-4

帰ってから自宅ですき焼き食って
sparklingあけたり、呑んだくれて
クタクタになって就寝。

今年はレーシングな一年なので旅行兼、レースとなる一年。
レースは競争するような意気込みではないが
それなりに練習しとかんとな~。

体重はものの見事に激増中。


GOLDEN WEEK ⓹。
Category: MTB。  
ゴールデンウイークがあけたらレースなので午前中は走らせてとパートナーにいうと
家からRUNってトレイルまで行くという
とんでもないようなことをサラっと言いはった。

トレイルoutする時刻をだいたいよんで
パートナーに伝えて、家出。

いつものところに車を停めてトレイルin。
いや~登れん。
菖蒲谷でも思っていたが、リアが重い。
やはり、クレストの車輪組んでもらおうか・・・
いやいやいやいや
もうCJは今年限りと思ってるし、お金かけるのはNGだろう。
そもそも、今年に入ってから大枚はたきすぎてるし。
いや、でも・・・
イヤイヤイヤ
いや、でも・・・
イヤイヤイヤ

もうなんど自問自答したことか。

周回はじめるも、頭が痛い。
P5050006.jpg
どうやら、新しい汗止めバンドがきつくて
締めあげられているからだと気づき、外してリュックへ。
だが、汗止めがなくなったんで
盛大に汗がしたたり落ちてくる。

P5050007.jpg
リア42が合うと思っていたが
フロント30Tでも微妙に合わない。28Tとかないかな?そもそも付かへん?
もうダブルにしようかしら。クランクはあるし。

P5050008.jpg
なんやかんやと5周はした。
池過ぎのちょっとしたギミックがあるところもかなりクリアー率があがってきてが
アンセムadvance2だからだろう。
とはいっても、いつものトレイルはアンセムadvance2で走るんだがね。

パートナーに連絡とって待ち合わせて
帰路へ。

帰りにスーパーに立ち寄り
燻製やろうぜ!ってわけで、いろいろ買い込んで帰宅。
P5050009.jpg
結果から言うと、失敗。
くそー。
もっとええ燻製器買ったろか!

P5050016.jpg
でもまぁ、それなりに出来上がった。
あんまり燻製感がないんだよな~。

P5050010.jpg

P5050015.jpg
ビールやらなんやらで一杯、二杯とすすんで
夕暮れには片付けて就寝。

Olympus STYLUS TG-4

それにしても
登りが思っている以上に登れなさすぎ。
加齢だとかもある程度はあるんだろうけど
練習しなさすぎと、強度も負荷も目標もすくないんだろうな。
それなりに太ってきたし、少しは体重減らさんとな。
アンセムadvance2のリアが重いとか言う前に
オノレの体重減らせよってことだわな。



GOLDEN WEEK ⓸。
Category: MTB。  
GOLDEN WEEK。
どうでもいいが、タイトルのWEEKが間違っていた。
WEAK ではなくWEEKでしたね。

連休の中日で、今年はレース頑張る年なのだが
CJ朽木にはでない。
前々から言っていたが、ダーッと登ってサーッと下るだけの
おもろないコースなので、お金使う気にならんのよ。さらに言えば、ミョウに高くつく。
担当の846がやると、なぜか高いのよね。
エントリー代というより、参加者やのになぜ駐車料金がとられるの?
しかも、二日間いけば両日ともとられる。さらに言えば、いったん出たら、またとられる。
まぁ、そういう所なんだな。

IMGP1774(1).jpg
ブツクサ言っても、レースは好きなわけで
ゴールデンウイークにすることもないので、朽木に見に行く。
到着はいい感じ。道中もスムーズ。
会場は食い物なさそうなので道の駅?で買い込んでおく。

IMGP1782(1).jpg
到着して、正面にあるとんでもない斜度のところにわだちがあるんで
今年はアレ登るの?と思い、聞いてみたら
何日か前に単車イベントがあったらしく、その時その時ついたわだちだそうだ。

IMGP1786(1).jpg

IMGP1801.jpg

IMGP1802(1).jpg
会場をウロウロしてるうちに
ユースからスタートして始まった。
いつも思うんだがスコットの彼のチーム?ジャージがカッコええのよ。

IMGP1876(1).jpg

IMGP1961(1).jpg
マスター見たり、いろいろカテゴリーがかぶりながらスタートしてて
どれがなんのカテゴリーかサッパリだが
楽しく見てられる。
しかし、コースの難易度が低いんで
ライダーの技術が美技ではないんよね。
MTB乗り始めの時は、このコースなんて難しいんだ!と
思っていたが、今では難易度低いと感じるまでになった。
山の駅走っていれば、ここのコースはなんてことない。ただ、クライム能力はかなり高くないと
勝ち負けの辺りで走るのはむずかしいだろう。
クライムも ほぼ、no technicで走れてしまうので、難易度はさらに低くなる。
ただ、見てる分には楽しい。
ライダーが苦しみながら登ってくるさまは
応援せずにはいられない!
苦しさがわかるだけに!

IMGP2363.jpg

IMGP2362.jpg
マスターあたりのカテゴリーが終わって
advanceだったかな?始まったが
まったく見てなかった。自分のカテゴリー見ると出りゃよかったかな?とか思うだろうから見ない。
道の駅で買った鯖寿司と赤飯。
美味しくいただきました。
残しておこうかと思っていたがペロリと食っちまったよ。

IMGP2366(1).jpg
会場をブラブラしてにっしゃんともあえたんで少し話して
エリート観戦。

IMGP2707_201805161747155f6.jpg

IMGP3028.jpg
彼のフォームがカッコイイ。
まさかオガチャンが足切りにあうとは・・・

IMGP2604.jpg
にっしゃんは足切りにあわずフルラップ完走。
すばらしい!

・・・・・・・・

PENTAX K-3Ⅱ
タムロン 70-200mm F2.8


観戦終わって帰路に。
帰りのバイパス出るまでが物凄い渋滞で
5分に車一台分進む程度のひどい渋滞にはまってしまい
帰宅するころにはクタクタになった。
やはり朽木の帰りはこうなるんよね・・・
いったん北に向かって走り、南下した方が早いかも。




GOLDEN WEAK ⓷.2。
Category: 撮り歩き。  
蹴上からブラブラ歩くにはもってこいなのが
哲学の道。
IMGP1720(1).jpg
まずは蹴上からの道中にある
南禅寺へ。
この日の前日に異臭騒ぎがあり
keep outのテープだらけを期待するも、普通な景色。
原因はどこぞでイノシシ撃退スプレーを散布したとかどうとか。
パートナーとベタな写真も撮ったりと楽しみながら歩いて抜けていく。

IMGP1731(1).jpg
哲学の道までにある学校では
コイノボリがギョーさんたなびいていた。

哲学の道は以前よりきれいになった。
道自体はそうでもないが、まわりの景観がかわっていた。

IMGP1744(1).jpg
今まであった店もなくなったり、店がかわっていたり、新しい店舗ができていたりと
しばらく来ない間に、いろいろかわったな~。

哲学の道というだけあって、なにかしら物思いにふけって考えられるような雰囲気は変わりない。

IMGP1739(1).jpg
歩きまくる。

IMGP1751.jpg
さすがに朝からなんも食ってないんで
腹が減る。
なんとなく気になったパン屋に入って
イートインスペースで少し食べておく。

IMGP1748(1).jpg

一服して京都大学のほうへ。
今まではデッカイ看板?が並んでいたのに
条例がでたとかで撤去され、なんとも寂しい大学周辺。
だが、大学の周りにはリーズナブルな食事ができる店が多く
入りたくなるというか、吸い込まれるぅぅぅ。
なんとか吸い込まれずにすんだが
IMGP1752(1).jpg
この店はなんや?

ブラブラ歩きす進んで
下鴨神社に。
IMGP1756.jpg
流鏑馬がおこなわれるようで
観覧席の整理券配布の行列がすさまじい。
報道席?写真スポット?よくわからんが、ゴツイ三脚が立ち並んでいるところもあり
流鏑馬を見たい気持ちはあるが
人の山を見るとうんざりする。

IMGP1761(1).jpg

IMGP1764.jpg
かなり歩きまくって出町柳に向かい
出町ふたばで・・・・・・・

・・・・・・・・

なんやあの行列は!
無理。
ある程度の行列はしかたないが、何回折れ曲がって何人並んでるか不明なほどの行列。

”ミドリの居酒屋” で一杯やっつけて
京阪特急に乗って大阪へ。
中の島祭りやってるんで、今年は突撃。
なんやかんやと屋台を楽しんで帰宅。

PENTAX K-3Ⅱ
タムロン 28-75mm F2.8


歩いたー!
めっちゃ歩いてアンヨがダルイ。
やっぱりたまにはこういう散歩もいいものだな。



GOLDEN WEAK ⓷.1。
Category: 撮り歩き。  
さて、五月に入って 1、 2日は仕事。
今年の連休はなんといってもいい天気が続く。
2日は雨だったが休みではなかったのでノーカン。

大きい会社だと9連休だとかだろうが
ワタシのところはカレンダー通り。
さて、朽木にエントリーもしてないし
パートナーともブラブラ散歩もしたいので
3日は京都へ。

IMGP1633(1).jpg
久しぶりにカメラもって撮り歩く。
どこ行こうかと、考えるものの
今まで行った散歩コースをなぞる、いつものルート。

IMGP1643(1).jpg

IMGP1655(1).jpg
てくてく歩きまくる。
バスや地下鉄、タクシーは言語道断とのパートナーからの お達し。
レンタサイクルはいいとは思うが、朝早くからの京都についたので
レンタサイクル屋が開いてません。

IMGP1668(1).jpg
雨上がりらしく、でんでんむしがニュルニュル動いてた。
もっと気持ち悪く撮ったろうかと思うも
ナメクジにしか見えんので殻はフレームに入れておく。

すでにここまででかなり歩いてると思うんだが
パートナーは なんにも堪えてないようだ。

IMGP1670(1).jpg

IMGP1672(1).jpg
まっだまだ歩く。
すでに2時間近くは歩いているはず。

IMGP1680.jpg
リアルレゾリューションで撮ってみた。
リサイズしてるから微妙かもしれんけど
元の絵は流石の解像度。

IMGP1684(1).jpg

IMGP1686(1).jpg

IMGP1691(1).jpg
ワタシの好きな場所。蹴上。
ちょっと怖い いわれのある場所なんだが、ここはなんとなく寄りたいのよね。
このトンネルのうえは疎水が流れている。
いつかは疎水沿いに琵琶湖までトレイルRUNしたいの~。


つづく。


PENTAX K-3Ⅱ
タムロン 28-75mm F2.8

この日は28-75mm一本で。50mmも持っていったらよかったかな。軽いし。


GOLDEN WEAK ⓶。
Category: MTB。  
4月のGOLDEN WEAKの話。
ま、前記事の翌日なのだがね。

朝早くに家出。
もちろんパートナーも一緒だ。
出かける先はいつものトレイル。

ワタシはレースも近いのでMTBに乗りたいねんと。
パートナーも走りたいようだが、車を買い替えたんで
二台運べんのよ。
なので、パートナーはトレイルランニング。

P4300004_20180501184026d3f.jpg
ノンストップ5周するも、やっぱり菖蒲谷からどうも調子が上がってこない。
まぁ、焦っているわけでもないんだが
もう少しなぁ~と、頭のイメージと実際の走りのイメージがチグハグなのよ。
それにしても如意棒の威力は絶大だな。
さらにはアンセムadvance2の設計の良さがここのトレイルでは最高だな。
池過ぎのちょっといやらしい坂があるんだが
この日は3回成功。これはイイ成功率だ。というか、ほんまアンセムadvance2の ”下手糞を補ってくれる設計” のおかげ。

それよりも気になるのが右ひざの痛みだ。
どうしても乗って登れないところがあるんで、そこは押す。
そのとき、右ひざがかなり痛む。
足の運び方で、痛みが無いようにも歩けるんだが
速く歩こうとすると、なかなかの痛みがくる。
下りや平地はまったく何ともないんだが
登りで力を入れるとどうにも痛い。

P4300005_20180501184027261.jpg
車に二台積めるようにせんとな~。

Olympus STYLUS TG-4


GOLDEN WEAK。
Category: MTB。  
連休に突入。
今年は朽木に出やんのでのんびりと・・・
って、毎年のんびりなんだがね。

連休初日はあんまり乗りたくなくて
パートナーはRUNりたい様子。
なので舞洲までアンセムadvance2乗ってRUNに付き合う。

日曜。
パートナーのツレが八時練に来るので付き合う。
P4290001_2018050118401757c.jpg
とりあえず中橋ローソンまで。
行先は一庫経由で逢坂峠へ。

これがまた、アンヨ具合はすこぶるよくない。
とはいえ、練習に来たんだからと一庫の登りで踏むも
やはり攣りかける。なので、ゆるめてしばらく走行し
トンネルいくつか抜けたら、踏み始めて先行している人に追いついたところで
逢坂峠に入る。
少し踏むものの、中橋ローソンからノンストップっていうのがかなり堪えるんよね。
しかもトレックできてるからよけいに。
ブロックタイヤの負荷は想像以上に堪えるで。
いうても、自分で選択してトレックできてるんだからブツクサ言うたらアカンねんけどね。
P4290002.jpg
逢坂峠下って
久しぶりにここで一休憩。

一通り集まってリスタート。
名月を登り下ったところで
野間のケヤキに行くことになったんで
以前、パートナーと開いてない ”薪のパン屋” に行こうか。
P4290003.jpg
大流行の薪のパン屋。
大繁盛。
なかなか買えないが、やっとこ順番が回ってきた。
ガーリックフランスをかなり買い込み
みんなはもう出たかな?と思っていたが
まだいてた。

一の鳥居から中橋ローソンに帰ってきて
川沿いからみんなと別れて帰宅。

Olympus STYLUS TG-4

猛烈にアンヨがいたい。
菖蒲谷で足攣ってからというもの具合がすこぶるよくない。
何かしらのサプリとった方がええかもな~
金グリコをまた買おうかな。


ダルくて。
Category: MTB。  
日曜、トレイルに行こうかとも思うが
前日の練習が思いのほかきいてて体が怠い。

朝早くに目が覚めていたが
アンヨがダル重く、うんうん唸っていたら
時間はみるみる過ぎていく。

八時練でフワ~っと乗るかと
家出。
P4220007.jpg
目覚めのイッパイ。

だんだん集合時間に間に合うように集まりだし
めずらしくAM7:55にはかなりの人数がいてる。
AM8:00になると、走り出す。
ちょっと前まで、かなりダラダラしていたのに
時間になったらとりあえず走り出すようになった。

ふわ~っと行かんのね。

道中はそれほど速くもなく心地いい程度で進み
P4220008.jpg
中橋ローソンに到着。
あれやこれやと向かう先を検討して
野間の大ケヤキに行こうかと進みだす。

ここまで来るのもアンヨ具合がよろしくないので
けっこうツライ。
一庫の登りで駆けたが、
ヤバい! 攣りそう!
変にゆるめると一気に攣りそうだったので
踏み込んだままゆっくり落としていって、つらずにすんだが
止まりたくない。止まると一気に攣りそうなので
ダムサイトで集まりそうだったが
ゆっくり先行して走って行く。
トレックで練習に参加してるんだが、やはりブロックタイヤでの走行はしんどいわ。
ま、それがいいねんけどね。
ケヤキに行くには ”手前で曲がる” か ”奥で曲がるか” の二択があったが
奥かな~と勝手に判断したが ”手前” だった。

あんまりゆるくいくのもな~と、それなりに踏み踏み。
心拍ゾーンは ”4” あたりで踏み踏み。
P4220010.jpg
ケヤキで一休憩か?とおもたら
一通り集まったらすぐにスタート。

野間峠は結構踏んで進む。
最後らへんでちょっとタレたが、もう一度踏みなおしてトンネルまで。
いい感じの疲労感。
妙見頂上まではユルユル進んで
P4220012.jpg
イッパイ。
変なのにフォーカスあってもうた。

ここから高山登って公民館で集まらず
そのまま下って箕面駅前でちょっと集まり
中橋ローソンまではユルユルと一人で進む。

ローソンで一通り集まって帰路へ。
いつものところでみんなと別れて帰宅。

帰ってからは行くとこあったんで車でブーン。

Olympus STYLUS TG-4


よく遊びました。

さて、ゴールデンウイークに入るな~。
何しようかしら?
朽木は出ないし。見に行く?
いやいや、走ろうか!

走ろう!


こんな怖かった?。
Category: MTB。  
やっぱり軽さは正義! 

ジャスティス!

と、ま、こーいうーことなので
久しぶりにトレックでいつものトレイルに出撃。
登り軽いわ~。ほんま、軽い。
だが、池すぎの登りで5周中、すべて×。
おしいんだが、どうも重心位置が悪くてクリアーでけん。
アンセムadvance2の ”勝手にやってくれるトラクション” は偉大だな。

で、ま、登れば下りに入るんだが

怖い!

なんなん!サドル下がらへんだけで
これほど怖いとは!
サドルがめちゃくちゃ邪魔!
マジこえぇぇぇ!
ヘッド角も2度違うだけで ここまで前転しそうになるか!(せーへんかったけど)
1周目の下りは ほんま、ドキドキやったわ。
2周目、3周目と慣れてはくるが
いままで、ほんまにトレックでこのトレイル下ってたん?ってくらい怖いぜ。
でも、ま、登りが早いんでいいか。
アンセムadvance2と比べて2km/h差くらい違う。
っちゅーかそれなりに登れてきた?(勘違い大)

P4210003.jpg
ノンストップ5周しました。

もうベロベロにしんどかったです。

Olympus STYLUS TG-4

さて、八幡浜はアンセムadvance2でいくとして
一里野やらは登りが厳しいらしいし、下りはおもんないらしいし、
トレックで行くかと。
で、ま、週一回はトレックでトレイル走っとかんとな~。
アンセムadvance2も100gほど軽くなったし。
スプロケもXTRに・・・・・・ せーへんよ。ギア比がね、登れるギア比ではないのよね。
でもちょっと試しておくか。



乗ってんねんで。
Category: MTB。  
レースあけてから、怠け放題の肥え放題。
ワタシのライバル、ヘルスメータが景気のいい数字をたたき出してくれる。

ムゥ・・・

DSC_0669.jpg
舞洲で15周したり

DSC_0668.jpg
なみはやダッシュ5往復したり。

RUNはまったくやってない・・・
ちょっと右ひざが ”ジャンプひざ” のようで
痛みがあるのと、今は自転車なのよ。
大阪マラソンもエントリーするとか言ってたが
日程と予定がかみ合わないので
大阪マラソンはヤンピ。
やはり、カテゴリーが上がって、少しでも上位という意識高い系の人らと走ることとなるので
RUNもやるという二足のわらじてきな気持ちでは
”フルラップ完走” すら あやしいので
自転車練習をやれることを ”自分なりに” やっていかんと
ワタシ自身も納得できんのよ。
人から言わせれば 
”その程度” の目標かもしれんが
ワタシには十分、高い目標なのよ。

息抜きというか、気分転換にたまにはRUNるつもり。
ま、自分のペースでやれることを ”ある程度” で頑張りまっさ。

バッチバチにやってる人のブログやらを読むと
奮い立つんだが、そんな人らのようにはできんので
強度も負荷も距離も時間も低く設定して、やっていきまっさ。


菖蒲谷での腹の中。
Category: 自分自身。  
試走時から思っていたが
今年のCJシリーズはみょうに温度差がある連中ばかりだなと感じていた。
今まではどっちかというと
楽しんで走れればいいか~的な人も多かったんだが
なぜかバキバキに気合が入ってる人ばかり。

もう今年だけかなと、ぼんやり思っている。
歳的にもことしまでか?な。
正直、ここまで気持ちの温度差があると変にポイントとって
前に並ぶのは気がひける。

菖蒲谷のコースも今年は秀逸!
とにかく、楽しい苦しいがいい感じ!
視覚的に怖さを感じる下り、少しテクニックがいるカーブ、走力ないと登り切れない登り。
トレイルではかなりのマージンもって走っているが
リミッター外して走れる楽しさ。
コースが楽しくて、温度差のある連中は先に行ってもらおうと
ただでさえスタートダッシュは弱いのに、さらに踏まずに最後方で足切りにならん程度で走っていりゃええかと
レースが始まってもそんな感じだった。
このコースを楽しもうと、誰にも引っかからん程度に走っているんだが
抜いてしまったりするもんやから
追いかけられる。
で、後ろで変速音やらぜーぜーと呼吸音が聞こえてくると
集中切れて、あんまりコースを楽しめない。
最終周でフルラップ完走が確定したんで、ゆるめて一人でコース楽しもうと先行してもらう。
1_20180415085427574.jpg
前半の激登りから、下りがスリッピーなところも
もう少しどうにかできたかな~。
あーすれば、
こーすればと、思い返すとまだまだやれることはあるな。
後半の下りも大岩下りで飛べるぐらい速度が上がればもっと楽しく感じてただろうな。

GIANT 2018アンセムadvance2でいったのは正解のような気はするがトレックでもいけたな。
アンセムadvance2もあと1kgは軽くできたらもっと気持ちよく登れそう。
特にリアの軽量化。車輪もカーボンとはいえ、おそらくクレストにした方が軽いと思う。
スプロケもXTRにしたらかなり軽くなるだろうが

買えん。出るものがない。

毎年、パンクトラップがあるんだが今年は無いとおもっていたが
まさかの ”うららSECTION” がパンクトラップだったとは。
岩を積み上げたようで初見はどういうふうに行こうか悩んだが
ワタシは母屋の縁石を利用してサーっと抜けるとめちゃくちゃスムーズだったが
皆さんは岩に直撃するように突っ込んでいたようで
何人かはパンクしていた。

ま、するわなと。

今年のコースの変貌ぶりはジュニアたちが世界戦を見据えての
コースの難易度だったそうで
世界戦はこれぐらいの難易度の高さなんだろうな。

気持の温度差はかなり感じたレースでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年は審判の資格とろうかしら?
でも見てたらレースに出たくなるやろうな~
裏方の少しでもレースにかかわっていたい気持ちはあるが
レースに対しての気持ちの高ぶりがなく、他の競技者との温度差があり
なんとも・・・
今年はできるだけレースには出るつもりではあるが
フルラップ完走程度でいいかというココロだ。

エリートの圧巻の走りはロードの速さとは別次元。
とんでもない所をとんでもない速度で駆け抜けるさまは

まさに圧巻!

ワタシの周りのメンバーにも彼らの走りを一度は見てもらいたい。
単純にすごいことをやってるって見るだけでわかるし。
そもそもロードのような 
”後ろで足ためる” とかないし。

それにしても今年の菖蒲谷のコースはもう一度走りたい。
競争はせんでええ。ただただ走りたいだけ。

さて、ゴールデンウィークの朽木はコースの難易度的にもパス。
面白くない。
次戦はコースも楽しさが上がった八幡浜。
二年ぶりか~。
次戦も楽しんで走りまっさ。フルラップ完走するにもある程度の練習は必要なので
練習してますよ。


CJ2 菖蒲谷 決勝。
Category: MTB。  
朝、試走しといたほうがええやろうと
朝早くに家出。
レーダーでチェックしてたが、やはり夜というか夕方にしっかり降っていたようだ。
さすがに日曜朝早いので全然こまなく、快適。

高速下りてすき家でちょっと食ってから会場入り。
すでに駐車場は一杯なのか、あふれている。
今までなら、この時間だとかなり余裕があるんだがな~・・・

ま、試走に出かける。
予想はしていたが、結構滑るものの
前日の雨直後のコースよりかは、かなりまし。
このまま降らずにいけたら路面はどうもないだろうと
一周だけでヤンピ。

決勝までは少し時間があり
普段、アップなんざせんのだが
気温も低いので、少し走っておくかと・・・
って雪降ってきたで!吹雪いてきた!
マジかよ・・・

すぐやんだが、舗装路は軽く濡れてコースはどうなってるんやろうか?
すでにレースは始まっているので走っている選手のタイヤ見ると
そうでもないか。

IMGP1464.jpg
さて、決勝。
やる気のなさだけは世界一。

IMGP1470.jpg
グリッドはこのあたり。
周りを見ると、意識高い系しかいない。
まさに場違い。

IMGP1477.jpg
スタートして一気に最後方。
スタート直後のスプリントは相変わらず苦手だ。
しかし、リアが重い。単純に重量物を引きずっているかのような重さだ。
やはり軽量は正義!ジャスティス!

一気に登るんだが、ここがま~キツイのよ。
とはいえ、いつものトレイルほど長くはないが斜度がキツイ。
IMGP1565(1).jpg
試走時よりかなり食いつきがよく、滑る気はないが
ワタシの下り速度でもあがると、滑る。
が、コントロールはできる範囲。

IMGP1580(1).jpg
大岩下りも気持ちいい。

コースが楽しくてしかたない!
レースを楽しんでる!競争はしてないけど!
しかし、最終周にあるところでアンヨが攣っちゃった。
めちゃくちゃ痛い!痛すぎるっ!
やはり練習してたから一時間ぐらいでは何ともないと思っていたが
マグオンはもって走るべきだった。

IMGP1613.jpg
なんとかフルラップ完走。

今年のadvanceはレベルが高い。しかも速い!
やはり場違いだな。
いまからマスターに鞍替えでけんもんやろうか?

IMGP1619.jpg

IMGP1620.jpg
レース後、会場をうろちょろ。
フルさんにコーヒーいただいて
夕方に用事があるので会場をあとに。

この日のエリートレースは見たかったんだが
しかたない。


PENTAX K-3Ⅱ
PENTAX-DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR


足が痛い。


CJ2 菖蒲谷 前日練習。
Category: MTB。  
例年なら前週あたりに菖蒲谷でXCコースまんまの耐久レースがあるんだが
今年はなかった。
なので、前日に練習走行へ。

春になりつつある気温だったが
かなり寒い。
車を新調したんだが、半自動運転?といっていいのかわからんが
これがまーラクなのよ。
運転が楽というのは、レースに行くにはもってこいだ。

到着し
IMGP1218_20180411060329ec5.jpg
受付すまして準備してると・・・
ポツポツ・・・ サーッ・・・

雨。

まじで?しっかり降ってくれたんで
路面は十分濡れました。
レースでもこれぐらいはあり得るだろうと
雨直後にコースin。

今年のコースは去年までとはガラッと変わりすぎなぐらい変わり
コースプロフィールはまったくわからん。
しかも雨上がり直後なのでズルズルで登れん、下れん、曲がれん。
押しまくり。
IMGP1230.jpg
下りで足をついても まったく止まらん!
すべりまくりでスキーでいうマタワリ状態になってしまい、どうしようもなく
バイク放して転がった方が止まれると思い、
転がりましたよ。見ていた人に笑われたがしかたなし。
だが、
楽しい!

なんとか一周したが、続けて走る気にはなれずしばらくゆっくりしている。

何人か走っているのを見るとタイヤの汚れ具合が
ほとんどなくなっている。
もう乾いたん?と思い、コースin。
しっとりはしているが、雨直後よりはるかに食いつくし滑らん。
普通に乗って一周できました。

今年のコースは下りが怖い、楽しいがある!
大岩ジャンプ? 真っ逆さまに落ちるようなところ、板ジャンプ。
これは走っておかないともったいない!
だが、一周でもめちゃくちゃしんどいのはやはり、XCコース。
どうでもいいが、いちいちUターンに近いカーブやらシケインやらが多く
もう少し心地いいカーブにしてくれんかな~
さらに、キャンバーカーブの多いこと!

IMGP1397(1).jpg
だいぶ路面も乾きだして
ほぼフル乗車できるんだが、根っこがまだ濡れているところは
ワタシの技量では無理。思い切っていけばクリアーできるのはわかるが
前日にコケるイメージ焼き付ける必要もないんで無理せず。

大岩ジャンプ、大下りの回避ルートもあるんだが遠回りやし
これをチャレンジしないと もったいない!

最後、コースinしてたら降ってくるし・・・

レースはズルズルやな~と覚悟を決めて
帰り支度。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの高速でまさかのキャリアが外れて、危うく参事になりかけるも
なんとか引っかかっていて、料金所近くだったんでスペースもあり
事なき。
かなり焦ったわ。


PENTAX K-3Ⅱ

さて、レースだ。
つづく。


更新滞ってました。
Category: MTB。  
特にいろいろあったわけではなく
単純に更新意欲がわかなかっただけで・・・
楽しみにされてる方もいてる?かもしれないし
毎日、のぞいてくれている人もいてる?かもしれない。

三月は更新止まってからは
MTBでトレイル走り回ってました。
P3240001_2018040618442865d.jpg

P4010005.jpg

P3310003.jpg

パートナーも大阪出張があり、やってきてくれたんだが
車を変えたんで、二台車載できないので
パートナーはトレイルランニング。
P3240002.jpg
どうやら乗りたかったようだが
どうしようもない。
屋根積みできるようにもう一本キャリア買わんとな~・・・
金ばっかりすっ飛んでいく。
住宅ローンの借り換えやらの手続き費用でチョロチョロ出費がかさなるし
カードの支払いはキャリア代でビビるほどの支払いくるし・・・
なんやねん!な、三月でした。

Olympus STYLUS TG-4


今年もJCFの登録しCJ(MTBの実業団?)にでます。
今年こそ、いろいろ出てみようと思ってます。

確定は 菖蒲谷、八幡浜。
予定は 一里野、白馬、湯船、深坂。
といったところ。
富士見も考えるんだが、コース的に面白そうに感じないんで無し。
妙高は興味があるが、遠すぎる。だが、いろいろチャンスがありそうなのが妙高なのだが。
朽木は近いが出ない。正直、楽しいコースではない。
菖蒲谷と八幡浜は走るだけでも楽しいのよ。
八幡浜の下りの疾走感は気持ちいいのよね~。
普段走ってるトレイルの下りの疾走感は半端なく気持ちいいんで
レースコースにもそういう感じのんを求めてしまい
難しい、楽しい、苦しいが混在するコースがいいのよね。
レースには参加するが、
正直、レースするというよりコースを楽しみに行くだけ。
着順は頑張るけど、足切りにならん程度でええかな。

どうでもいいが846が担当のCJは駐車料金とりすぎちゃうか?


ホンマに半熟。
Category: 自転車。  
日曜日。
ぼやっとロードで出撃。
P3180046.jpg
たまにはね。

P3180047.jpg
集合場所にはいいかんじで集まる面子。
集合時間は名ばかりの遅いスタートだろうと思いきや
さっさと中橋ローソンに向かう。

・・・・

二国の工事してる橋をあの人数であの列車の長さで・・・
まぁ・・・・・・・
恐怖を感じるので離れて走る。
中橋について聞くと、前はかなり速いらしい。
サイロで飛ばすなっつってるのに
アカンな。あの連中は聞かんわ。
まぁ、ワタシもめったと行かん八時練やし。
適当な付き合いでええんかな。

中橋から裏十万へ。
なんとなく交通量が多い気がするも
以前よりはるかに交通量が多くなってる。
これは走りにくい。狭いし。
だが、案を出してないワタシは従うのみ。
そこから千刈水源~木器~エポック。
風がキツイな~追い風なら気持ちいいんだろうけど
たいてい、向かい風になる。北風だからしかたないかな。

エポックで一休憩し
ダラダラ雰囲気になってきたんで
ゆっくり先行して後川の緩く長い登りあたりで追いつかれ
ダラダラ登る。
しかし、ロードは肩が痛くなる。

西峠(篠山側)に出て登りそのまま下って
猪名川のローソンに到着。
そこで
”半熟卵”を買ったナナミンが卵を割ると・・・
P3180048.jpg
グシャッと。
マジ粉々。
いや、そもそも ”半熟” ではなく ”温泉卵” やん。
白身のかたまり無いで。

いやーわろたらアカンやろうけど
ワロタわ。
ナナミン卵にfightだよ!

で、クリーンセンター登ってユルユル中橋ローソンに到着。
帰りもゆるく河川敷を走って帰宅。

Olympus STYLUS TG-4

よく遊びました。
コンビニの半熟卵には気をつけよう。


ナナミンfight club。
Category: MTB。  
土曜日。
トレイルへ行こうと思えば行けるんだが
金曜まで雨が降っていたんでトレイルも濡れているだろうとおもい
トレイルはヤンピ。

なにやらナナミンfightclubが開催されるだとかで
集合場所へ。

自宅から離れてるんでどれぐらいかかるかさっぱりだったんで
余裕持って家出。
P3170043.jpg
めちゃくちゃ早く着きすぎました。
桜はまだまだかな~
あったかい日が続いたけどこの土曜から
冷え込んできて、寒い。

P3170044.jpg
集合場所はここ。
早く着きすぎたんでどうしたもんか・・・と思っていたが
なんと、別グループなんだが
ミーコさんがいてた。
しばらくしゃべって、そちらはスタートしていった。
まだ時間が早いんで自販機であったまり、集合場所へいくと
P3170045.jpg
ギョーさんいてました。

ナナミンfightclubがスタート。

20km/h固定だそうです。
ナナミンは先頭でペースつくって抜いたらアカンらしい。
でもこういうのもええものだ。
行先は桂離宮の中村軒ということだが
ワタシは予定があるのである程度のところで引き返すんだが
中村軒に行ったことがないので行きたかったんだが・・・

ゆっくりのわりに枚方まではアッチュー間についた。
膀胱満タンのひともいてるようなので休憩。
八幡の御幸橋までは微妙な向かい風。
御幸橋のところにはナニヤラ建物ができていて
めっちゃ イイらしい。
結局、そこまでは行ったけど時間的に切迫しても嫌なので
ワタシはそこで引き返す。

来た道を通り、毛馬閘門で大川沿いから中の島を通って帰宅。
気温は低いものの日差しが春なので止まるとあったかい。

Olympus STYLUS TG-4

桂離宮の中村軒の帰りは
みなさん速度が遅すぎてケツが痛いとかもう少し早くとか
ブツクサ言うていたそうだが
ナナミンfightclubは勝手を許さなかったそうだ。
ケツの痛みと戦うナナミンfightclub。


筋肉痛。
Category: MTB。  
先週の日曜日。
ロードに乗って筋肉痛っていつ以来やろうか…
乗り始めたころになってたのは覚えてるが
それ以降は・・・ 覚えとらんな。

ま、いつものトレイルにブーン。

ペダル回したとたんに
アンヨの具合が悪いのに気づく。
そもそも気づいていたが、ここまでひどいとは。
ほんま、いつ以来か覚えとらんが筋肉痛もそうだが
160kmも走ったんはいつやろうか?
ロードやってた頃は肩が痛いとか足が痛いとかもあったが
筋肉痛もそうだが次の日まで引きずるようなことがあったかな?

ま、トレイルin。

あー登りたくない。
歩きたいが なんとなく乗ったまま。
それにしてもこの日はMTBerによく会う。
雨が降って二日後なので登りはべっちゃりなのだが、下りはいい感じに乾いている。
そうそう、登りの倒木は林道になってるんで撤去は早いだろうと思っていたが
この日には登りの倒木はなくなっていた。
が、下り切る直前の倒木はそのままだったが
なんと、回避ラインができていた。
ノンストップで2周はしたが
下りから登り返しのところで休む。
もうね、しんどいねん。
ゆっくりしてから 二周。

あかん。
ノルマにしてる5周はよう周らん。
4周でリタイヤ。
P3110042.jpg
ダメだね~
もう少しロードにも乗って鍛えなおさんとアカンな。

Olympus STYLUS TG-4

もう少しロードか・・・